【ECナビ】友達紹介制度が大幅にリニューアル!変更内容まとめ 月末の還元額大幅UPラッシュ!

ECナビ友達紹介制度リニューアルのお知らせ

2018年9月1日から、ポイントサイト大手『ECナビ』の友達紹介制度が大幅にリニューアルするとお知らせがありました。
リニューアルの概要と現行制度からの変更点をまとめると以下の通りとなり、

還元ポイント還元率期間
現在一律20%12ヶ月間限定
変更後5~100%限定なし
登録ボーナス紹介者登録者
現在100円50円
変更後100円100円

紹介されたお友達が初めてポイント交換したときにもらえるポイントに関しては、お友達側が増加。そして、「還元ポイント(いわゆるダウン報酬)」の還元率と還元期間が大幅に変わりました。還元率は、広告案件毎に設定されるので改善か改悪か評価できない一方、期間が「お友達の会員登録月」から12ヶ月限定だったのが、そのしばりがなくなったのは改善と評価できるでしょう。
ただし、獲得する友達還元ポイント総数自体は、制度変更のインパクトほどは変わらないかもしれません。と言うのは、お友達のポイ活は最初ガッツリ、次第に減少…というのが一般的だからです。20%で1年と10%で2年で比較すると、感覚的には前者の方が総数が多いような気がします。実際は個々に設定された還元率次第と言うところで、20%で2年であれば確実にこっちの方が多く還元されますから、動向を見守ることにしましょう。

還元率次第では、陸マイラーによる『ECナビ』推しが活発化するかもしれません。いわゆる「ソラチカルート」のため毎月コツコツとポイ活し続けるというスキームと『ECナビ』友達紹介制度のミスマッチが解消されるからです。それでも還元率が高いハピタスほどは推されないような気もしますが。
一方、当サイトでは「期間限定」「ミスマッチ」を承知の上でECナビ』を陸マイラー向け最重要ポイントサイトとして位置付けています。それは、企業としての安定度や系列会社(ポイントサイト)PeXとの連携による独自のポイント交換スキームを評価しているからです。よって、期間限定だろうが無期限になろうが、当サイトにおけるポイントサイト紹介スタンスは変わりません。ユーザの方におかれましても、これまでと同様に必要に応じたポイ活を実施していただければと思います。

あくまでも「事前のお知らせ」で詳細は9/1に友達紹介リニューアル後の「お友達紹介ページ」で確認できるとのことなので、必要な方は9月以降にチェックしてくださいね。

このお知らせですが、『ECナビ』トップページ⇒ページ一番下の方にある「ヘルプ」⇒カテゴリから探す「お知らせ・障害」⇒お知らせ「お友達紹介リニューアルのお知らせ」…とわかりづらい場所で告知されているので、気づかなかった方も多いかと思います。

なお、新制度の適用は2018年9月1日0時に登録されたお友達からで、2018年8月31日迄に登録されたお友達は現行制度(20%×12ヶ月)が適用されます。

 

そんな背景の中、月末を控え『ECナビ』が攻めの姿勢を見せてきたようで、一部クレジットカード発行案件の還元額が月初や月中に比べてUPしてますので、その一部をご紹介します。

初年度年会費無料の「SBS Executive Business Card ゴールド」発行だけで20,000円ゲット!

 

初年度年会費無料のクレジットカードを発行するだけで20,000円をゲットできる広告案件なんて、これまで見たことがありません!前代未聞!まさに超お得案件が出現しました。

クレジット会社の大手三井住友VISAカードが発行する「SBS Executive Business Card ゴールド」は、2018年6月頃からポイントサイトの広告案件として登場したのですが、これまで還元額は1万円台前半~後半で推移していました。

【2018年6月】陸マイラー・ポイ活用クレジットカード発行おすすめ3選
【2018年7月】エムアイカードスタンダード ポイントサイト経由で10,000円ゲット!

そんな中、ポイントサイト大手『ECナビ』も、とうとう20,000円の大台に突破!しかし、この大台は8/29(水)1日限りのキャンペーンとのことなので、ご注意を。

ECナビのポイント加算条件

  • SBS Executive Business CardGoldの新規カード発行

えっ?それだけ?と拍子抜けする条件となっています。いくら以上を利用とかいう条件はありません。初回発行であれば、カードが届けばそれだけで20,000円分のポイントをゲットできる条件を満たすことになります。こちらは法人代表者や個人事業主向けのビジネスカードとなっているのですが、普通に会社員(給与所得者)も申込できるということは、申込画面を見ればわかります。

注意事項

なにぶんビジネスカードなだけに、注意しなければならないことがいくつかあります。

  1. 2年目以降は35,000円(税別)の年会費が必要
  2. 法人代表者、個人事業主以外の申込はポイントゲット対象外

1に関しては、保有にメリットを感じなければ2年目になる前に解約すれば問題ないのですが、問題は2ですね。「会社員が申し込んでもポイントゲット対象になるのか?」と言うことです。

結論から申し上げれば、会社員であっても個人事業主として申し込めば問題はなかったことを確認済です。社畜の私自身が「個人事業主」として申しこみ、特段証拠種類を求められることなく審査通過、現在は無事カードを受領しています。

SBS Executive Business Card ゴールド発行で24,000円もらえた!30,000円の価値にアップするポイントサイトは?
▲私自身の申込~審査通過経緯をまとめています。

