【ECナビ】ANAマイルへの交換レート実質99%キャンペーンが3月末まで延長決定!!

メトロポイント交換10%UPキャンペーンが【3月末まで延長】決定!

ポイントサイト『ECナビ』で貯めたポイントをPeX経由でToMeCARD(メトロポイント)に交換すると交換額の10%が還元されるキャンペーンが3月31日まで延長の運びとなりました。

To Me CARD交換で10%ポイント還元キャンペーン
http://ecnavi.jp/campaign/tomecard171017/
現在のキャンペーン期間:~2月28日(水)23:59まで
⇒ 再延長後のキャンペーン期間:~3月31日(土)23:59まで

ECナビのキャンペーン内容解説

ECナビとPeXが同じグループ会社だからこそ可能なキャンペーンで、他のポイントサイトではまず実施されないようなキャンペーンではないでしょうか。

例えば、5,500円相当を5,445ANAマイルに交換する方法は以下3ステップとなります。

【STEP1】「ソラチカルート」による交換を実施(5,500ポイント⇒4,950ANAマイル)
費用かけずにビジネスクラス乗り放題している方法を公開!【ANAマイルの爆発的な貯め方】 – 不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~
(ECナビの場合はドットマネーに代わりPEXを利用しますが、スキームは同じです)

【STEP2】ECナビのキャンペーンにエントリー(550ポイント還元)

【STEP3】還元ポイントを再び「ソラチカルート」によりANAマイルへ交換(550ポイント⇒495ANAマイル)

ソラチカルートが封鎖されるまでの間、是非有効活用していただければと思います。

Q1 ソラチカルートが封鎖されるのに再延長する意味があるのか

「ソラチカルートが封鎖されるのに、今更延長されてもな……」とお思いの方もいらっしゃることでしょう。
4月1日以降PeXからメトロポイントへのポイント交換ができなくなってしまうことから、時間差で付与される還元ポイントの行き場がなくなってしまう可能性があるからです。

しかし。『ECナビ』の子会社PeXは、nimocaへの交換ルートを持っています。
f:id:poyatrip:20180110214458j:plain
今後ANA nimocaルートを活用する方などは還元ポイント等を引き続きANAマイルの原資として有効活用できますので、ご安心ください。

Q2 ECナビ?あまり聞いたことないけど利用しても大丈夫か

ポイントサイト「ECナビ」の安全性を検証
で、徹底的に検証しました。
中の人からも、

他のブロガーさまの記事ではなかなかみられないIRや新聞記事、ニュースサイトからの情報から分析させた内容や、リアルな体験に基づいた内容があり、私どもECナビのスタッフも拝見し、いつも勉強させていただいております。

との評価を受けています。もっともコレは社交辞令であって実態は全然違うのになあと嗤われているかもしれませんが、ご参考まで。

Q3 そうは言っても、ECナビは航空会社と直接提携していないではないか

然り。
一方、『ECナビ』の子会社PeXは、航空会社のマイルに直接交換するルートを持っているのです。
f:id:poyatrip:20180110220404j:plain

よって、事実上提携していると言って差支えはなく、ANA nimocaルート利用に関わらずPeXにため込んでも全く問題ないわけです。
個人的には、『ECナビ』がPeXを使って独自のキャンペーンを打ってくることを期待していたりします。
(モッピーのように交換レートはそのままで、後日ポイントサイト側からボーナスポイントを付与、ただしECナビから交換したPeXポイントに限る、など)
企業体力がある貴社なら可能なはず……

これまでハピタス一辺倒だった方も、ソラチカショックを機に『ECナビ』を利用サイトのメインと位置付けてはいかがでしょう。

当サイト経由で以下バナーから新規登録されますと、入会ポイント500ptsに加え、1ヶ月以内にポイント交換を行った場合は2,500pts(計最大3,000pts)がプレゼントされますので、この機会にどうぞ。

↓こんなのもあるようですので…乞うご期待!?
【予告】3日間限定であのクレジットカードが最高還元♪ | ECナビBlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です