【ANA VISA nimocaカード】ポイントサイト経由入会キャンペーン復活!九州ANAマイラー感涙のVISAカード(福岡天神発記事)

 

f:id:poyatrip:20171214012724j:plain

ANA visa nimocaカードの誕生キャンペーンでどれだけマイルが貯まるのか

2017年12月13日。
日系航空大手『ANA』と九州私鉄大手『西鉄』の連携により誕生した『ANA nimocaカード』の申込が開始されました。
それぞれライバルのJALとJR九州が連携した「JMB JQ SUGOCA」は前からあったので、九州ANAマイラーはこの組み合わせを今か今かと待ちわびていたのでしょうか?

いずれにしても、当日は九州(主に福岡)在住のANAマイラー及び陸マイラーにとって、歴史的な日となるかもしれません。
『ANA nimocaカード』は、nimocaポイントからANAマイルへの交換レートが70%と設定されています。
ということは、ポイントサイトからnimocaポイントへ等価交換できるルートが確立すれば、「準ソラチカルート」が開通するということになるからです。

また、ポイントサイト云々は横に置いておいても、『ANA nimocaカード』キャンペーン自体がなかなかの好条件だったということで、本記事では、期間限定で32,700マイル獲得可能な『ANA nimocaカード入会キャンペーン』を徹底解説します。
あと、当サイトでは公式サイトには載っていないキャンペーンについても言及していますので、是非最後まで読んでくださいね。

ANA VISA nimocaカード基本情報

正式名称:ANA VISA nimocaカード
初年度年会費:2018年3月31日(土)迄申込の場合は無料
次年度以降:本会員2,160円、家族会員1,080円(いずれも税込)

普通カードとしては一般的な年会費設定となっております。
2018年4月以降は2,160円の年会費がかかるということでしょうか?

 ANA VISA nimocaカード入会キャンペーン概要

 ANA・ニモカが実施するキャンペーン

キャンペーン獲得マイル等条件概要期限
通常ボーナス1,000入会するだけ常時
入会特典1,000+500P入会するだけ4/30
ANA便搭乗2,000国内線+国際線5/31
カード利用①3,000+500P提携店で決済4/30
カード利用②500Pオートチャージ等5/31

(注)獲得マイルは、キャンペーンを最大限適用した場合。通謀ボーナスは入会翌月(翌々月になるかも)、キャンペーンマイルはすべて2018年8月に付与予定です。

 公共交通機関(電車、バス等)利用以外で貯めたnimocaポイントはANAマイルへ交換可能

上表記載の500Pは、500nimocaポイントのことです。
ニモカは九州最大の私鉄会社である西日本鉄道(西鉄)の子会社ですが、西鉄グループ及び提携バス会社等の利用に応じてnimocaポイントを付与するという制度があり、これを『カードポイント』と言います。
これら以外(提携店でのショッピングやキャンペーン等)で付与されたnimocaポイントのことを『センターポイント』と言い、プレスリリースによると、センターポイントに関しては10nimocaポイント⇒7マイルに交換できるそうで、結果500nimocaポイント⇒350マイルに交換できるということになります。

ニモカ(と言うか西鉄)のポイント制度はややこしいです。公式サイトをご覧ください。
ポイントをためる|nimocaとは|nimoca

実は僕自身今年から福岡在住になって西鉄グループを日常的に利用しているのですが、利用して行くうちに「ちょっとわかりづらいな……」と思うようなことがたまにあり、今回も「これもか……」という感想だったりします(笑)。

なお、nimocaポイントは2018年6月末までに付与予定です。

 三井住友カードが実施するキャンペーン

特典獲得マイル条件概要期限
115,000100万円以上リボ払い4/30
24,000家族カードで3万円以上利用4/30
36,000ANA銀聯カードで5万円以上利用4/30

(注)いずれも10マイルコース(移行手数料6,480円かかるが、通常の移行レート(1P⇒5マイル)の2倍でANAマイルへ交換できるコースのこと。)を前提とした獲得マイルで、三井住友カードHPでのエントリーが必要。

 ANA VISA nimocaカード入会キャンペーンの攻略概要

今回のキャンペーンで獲得できるANAマイルは、理論上最大32,700マイルとなります。

【内訳】
・ANA・ニモカ側のキャンペーン:7,700マイル(nimocaポイントを全部ANAマイルに交換した場合)
・三井住友カード側のキャンペーン:25,000マイル

しかし、その中には「半年弱で100万円以上リボ払い」等、庶民にはハードルが高いものもあるので、最大マイルを獲得できないケースの方が多いかと思います。
よって、庶民としては優先順位をつけて無理のない範囲で目標設定することが有効です。

 ANA VISA nimocaカード入会キャンペーンの攻略詳細

もし自分が優先順位をつけて無理なく最大限のマイルを貯めるようとするなら、下表のとおり攻略するでしょう。

特典条件獲得マイル優先度備考
A1なし2,350通常+入会特典
A2国内線搭乗500
A2′国際線搭乗1,500
A35万円利用3,000提携店限定
A4オートチャージ等350地域限定
V1リボ払い15,000利用額で変動
V2家族カード利用4,0003万円
V3ANA銀聯カード利用6,0005万円

以下、具体的な攻略法を解説します。

 A1 通常入会等で2,350マイル

キャンペーンに関係なくもらえる入会特典1,000マイルとキャンペーンの入会特典1,000マイル、そしてニモカ側のキャンペーン500P(350マイル)の合計ですが、いずれも労せずしてもらえるものです。
唯一の作業としては、ANAホームページでの参加登録が必要となります。
意外と忘れがちなので、当記事をプリントしておいて忘れないようにしましょう。

 A2 ANA便搭乗で最大2,000マイル

いずれも、キャンペーン期間に飛行機を利用する用事があれば、ANA便を利用する程度でよろしいかと思います。
一方、LCCが台頭している現在で、マイルのために割高なレガシーキャリアを利用するのかという向きもあるでしょう。
この場合は、実質的な還元率等も考慮したうえでANA・LCCどちらにすべきか選択する考えもありますので、ご参考まで。
例えば……
国内線(片道運賃1万円)の場合、実質還元率は500マイル/10,000円×2=10%
国際線(往復運賃5万円)の場合、実質還元率は1500マイル/50,000円×2=6%
(1マイル2円の価値として計算。国際線片道運賃は想定せず)

 A3 提携店でのカード利用5万円で3,000マイル

対象店舗は、以下記載とおりとなります。

セブンイレブンマツモトキヨシENEOSイトーヨーカドー、ANA 機内販売、西鉄ホテルズ、京急EX イン、三井ガーデン・モントレー、ニッポンレンタカー、ヤマダ電機LABI、紳士服のコナカ、紳士服おフタタ、はるやま、大丸・松坂屋、阪急百貨店、阪急メンズ、阪神百貨店、高島屋、ダイソン、コンタクトのアイシティ

セブンイレブンやマツキヨ等、我々庶民が日常的に利用する店もあるので、1月~4月で5万円(月1万円強)の決済であれば、最大獲得マイルを現実的に狙えるキャンペーンと言えましょう。

なお、1万円~5万円未満の利用だと500マイルの付与となります。

 A4 オートチャージ・クイックチャージ利用で350マイル(500nimocaポイント)

チャージ種類チャージ場所
オートチャージバス・電車内
クイックチャージポイント交換機

公共交通機関を利用しなくてもチャージできるのですが、生憎当地域限定となっています。
もし、こちらに来られる機会があれば、オートチャージをあらかじめ設定の上、是非現地でチャージして行ってください。

 オートチャージできる交通機関の例

【福岡県】西鉄電車、西鉄バス、筑豊電鉄、昭和バス
【熊本県】熊本市電
【大分県】大分交通、大分バス、亀の井バス、日田バス
【宮崎県】宮崎交通
【佐賀県】佐賀市交通局
【九州全域】JR九州バス
【北海道】函館バス、函館市電

福岡県の場合は福岡空港から中心部へ行くのに、地下鉄を利用しないで西鉄バスを利用するのが手っ取り早いかもしれません。
とは言いつつもやっぱり地下鉄が便利なので、市内でポイント交換機を利用となると……

 クイックチャージできるポイント交換機の例

ポイント交換ができる場所|ポイントをつかう|nimocaとは|nimoca
福岡市へ旅行に来られた方の場合は、
・西鉄天神高速バスターミナル(乗車場)
・博多バスターミナル(1F・3F)
西鉄福岡(天神)駅 北口改札(地下鉄天神駅から最も近い最大の改札)
等中心部の交通結節点がわかりやすいと思います。
ちなみに、冒頭の写真は西鉄福岡(天神)駅北口改札を入ったところ。
今日は岩田屋に用事があったので、最寄りの天神から電車で帰ろうと改札を入ったらいきなり写真の場面に出くわし、おおlと撮影した次第です。

ANA nimocaカードを持って福岡市内に宿を構える場合は、せっかくですので博多駅近辺(JR九州の城下町)ではなく天神駅周辺(西鉄の城下町)にすることをお勧めします。

ビジター向けポイント交換機へのアクセス方法を別記事にしました。

ビジター向けポイント交換機のおススメ3選

福岡へいらっしゃる方は、是非参考にしてくださいね。

 V1 リボ払いで最大15,000マイル

「マイ・ペイすリボ(三井住友カードのリボ払い名称)」登録後、リボ払いのご利用金額(税込)に応じてワールドプレゼントのポイントが付与されるというもので、具体的には下表のとおりとなります。

利用金額ポイントマイル換算最大還元率
100万円以上1,50015,0001.5%
50万円以上100万円未満1,00010,0002.0%
10万円以上50万円未満5005,0005.0%