「SBS Executive Business Card ゴールド」申込手続き手順

ポイントサイト「ECナビ」の広告ページにアクセス

▼こちらをクリック!そのまま新規登録も出来ます。

トップページからは、「SBS Executive Business」等と入力して検索したら、案件画面が出てきますので、「ポイントGETはこちら!」をクリック。

ECナビ⇒三井住友カードサイトで必要事項を入力

▼「お申込みはこちら」を押すと以下のPopUP画面が出るので、OKボタンを押します。個人事業主であることは間違いありません。

▼預金口座番号と運転免許証番号を記入する必要があるので、用意しておきましょう。念のため、個人事業主用の口座を用意しておきましたが、普段使いの口座でも全く問題ありません。

▼職業を選択し、個人事業主の場合はチェックを入れます。

MEMO
入力で一番悩む箇所と思われます。私も個人事業者欄で「事業所得以外に所得がある方はチェック不要」となっていたのをどう処理したものか悩んだ結果、社畜としての地位を捨てチェック(笑)、個人事業主オンリーで申し込みしました。事業所は自宅と同一です。

「個人事業者」の定義と申込に必要な書類を確認

「個人事業者」のチェック対象は、「確定申告書における所得が事業所得のみの方」とされています。確定申告書を出さないといけないのか…と社畜としての所得もある身としては諦めかけたのですが、確定申告書等の提出はキャッシング希望の場合のみ求められているようです。なら、キャッシング設定しなければ書類を求められることもないだろうとそのまま手続きを進め…

申込完了・審査待ち

あくまでも、個人事業主として申し込み完了。

 

本人確認書類の提出

申し込み後すぐに三井住友カード株式会社から「お手続きに関するご案内」と言うダイレクトメールが届きます。本人確認資料(運転免許証、健康保険証、パスポート等のいずれかコピー1つ)」と口座振替依頼書を出すだけでよいです。源泉徴収票や確定申告など、個人事業主であることを証明するための書類は不要なので、これはすなわち実質会社員でも個人事業主名義で申込でき(今年開業したてと言うことでも問題なし)、且つポイント加算対象となるということで間違いはなさそうです。

審査通過

私の場合、数日後にメールで審査通過した旨連絡がありました。個人事業主のみの信用で審査を通過したので、ポイント加算条件を確実に満たしたことになります。あとは、ポイント加算を待つのみです。

ポイントゲット!

私は8月上旬に他のポイントサイトで申し込んでいたのですが、何と当月中にポイントをゲットできました。ということで、どうか皆様も安心して申し込んでくださいね!

さらに4,000円をゲット!する方法とは

カードが届いたときに、このような資料が同封されていました。クレジットカード側のキャンペーンは面倒だったり実はお得でなかったりする場合も多く、あまり期待しないで開封したのですが…

よくよく見ると、ノーリスクで簡単な手続きで4,000円分のギフトカードをもらえるとのこと。

  1. インターネットサービス「Vpass」に登録
  2. 公共料金又はケータイ料金10,000円以上決済

なんと、この2つだけです。「Vpass」とは三井住友カードのインターネットサービスで、既に登録されている方もいらっしゃることでしょう。注意事項としては、「メールマガジン配信”可”」で登録することと、ギフトカードが届くまでメールマガジン配信”不可”にしないこと。特に、途中で配信設定を変えないよう注意してください。ギフトカードが届くまで半年程度かかるようです。

公共料金は電気・ガス・NHKが、ケータイ料金はドコモ・au・ソフトバンクの3社のみ対象となります。ちなみに、電気・ガスの対象業者は以下の通りです。

電気北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力
ガス北海道ガス、北陸ガス、京葉ガス、東京ガス、東邦ガス、大阪ガス、四国ガス、広島ガス、西部ガス

で、「カード入会月から3ヶ月後の月末まで」に10,000円(含む消費税等)以上利用する必要があります。今からだと入会月は9月になりますので、12月末が期限ですね。クレジットカード払していても切り替えに1~2ヶ月程度かかるので、1~2ヶ月で確実に10,000円引き落とされるようなラインナップで登録しておきましょう。

まとめ

ECナビ』経由での「SBS Executive Business Card ゴールド」の発行+Vpass登録+公共料金クレカ引き落としの3連コンボで合計24,000円ゲットできることになります。念のため、法人でない場合は個人事業主として申し込むこと、2年目以降は35,000円+税がかかることに注意してくださいね。使ってみて2年目更新が不要ということであれば、最初の1年以内に解約しても無問題です。

ちなみに、アイキャッチ画像の他のカードは初年度から年会費がかかり、

  • JALアメリカンエキスプレス 6,000円+税
  • エムアイカードプラスゴールド(アメックス) 10,000円+税

となりますが、もともと発行予定・狙っていたカードであればこちらも還元額がアップしているので、検討してみてもよろしいかと思います。

8月29日限定だと友達紹介制度は現行のままで、20,000円相当のECナビポイントを他のポイントや現金へ交換したとしても、登録者(お友達)が貰えるのは50円となります。しかし、当サイトは特別条件をいただいており変更後(100円)以上のポイントを獲得できますので、新規登録に関して躊躇はいりません!

▼東証一部『ECナビ』のポイントサイト登録はこちらから。

▲こちらから登録すれば限定特典対象となりますので、よろしければどうぞ。

当サイト限定特典は以下の通りで、300円(3,000pts)プレゼント!(ECナビは、10pts=1円のレート)

入会ポイント500ptsに加え、1ヶ月以内にポイント交換を行った場合は2,500pts(計最大3,000pts)がプレゼント。

ECナビの安全性については以下記事で徹底検証していますので、心配な方はぜひご覧くださいね。

ポイントサイト『ECナビ』でANAマイルを貯めるべきか 危険性・安全性を分析評価した結果

貯めたポイントは、ANAのマイルに交換するとお得です。

【2018年11月版】JALマイルとANAマイルの貯め方指南~費用かけずに短期間で大量のマイルを~
▲お得な交換方法を完全解説!

▼このようにANAマイルが貯まります!

 

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください