ソラチカルート封鎖に伴う4/1以降の代替案 メリットとデメリットを徹底解説

2018年1月9日に東京メトロTo Me CARDから、ポイントサイトとの提携を終了させる旨アナウンスがあり、事実上3月31日をもっていわゆるソラチカルートが封鎖されることとなりました。ソースは以下の通りで、

東京メトロTo Me CARDお知らせ一覧

ポイントサイト側からも発表されています。
ちなみに、今回の措置は「改悪(交換レートの低下等)」という生易しいものではなかったことに留意する必要があります

これによりソラチカルートが封鎖される仕組みについては以下バナー(リンク先)のブロガー様達が説明されていますので、必要に応じてご参照ください。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

陸マイラーにとってかなり衝撃的な出来事(ソラチカショック)でありますが、当サイトのスタンスは少し前にお伝えした通りで、

必ずしもソラチカ一辺倒である必要はない

当サイトをメインとされている読者様達は、比較的冷静に見られているのではないかと想像します。

しかしながら、

2017年3月の警告記事
2017年9月の警告記事

これまでの発信の根底に流れている思想は、一貫として「情報発信側がわざわざソラチカカードの死蔵を勧めることがないように」というものです。そんなのを見たらJCBの逆鱗に触れるだろうということは、誰だって想像できるはずです。

と警告し続けましたが予想よりも速くこのような結果になってしまい、自分の力不足を痛感しているところです。
ソラチカカードは自然体の利用で
と記事にしましたが、個人的には「ひょっとして、もう時すでに遅しかな……」と言う印象を持っていて、いざと言うときのショックを和らげるために書いたものだったりします。
が、Xデーが来るとしたら早ければ2018年度の半ば頃(JCBの業績確定)かなと思っていたですが、時期を読み誤ってしまったことで、最近、当サイトからソラチカルートを知った方々には、お詫びの言葉もありません。

ソラチカルートの代替案

一方、2018年4月1日以降の取組や代替案についても、以下バナー(リンク先)のブロガー様達が提案等されています。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

一長一短あるような感じで、どれにしようか迷ってる方もいらっしゃるでしょうから、当方が考えるメリットとデメリットを以下の通り記載しましたので、参考にしてください。

ソラチカルート代替案のメリットとデメリット 総括表

優先順位が高い順に記載しています。

代替案メリットデメリット
ポイントサイト独自のキャンペーン交換のハードルが低い不確定要素多し
サイトの選択と集中
ANA nimocaルート当面改悪のリスク少ない
月上限なし
交換可能地域限定
LINEポイント活用ソラチカルートスキームに準じるソラチカの二の舞
スポンサーリンク

1.ポイントサイト独自のキャンペーンを待つ

ポイントサイト「モッピー」が行っているようなキャンペーンがあれば、それに乗るのが一番です。中継ルートもなく、リスクは最小。
モッピー×JALマイルキャンペーン(2018年2月末まで)
しかし、ソラチカルートがなくなる状況で敢えてキャンペーンを打ち出すかどうかは、正直微妙なところがあります。
また、ポイントサイト独自のキャンペーンを実施するには、ANA又はJALと直接提携していることが条件となり、普段利用するポイントサイトの選択と集中が必要になることに留意しておく必要があります。
ANAと提携しているポイントサイト等一覧
ポイントタウンちょびリッチなど

⇒JALと提携しているポイントサイト等一覧
モッピーちょびリッチなど

一方、今は提携しなくても、ソラチカルートの封鎖を受け、直接提携を狙ってくるサイトも出てくるのではないかと予想しています。
いずれにしても本件に関しては、今後の見通しを含めてポイントサイトの担当者様達にヒアリングをかけているところで、情報提供できる段になりましたら公開しますので、続報をお待ちくださいませ。

【参考】モッピーのJALマイルキャンペーンは終わってしまうのか

ツイッターでは

なんて呟きましたが、もともとはモッピーの運営会社株式会社セレスが売上を延ばす為の施策だったので、ひょっとしたら、他社の動向は関係なく自らの企業価値を上げるために……なんて可能性もあるのかと思いなおしました。
もっとも、仮想通貨事業が好調過ぎることとの関係もにらんでおく必要があります。
しかし、不透明な状況に陥ったのは事実なので、今モッピー×JALマイルキャンペーンを活用している方は、2月迄全力投球することをお勧めします。

2.ANA nimocaルートを活用

スポンサーリンク

ANA nimocaカード入会キャンペーンなど
ANA nimoca時代の到来か

と、現在は福岡発の当サイトとしてイチ押ししているのですが、

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

こちらの村民の方には「ポイント交換するためにわざわざ九州や函館に行くのは現実的ではない」とかであまり人気がないようで、正直哀しいですね……
いずれも観光資源、グルメが充実していて魅力的な都市ばかりです。
昨年4月から福岡で生活していますが、毎日が楽しくて楽しくて仕方がなく、週末にはお出かけするなど既に九州全県を制覇しています。

自分なら、仮に●●県でしか交換できないとなった場合でも●●へ行く大義名分が出来たと嬉々として旅行計画を練るのですが、マイルを貯めるのが好きな人と使うことが好きな人とでこうもスタンスが分かれるのかなとしみじみ感じているところです。まさか出不精ではないでしょうに、家庭等の事情もあるのかもしれませんが九州・函館はそんなに旅行先として魅力がないですかね。
近年、世界遺産もボコボコ登録されてきているのに。それがとても哀しかった。

3.LINEポイントを活用する

興味がある方は↓にて。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

プリペイドカードとは言えJCBが発行していることから、プリペイドカードとしての本来目的を逸脱してポイント交換用カードとしてのみの使い方が顕著になった場合は、ソラチカルートの二の舞を踏むのではと危惧しています。
もっとも、既に広く拡散されてしまっているようなので、時すでに遅しかもしれません。

まとめ

敢えて交換レートは書きませんでした。
個人的には交換レートの差に拘泥する必要は全くないと考えていて、必要なマイルが貯まるための月数や案件数が若干増えるだけで大勢には影響がないからです。
重要なのは、安定した交換ルートを持っていることと改悪等のリスクが少ないことであり、その考え方に基づき優先順位を設定しました。
皆様の代替案選びの参考になれば幸いです。

また、ポイントサイト側からの追加情報等あれば、随時共有してまいりますので引き続き当サイトのご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です