【ANA SFC修行】総額最安値?20万円台で50,000PPを獲得できた修行プランとは?【PP単価5円台】

 

2016年9月5日。私が実施したANA SFC修行結果を踏まえ、最安20万円台でプラチナ資格を獲得可能なプランを提案いたしました。
しかし、為替変動や予約状況等により、同じプランでも最安値が30万円をちょっとだけ超えることとなってしまっているようです。

それでも巷の修行プランに比べて格安でプラチナ資格を獲得できることには変わりませんので、時間・金銭効率を重視したSFC修行をしたいという方は、引き続き検討される価値は十分にあろうかと思います。

ANASFC修行2017概要

 

  • 東京からクアラルンプールへ5回行き、うち3回は帰りに石垣又は那覇へ立ち寄る
  • クアラルンプールも石垣も那覇も宿泊を必要としない
  • 利用航空会社はANAと中国国際航空
  • ANAはエコノミークラス、中国国際航空はビジネスクラスを利用
  • 予約回数は、ANA3回+中国国際航空2回
  • 総費用は約30万円で、獲得PPは下表のとおり

ANASFC修行2017修行スケジュール及び獲得PP内訳について

修行スケジュール例

原則として土日を活用して、現地滞在時間をなるべく少なくしようとする場合は、以下の通りとなります。

獲得するPPは以下で計算できます。
ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション
なお、中国国際航空(エアチャイナ)のPPは、私自身の獲得実績を記載しています。

石垣の場合

修行回出発地到着地便名出発到着運賃(円)PP
1羽田北京CA1847:1011:3038,620①2,041
北京KLCA87115:5022:203,816
KL羽田NH88614:0022:0050,380②2,503
2羽田石垣NH09111:1014:352,448
石垣羽田NH09215:2518:10
羽田KLNH8850:056:202,503
KL羽田NH88614:0022:0050,380③
3羽田石垣NH09111:1014:352,448
石垣羽田NH09215:2518:10
羽田KLNH8850:056:202,503
KL羽田NH88614:0022:0050,380④
4羽田石垣NH09111:1014:352,448
石垣羽田NH09215:2518:10
羽田KLNH8850:056:202,503
KL北京CA87223:405:5538,620①3,816
北京羽田CA1818:3512:552,041
5*羽田北京CA1847:1011:3077,240⑤
北京KLCA87115:5022:203,816
KL北京CA87223:405:55
北京羽田CA1818:3512:552,041
合計PPのうちNH29,706PP単価5.75305,62053,134

①~⑤は予約数(単位)です。

那覇の場合は1フライトあたりの獲得PPが1,968(総PP50,302)になるのと便名以外は変わりません。
また、季節により出発・到着時間は変動します。あくまで目安ということで。

ANASFC修行2017 運賃及び諸条件

会社区間予約クラス運賃有効期限予約変更払い戻し
CAHND-KULR77,240円(最安)1年無料30,000円
NHKUL-ISGS(国内線B)50,380円(最安)6ヶ月5,300円8,000円
NHKUL-ISGS(国内線B)47,880円(最安)6ヶ月5,100円7,600円

予約クラスは必ず確認してください。違うアルファベットの場合、PP・マイル積算率が異なる場合があります。

【参考】本プランに関係する空港の3レターコード一覧
オンライン予約手続きのスピードが3割増しになります。ぜひこの機会に覚えておきましょう。

地名3レタ地名3レタ地名3レタ地名3レタ
羽田HND成田NRT伊丹ITM関西KIX
中部NGO福岡FUK千歳CTS仙台SDJ
那覇OKA石垣ISG北京PEKクアラルンプールKUL
宮古MMYバンコクBKKプーケットHKTシンガポールSIN

なお、CAは中国国際航空(エアチャイナ)のコード、NHはANAのコードです。
余談ですが、NHの由来が前身の「日本ヘリコプター輸送 (Nippon Helicopter)」であることを先日TVを見て初めて知った次第です。