リボ払いと言えば手数料(金利のようなもの)ですが、リボ払いの毎月支払額の設定を最大にしておき、「利用額<支払額」のようにすれば手数料を抑制することが可能です。
今のところキャンペーン条件に支払額の設定上限(例:月3万円)がないので、このキャンペーンのハードルは意外と高くありません
利用金額(100万円以上)がハードルなだけで、無理のない範囲で5,000マイル・10,000マイル・15,000マイルのいずれかを狙って行けばよいと思います。
最大還元率(マイル/最低利用金額)を記載しましたが、100万円以上15,000マイルと言うのは5桁マイルで見た目のインパクトは大きい一方、還元率は低かったりします。個人的には、無理に狙わなくてもよいのかと思っています。もっとも、我が家には狙うだけの体力はありませんが……(笑)
むしろ、体力があったとしても以下のキャンペーン(家族カード、ANA銀聯カード)で優先的に資本を投下すべきでしょう。

 V2 家族カード3万円以上利用で4,000マイル

タイトルそのまま、3万円以上の利用で400ポイント(4,000マイル相当)をもらえるというものです。
最大還元率が13%と他キャンペーンに比べてお得感が大きいなので、家族がいらっしゃる方は積極的に家族カードを発行し、利用して行きましょう。

 V3 ANA銀聯(ぎんれん)カード5万円以上利用で6,000マイル

最大還元率が12%と他キャンペーンに比べてお得感が大きいです。
ANA銀聯カードの申込が別途必要なのと、利用店舗が限られている(※)ことに留意しつつ、キャンペーン適用を狙って行きたいものです。

※以下のマークがあり、且つ暗証番号を入力する端末がある店舗で利用可

f:id:poyatrip:20171213235954j:plain

日本国内で銀聯カードを利用できる店舗一覧
日本国内でもだいぶ使えるようになっているので、中国のカードであることを過度に意識する必要はありません。
中国人旅行者が来日したときに爆買い(死語?)するような大規模店での利用も想定しているので、大手家電や大手百貨店などでまとまった金額を利用するのがおススメです。

 【ANA VISA nimoca隠れキャンペーンその1】で500マイルゲット!

ここまで、ANA・nimoca・三井住友カードそれぞれのキャンペーンを紹介してまいりましたが、実はこの他にも隠れたキャンペーンがございます。
コレから紹介するキャンペーンは、ANA nimocaカード公式サイトにも載っていなければ、プレスリリースにも載っていないものです。
ANAの「マイ友プログラム」という制度を利用、ANAマイレージクラブ会員からの紹介を受けて入会すれば500マイルもらうことができますので、是非活用してください。

f:id:poyatrip:20171214001657j:plain

(早速、ANA nimocaカードが追加されています)

周りにマイレージ会員(紹介者)がいなければANAマイレージプログラム会員の僕が紹介致しますので、当サイトの一番下またはプロフィールにある「お問い合わせ」から連絡いただければと思います。
入会方法等を解説の上、紹介者側に必要な情報を提供します。

なお、ANAカードを初めて申し込む方が適用対象で、ソラチカカードやANAアメックス等他のANAカードを発行済の方は対象外となります。
悪しからずご了承くださいませ。

ANA VISA nimocaカード入会キャンペーンの感想など

あたかも福岡人のように振舞ってしまいましたが、首都圏から福岡に赴任してから半年強と外様な居住者であり、僭越な記事を書いてしまいました。申し訳ありません。
で、実際西鉄城下町を生活圏としながら、何となく首都圏で利用していたPASMOを利用していたり。
西鉄や西鉄バス、熊本市電など利用するたびにポイント(カードポイント)が貯まり、西鉄バスの乗り換えで割引が効くのがnimocaだけなのは知っていたのに。

本記事を書くにあたり、最大のサプライズは『nimocaにもオートチャージ機能があるクレジットカードがあった』ことを知ったこと。
恥ずかしながら、今まで知りませんでした。バスや電車などで見かけるのが現金チャージばかりだったので、てっきりないものだとばかり…

PASMOを利用していて一番不便だったのは、福岡ではオートチャージできないことなのですよね。
帰省したタイミングでオートチャージするようにしていたのですが、帰省までの期間が長い場合はPASMOの利用を抑制していましたからね。

『ANA nimocaカード』を発行すれば普段の生活がとても便利になるばかりではなく西鉄バスの乗り換えにも躊躇しなくてよいし、更にキャンペーンマイルも貯まる。

ポイントサイトからの70%還元ルート云々は置いといても、自分にとっては速攻で発行すべきカードと判断しました。

今後も、『ANA nimocaカード』本拠地福岡での使い勝手やキャンペーン適用状況等含めてフォローアップしていきたいと思いますので、よろしくお願いします!

2 Comments

ぬー

こんにちは。
ecナビ経由でanaニモカを申し込もうとしましたら、該当ページがありませんでした、、
これはecナビ経由でも申し込みは出来なくなったという事ですよね?

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください