23万ポイントを一気にANAマイルへ交換した理由!nimocaルート最大のメリットとは?

大量のnimocaポイントをANAマイルへ交換した理由

4月~5月上旬にかけ、とある目的のために各ポイントサイトに残っていたポイント残高をかき集め、

  1. PeXポイントに集約(4月末迄)
  2. PeXポイントをnimocaポイントに交換申請(同上)
  3. nimocaポイントをANAマイルへ交換申請(5月10日)

の作業を実施しました。

その目的とは…ズバリ、来年GWの特典航空券を確保するため。

  • 来年のゴールデンウィークは、10連休になるかも
  • せっかくの長期休暇なので、海外へ遠出したい
  • 国際線特典航空券を何としても確保しなければ!

と、旅行開始日355日前の予約発券解禁に向けANAマイラーの鼻息が荒くなっているところ、御多分に漏れず我が家も…という状況でした。

特典航空券枠の争奪戦が予想以上に激しく、当初想定通りとはなりませんでしたが、かろうじて確保できてほっと胸をなでおろしているところです。

nimocaルート最大のメリット

ズバリ。

  1. 交換ポイントの上限なし
  2. ポイントサイトからANAマイルへの移行に要する日数が短い

実際に利用して感じたのは、nimocaルートの瞬発力は半端なく、いざマイルを使おうとするときに最大の威力を発揮するということです。

私事ですが、3月末の旧ソラチカルート閉鎖の際、ポイントサイト残高をメトロポイントへ全力投入はせず、改めて4月にnimocaへ全力投入!した経緯があります。

それは上記の事情により、来年のGW特典航空券争奪戦の準備を整えておくためでした。もっとも、全力投入しても180,000マイルには若干届かなかったのですが(汗)

一方、月18,000マイル上限とか移行に4~5ヶ月かかるとか言うルートだと、180,000マイル貯めるのに18Kマイル×10ヶ月+移行月数で1年半くらいかかってしまうため、来年はおろか再来年のGW特典航空券争奪戦の参加すら叶いません。

それが、上限なし・移行に要する日数が最短10日強のnimocaルートなら、思い立ったが吉日とばかり必要なマイルを一気に移行することが可能となったのです!

nimocaルートのデメリット

一般的に

  1. マイルへの交換レートがライバルに比べて若干低い
  2. 九州の一部等へ行く時間と金がかかる

等が挙げられるようです。

しかし、それぞれ

  1. ポイントサイトキャンペーンで交換レート嵩上げ
  2. ふるさと納税等の活用で旅費を節約

など、現に対処方法があるので、デメリットというほどのものではございません。

【ポイントサイトキャンペーンによる交換レート嵩上げ事例】

  • ポイントサイト『ECナビ』で70%⇒77%(4月実施)
  • ポイントサイト『ライフメディア』で70%⇒77%(5月~6月実施)

個人的には交換レートには拘泥し過ぎず、あくまでも○○マイルを貯めるために足りないポイント(マイル)があればその分広告を利用する回数を増やす…方が良いと思っているのですが、キャンペーン詳細はそれぞれ以下の記事にまとめています。

ECナビ⇒nimoca大還元キャンペーン始まる!期間限定でANAマイルへの交換レートが77%に
【2018年5月版】マイル交換キャンペーンを同条件で延長した唯一のポイントサイトとは?

【ふるさと納税による旅費節約事例】

  • 鹿児島県南大隅町へ寄付した額の60%分クーポンを獲得(九州各地発着のJAL国内航空券運賃に充当)
  • 大阪府泉佐野市他へ寄付した額の50%分クーポンを獲得(Peach航空券の運賃に充当)

いずれも実際に寄付したことがあるもので、JAL国内航空券の運賃に充当できるクーポンに関しては以下の記事でまとめています。

【JALのふるさと納税】「JALふるさとへ帰ろうクーポン」おすすめの寄附先から国内線主要空港での有効活用方法を徹底解説<羽田・伊丹・中部・福岡・新千歳発着> 

まとめ

来年GWの争奪戦に参加して、改めて「使うのがさらに厳しくなっているなあ…」という感想を持った次第です。色々と検討した結果、これならイケるんじゃないか?と思ったルーティングのはずが、いったい誰が…と唖然としたものです。そのような状況の中、ANAマイラーがライバルを出し抜き確実に特典航空券を発券するには、まずは一刻も早く必要なマイル数を効率よく確保できるようにすることです。それは、いつあるかわからない改悪に備え、なるべく早めにたくさんのポイ活をしておく必要があるということも含んでいます。そして、それらをすべて出来るのは、2018年5月現在はnimocaルートだけなのです!

当サイトは、「マイルを貯めるだけでは半製品。使って初めて完成品!」をモットーに運営しています。同じように考えている方にとって、多少なりとも、nimocaルートの魅力とメリットが伝われば幸いです。

マイルを使う明確な目的と動機があるかないかで、本記事の印象は全く変わるのではないかなあと思います。

nimocaルートにトライしてみようかな…と思った方。現状『ECナビ』か『ライフメディア』が効率よくポイントを貯められます。

未登録の方は以下のバナーから新規登録できますので、よろしければどうぞ。

当サイト限定特典は以下の通りで、300円(3,000pts)プレゼント!(ECナビは、10pts=1円のレート)

入会ポイント500ptsに加え、1ヶ月以内にポイント交換を行った場合は2,500pts(計最大3,000pts)がプレゼント。

ライフメディアへ無料登録

バナー記載のとおり「ライフメディア」は入会キャンペーンを実施中で、以下の条件を満たすと最大500Pプレゼントされます。

  1. 入会月の月末までに1P以上獲得すると、入会翌月上旬に250P付与
  2. 入会月の翌月末までにポイントを現金や他のポイントに交換すると、入会翌々月上旬に250P付与

参考記事

ANAマイルが大量に貯まる『nimocaルート』とは?貯め方全てを完全解説!

いわゆる「nimocaルート」の何たるやを実体験をもとにまとめている記事で、基本的にはこの記事をご覧になれば全てお分かりになるものと考えています。

余談

実はnimocaルートに全力投入しなくても希望する特典航空券を発券するだけのANAマイル残高はありました。しかし、当サイト上でnimocaルートの魅力とメリットを実感としてお伝え、少しでも共感を得られるようにするため、人柱として一連の手続きを実施した次第。表題の「23万ポイントを一気にANAマイルへ交換した理由!」は、本記事を実体験として書きあげるため…でもあったりします。

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければ応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

ありがとうございました。

1 Comment

まむーと

poyaさん、こんばんは!

ご紹介頂きましたSPGクルカのポイントが入っていました!
ありがとうございました(о´∀`о)

取り急ぎ、お礼で失礼いたしました。

返信する

コメントを残す