【注意】エアチャイナ 北京~クアラルンプール便の運航日について

路線便名3/26迄3/27~11/311/4以降
北京-KLCA871火木土日火木日火木土日
KL-北京CA872火木土日水金月(※)火木土日

※KL発の時刻がこれまでの23時台から0時台に変わるため曜日がズレます。

夏季スケジュールでは週3便に減りますので、ご注意ください。

ANASFC修行2017プランにかかる留意事項等

  • 2016年12月17日現在のものです。
  • 今後の為替変動やサーチャージ等に伴い、運賃や変更等手数料が変わる場合があります。
  • 途中降機(ストップオーバー)は両社とも可能です。
  • NHは2回ストップオーバーすると消費税分約1万円が別途加算されます。
  • ストップオーバーが0回又は1回なら消費税を取られないようです。

ANASFC修行2017プランの特長など

  1. 原則土日のみで修行可能なこと
  2. 特別限定運賃等の発売を待たず今すぐ予約可能なこと
  3. 現地宿泊費等を含めた修行総費用をトコトン抑えられること
  4. 運賃条件が緩く、急な日程変更等に対して融通が利くこと

今回は「海外発券」がポイントとなっていますが、今や国内発券と全く同じ手続きでオンライン購入できるので、昔ほどハードルは高くありません。

原則有給いらず

上で示した修行例の通り。中国国際航空フライトスケジュールの関係で月曜日を使わざるを得ない場合がありますが、ハッピーマンデー等月曜日が祝日に充てれば有給休暇を使うことなく修行可能です。

スポンサーリンク

今すぐ予約可能

このルート・プランはは現在の料金体系に基づくものなので、空席さえあれば今すぐ予約可能です。国内線で修行する場合、遠い先の日付だと航空券自体が未販売で、安く行こうとすると「旅割」とかの発売日を待たなくてはならず、また運賃も未確定です。
なお、本プランの国内線区間チケットは「国際線」扱いとなります。なので国内線のように2ヶ月前にならないと予約できないとかそういうのはなく、具体的に言えば今からでもゴールデンウィークやお盆等のハイシーズンで確実に座席を確保できるというメリットがあるのです。

一般的にANA SFC修行では「国内線×プレミアム旅割28」を利用するのですが、2017年はSFC修行者の爆発的増加により、座席の確保が事実上不可能になっているようです。
ちょっとした技により2ヶ月前よりも若干早く予約できるようになってます(ここには書きません)。が、彼らがそれを知ってしまったためキッカリ2ヶ月前では座席がなくなっている状況。ペンペン草も残らないとはこのこと。
本当に用事があって行きたい人が利用できないというのは本末転倒な話。修行される方におかれましては、自らの客観的立場を認識したうえで、一般の方に迷惑をかけることが決してないよう留意してくださることを望みます。

修行総費用を抑制

結局は「修行にいくら使ったの?」と総額で評価されるべきもの。たまたまPP単価が良い国内線フライトを1レグ確保できたとしても、全体から見れば微々たるもので、競争が激しい中毎回そのようなフライトを確保できるとは限りません。
日帰りが困難な海外修行は宿泊費等現地費用の問題が生じるかと思いきや、本プランは宿泊を必須としないので無問題です。

日程変更等が格安で可能

コレが海外発券の真骨頂ですね。海外発券とは言え最近は条件が厳しくなってきているものも多いですが、こちらは古き良き時代なみにユルいです。5,000円程度で気軽に変更できるなんて…

本プランをベースにしたバリエーション

  1. 最後の中国国際航空修行の行先を他の東南アジアに変更
  2. ANA修行の出発地を他の東南アジアに変更
  3. ANA修行の目的地を宮古に変更
  4. 中国国際航空修行で北京に途中降機
  5. 最後は中国国際航空修行でなく大好きなANAで好きなところへ行く
  6. 搭乗クラスを逆転させ、ANAはビジネス、中国国際航空はエコノミーにする

等考えられます。

今年になり、本記事で紹介したプランを参考にしたと思しき修行記・旅行記が続々とUPされています。
以下の「にほんブログ村」経由でいくつか記事を拝見しましたが、皆様思ったより楽しそうに修行されているようで、記事をUPした甲斐があったというものです。
(正直、本記事をUPしたときには、こんな修行(苦行?)やる酔狂な方はいるのだろうか…と思ったものでした)

体験談に勝る記事はありませんので、以下リンク先も是非参考にしていただければと思います。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村



ANA海外発券分をビジネスクラスにした場合の修行プラン例

2016年にANASFC修行をした経験から、東京~クアラルンプールをエコノミーで往復し続けるのはキツいような気がしました。特に、エアチャイナビジネスに乗った後にエコノミーだと落差が大きくて余計キツく思えてしまうものです。なので、多少費用は嵩みますがビジネスクラスを組み入れるというのも手です。
日本発だと目玉が飛び出るような運賃になりますが、クアラルンプール発(海外発券)だとソコまで高くありません。

1往復をANAビジネスクラスにした場合

運賃と諸条件は以下の通りです。

区間予約クラス運賃有効期限予約変更払い戻し
KULKUL-ISGZ(国内線Y)150,780円(最安)6ヶ月13,200円
ISGISG-KULJ(国内線Y)381,370円(最安)6ヶ月30,000円
ISGISG-KULZ(国内線Y)244,370円(最安)1ヶ月不可50,000円

参考まで、海外発と国内発の比較をしています。
表には記載しませんでしたが、国内発のZクラスは最低滞在期間2日(到着日含まず)という縛りもあります。
金額はもとより、いかに条件が違うかが良くわかります。そもそも国内発の場合はタッチが出来ません。

KUL発の場合、国際線の予約クラスZはマイル・PP125%加算のうち最も低い予約クラス、国内線区間はエコノミークラス利用となります。
予約変更は制限ありとは書かれているのですが、手数料に関する記述はありませんでした。

獲得するPPは以下で計算できます。
ANA SKY WEB : ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション
なお、中国国際航空(エアチャイナ)のPPは、私自身の獲得実績を記載しています。

修行回予約単位出発地到着地便名出発到着運賃(円)PP
11羽田北京CA4227:109:5538,6202,041
11北京KLCA87115:5022:203,816
12KL羽田NH88614:0022:00150,7806,658
22羽田石垣NH09111:1014:352,448
22石垣羽田NH09215:2518:102,448
22羽田KLNH8850:056:206,658
23KL羽田NH88614:0022:0050,3802,503
33羽田石垣NH09111:1014:352,448
33石垣羽田NH09215:2518:102,448
33羽田KLNH8850:056:202,503
31KL北京CA8720:206:3038,6203,816
31北京羽田CA1818:3512:552,041
4*5羽田北京CA4227:109:5577,2402,041
4*5北京KLCA87215:5022:203,816
4*5KL北京CA8720:056:203,816
4*5北京羽田CA1810:206:302,041
355,64051,542

2往復をANAビジネスクラスにした場合

50,000PPに少し足りません。

修行回予約単位出発地到着地便名出発到着運賃(円)PP
11羽田北京CA4227:109:5538,6202,041
11北京KLCA87115:5022:203,816
12KL羽田NH88614:0022:00150,7806,658
22羽田石垣NH09111:1014:352,448
22石垣羽田NH09215:2518:102,448
22羽田KLNH8850:056:206,658
23KL羽田NH88614:0022:00150,7806,658
33羽田石垣NH09111:1014:352,448
33石垣羽田NH09215:2518:102,448
33羽田KLNH8850:056:206,658
31KL北京CA8720:206:3038,6203,816
31北京羽田CA1818:3512:552,041
378,80048,138

【重要】中国国際航空(エアチャイナ)の利用について

一般的な方は、ビジネスクラスであっても、「えっ…中国の航空会社?」と中国国際航空(エアチャイナ)の利用に多少の抵抗を覚えることは承知しています。

そのような方に対して複数の体験談を一気にお見せすることで、少しでも不安を取り除けるようにと思い別に記事を作成しています。

www.poyatrip.xyz

8回分の搭乗記をまとめてありますので、是非ご覧ください。

中国国際航空ビジネスクラス機材まとめ

スポンサーリンク

以下のページですべてわかるようにしています。

www.poyatrip.xyz

北京~クアラルンプールはフルフラットシートを搭載していますので、横になってぐっすり眠ることができるので、深夜便でも安心です。
実際、私も熟睡しました。

2017年中国国際航空ビジネスクラスセール情報

2017年は定期的に(ほぼ毎月)セールを実施しています。

www.poyatrip.xyz

ビジネスクラスも対象で、セール時期にチケットを確保できればもっと格安で修行できるということになります。
私が修行した2016年はこのようなセールは実施していなかったように思います。

ANASFC修行2017 参考記事等

FAQ

www.poyatrip.xyz
別記事にまとめました。今後も必要に応じて追加します。

 

私の2016年修行記総集編

リンク先の2回目、4回目、5回目が今回提案したプランに該当する修行記となっています。
www.poyatrip.xyz
なお、旅行要素も多分に含んでいるので、私自身の修行総費用は結構掛かってます。

クアラルンプール短期滞在(タッチ)に関する留意事項など

www.poyatrip.xyz

関西編・中部編も作成しました

www.poyatrip.xyz

www.poyatrip.xyz

スクリーンショット

○クアラルンプール-那覇(ANA予約画面)
ANAで予約の際には、以下のように『複数都市』で検索してください。
f:id:poyatrip:20161103184425p:plain

f:id:poyatrip:20161217233810j:plain

○HND-KUL(中国国際航空オンライン予約画面)

f:id:poyatrip:20161217233823j:plain

40 Comments

poyatrip

自己レスです。どうも那覇に宿泊しなくて済みそうなので、キチンと確認したあと、修正します。

返信する
さすらい

いつも有益な情報をありがとうございます。
ぜひ人柱として検討させていただきたいので、大阪(伊丹・関西・神戸)発のサンプルプランもご教授いただけますと、幸いです。よろしくお願い致します。

返信する
poyatrip

FAQページがやっとできた…と一息ついたところでの書き込みありがとうございます。
関西は東南アジアからのANA直行便がないようなので難しいですね。皆さんどうやっているのでしょうか。関西発OKA-SINタッチと海外発券どっちがイイかの比較になりそうです。首都圏よりは確実に効率が悪くなるような気がしますが…実は関西方面から一定の需要はあるだろうなと思ってたので(笑)、いいのがあればプランを提示してみようかと思います。ただ、知識ゼロからのスタートなので、気長にお待ちくださると幸いです。

返信する
さすらい

ご返信ありがとうございます。楽しみに気長に待たせていただくことにいたします(^○^)

返信する
poyatrip

ほとんどコピペで済んだので早速UPしちゃいました。ただしクアラルンプール7回です(笑)。ご検討くださいませ。

返信する
とらほー

すごく参考になる記事でした。自分は来年福岡から修行使用と思っていますが、福岡発版ももし記載していただければ!お願い致します

返信する
hide

すげ〜!と思わず声が出てしまい、さっそく3〜4月に2往復だけISG-SINでセットしてみました。
現地で24時間滞在する必要がないのが利点ですね。まさにSINタッチ。
エアチャイナの料金次第だけど、これからの主流になるかもですね。

返信する
hide

すげ〜!と思わず声が出てしまい、さっそく3〜4月に2往復だけISG-SINでセットしてみました。
現地で24時間滞在する必要がないのが利点ですね。まさにSINタッチ。
エアチャイナの料金次第だけど、これからの主流になるかもですね。

返信する
poyatrip

SINですか?中国国際航空の回し者ではないですが、合わせ技をどんどん使って有意義な修行にしてもらえればと思ってます。

返信する
hid

中国国際航空の日曜日のKUL-HNDフライトが無いみたいなので、HND-SINにしました。コストの関係上、ANAはKUL-ISGです。KUL-SINをjet starでつなぎました。
それにしてもANAをKULスタートにするってのは考えもしませんでした。
PP単価が6をきって、かつ現地滞在時間を一桁に抑える方法を発見されたのには、本当に敬服いたします。ありがとうございました。

返信する
poyatrip

なるほど。中国国際航空のKUL便は毎日運航でないし、SINの方が良さそうですね。よりPPも貯まりますし。KUL-ISGは私と同じですね。今羽田でストップオーバー中で、晩秋に石垣へ行きます。それにしても、本当に実践される方がいらっしゃるとは思いませんでした。ブロガー冥利に尽きるというものです。こちらこそありがとうございました。

返信する
先割れスプーン

はじめまして。来年修行を考えていまして、初心者なので大変参考になります。
一つお聞きしたいのですが、「少なくともクアラルンプールは必ず宿泊を伴う」とありますが、これはCA-NHを使う最初と最後の話で、第2-4回のKULでの滞在はNH885が0645着、NH886が1415発なので、宿泊不要という認識でよろしいでしょうか?

返信する
poyatrip

はじめまして。書き込みありがとうございます。確かにおっしゃる通りHNDの場合は宿泊不要っぽいですね。あまり覚えていないのですが、KUL宿泊要は最初NRT経由で那覇宿泊のパターンで記事を書いていた時の名残りかもしれません。

返信する
先割れスプーン

ありがとうございます。とすると、CA部分の旅程を除くと、土曜日HND-KUL往復、日曜日HND-ISG往復と、通常の週末で消化できそうですね!
これも海外発券ならではのワザですね。

返信する
poyatrip

pinky さま
最近、加算率が低い予約クラスが出たそうなのですね。記事から2カ月たつので、そろそろメンテナンス(追記、更新)しようと思ってます。

返信する
モン

拝見しました。2017私の修行ルートに似ていますが、詰めが足りないですね。
条件改悪されたくないので、詳細は控えさせて頂きます。

返信する
yui

私、一月からこのプランで修行してきます!もうチケットも手配しました。三月に完了予定なので、終わったらご報告しますね!

返信する
yui

私、一月からこのプランで修行してきます!もうチケットも手配しました。三月に完了予定なので、終わったらご報告しますね!

返信する
poyatrip

> yui さま
おおっ!このプランで無事手配できたのですね!4月以降条件が変わるかもしれないので、3月完了のスケジュールはご英断だと思います。私自身はできないので、ぜひご報告をお待ちしています!

返信する
yui

本当はもっと余裕をもってスケジューリングしたかったのですが、4月以降だとやっぱり週末だけで修行ができないので。
今の心配は2ヶ月弱の間に5回もクアラルンプールに行って入管に怪しまれないんだろうか。。ということです(笑)
滞在時間も短いから観光ともいえないし、皆さん修行中に入管に聞かれたらいつもなんて説明してるんでしょうかー??

返信する
fc0491282

早速実行しようと、マレーシアの入国審査に関する情報なんかも調べ始めたのですが、あるサイトには「マレーシアを5回以上行くと麻薬の運び屋だと思われて入国を断られるかもしれない」とありました。そう考えると、もしかしてこのルートは使えないんじゃないかと不安になりました……。

返信する
poyatrip

yui 様 オタク! 様
まとめコメント失礼します。
日本パスポートでの数次に渡る短期入国については、問題ありません。例えば、シンガポールからのシャトルフライトで頻繁に日帰り出張する場合や、毎週末ジョホールバルへ買物へ行くケースなどがあるからです。
入管に聞かれた場合は、私なら正直に「上級会員資格取るため」と説明します。必要に応じて、証拠書類として予約済のe-ticketの写しを全部提示します。yui様の場合全て予約済なので、そのあたりは問題ないでしょう。
私も何度かマレーシアに日帰り入国したことがありますが、一言も会話したことがありません。
万が一の場合は、入国せずに帰るという手もあるのですが、ANAや中国国際航空のトランスファーデスクがあるかがポイントになるので、今週末KLIAで確認してきます。最後の修行に行くので。

返信する
yui

poya様
お返事ありがとうございます。私も何かの運び屋とか思われたらどうしようってちょっと不安でした。
アドバイス通りEチケット全てプリントして持っていこうとおもいます!色々本当に勉強になります。

返信する
kxxyxx

はじめまして。
たまに拝見させていただいています。
今日エアチャイナのホームページから4/1以降のクアラルンプールビジネス往復を調べたところ、550000円という数字が出ていました。
これはどうしてなのでしょうか?もしご存じでしたら教えていただきたいです。

返信する
poyatrip

kxxyxx さま
再訪ありがとうございます。
4/1以降のビジネス運賃が表示されるようになったのですね。
こちらでも調べたところ、旅行期間が概ね3ヶ月を超えると20万円台(予約クラスR、Z)→50万円台(予約クラスC、D)に跳ね上がるような感じです。
4/1以降の割引運賃は春先に出る場合があるのでそれを待つしかないのですが、出たとしても低い予約クラスの旅行期間が改悪されて短くなる可能性があると思いました。

返信する
fc0491282

留意事項の記事の方でマレーシアに入国が必要ないと分かり安心しました。
さて、クアラルンプール6時45分着で、羽田行は14時15分と7時間半もありますが、成田行が8時(成田15時40着)にあるようです。
クアラルンプール空港に7時間半も滞在するのは、修行とはいえ辛いものがあると思いますが、この成田便で帰国するという手段は使えるものでしょうか(値段はあまり変わらないようです)?
もしかしたら乗ってきた便のクルーがそのまま成田行を担当するとなれば、恥ずかしい気がしますが……。

返信する
poyatrip

オタク!さま
>6:45着8:00発
KUL発の場合は別の予約になるからテクニカルには予約可能なのでしょうが、さすがに1時間ちょっとでは厳しいかなあと思って羽田行を例に出しました。MCT(最低乗継時間)の情報は正しいかわかりませんが以下に書いてました。
http://www.ena.travel/abroad/kul/#link7
うーん…オススメはしませんが、最低乗継時間をクリアして且つ同じ機材で折り返すとした場合は、不可能ではないかも知れません。
なお、7時間以上の便なのでさすがにクルーは入替となると思います。そんなシフト繰り返すと過労死してしまいます(笑)。

返信する
ana2017

中国国際航空ですがビジネスですと8万円台でした。そこでエコノミーで調べますと27000円台がありますがこの場合のPPの計算ですがマイルx50%積算程度のPPになるのでしょうか。シュミレーターがないのでどう計算してよいのかわかりませんでした。教えていただけますと助かります。

返信する
poyatrip

ana2017 さま
エコノミーのPP計算はANAマイレージ加算に準ずるものと思われます。エコノミーでPP加算したことがないので確かではありません。予約クラス別の条件は以下の通りで、
http://www.ana.co.jp/amc/reference/tameru/flightmile/tk/ca.html
手前味噌ですが次のFAQページでも中国国際航空エコノミーについて触れてます。
いずれにしても、9月当時はPP重視でエコノミーを選ぶメリットはあまりないなという結論でした。参考まで。

返信する
fc0491282

中国国際航空HND-PEK-KULとANAのKUL-HND-OKA-HNDに乗ってきました。自動オンラインチェックインとモバイル搭乗券があるので、ANA便に関しては乗り継ぎについて心配はないため、マレーシアに入国せず空港内のトランジットホテルで過ごしました。
以前「マレーシアに何度も入国したら麻薬の売人に間違われるんじゃないですか?」とコメントした私ですが、マレーシアに入国しないのですから、当然そのような心配はありませんでした。
しかし、問題は帰国時、羽田空港で起こりました。入国(帰国)審査こそ問題なかったものの、税関で黄色の申告書(もにろん全て「いいえ」です)を出したところ、税関職員が私のパスポートにマレーシアの入国スタンプがないことに気づき(明らかに顔が強張ったのが分かった)、「マレーシアに何しに行ったのか」、「ここにある禁止物リスト(=麻薬、拳銃、刀剣、大麻、多額の現金、わいせつ物、金塊etc.)にあるのは持っていないか」と問い詰められました。予約したeチケットを見せて「マイルを貯めて上級会員になりたくて飛行機に乗りにいっただけんです」と言ったものの、結局、荷物検査&ボディーチェックまで受ける羽目になりました。
とはいえ、禁止物を持っていないことが分かれば開放され、「マイルってそんなに貯まるものなんですか?」などと世間話をしましたが……。
明後日、今度はANAのHND-KUL-KULに乗りますが、また税関を通ることを考えると憂鬱ですね。まあ禁止物さえ持ってなければ荷物検査&ボディーチェックを受けるだけですみますから、これも楽しみだとと思って行ってこようと思います。
さて、長々と自分語り失礼しました。これから行かれる方が税関で尋問されても慌てないようにとの思いで、このようなこともあるんだよという意味を込めて書かせていただきました。

返信する
poyatrip

オタク! さま
貴重な体験談ありがとうございました。
税関で引っかかることもあるのですね。
パスポートの中身を確認しない官が多い中、不運だったのかも知れません。
確かに、モバイル搭乗券が出れば発券カウンターは不要ですね。
週末は何事もないことを祈ります!

返信する
takosuke

いつも拝見して勉強させていただいております。ところで4月以降のCAは土曜日の便がなくなりましたでしょうか?さすがにPEKで20時間とかは、難しいと感じております。

返信する
poyatrip

takosuke さま
もしどうしても土曜でなくてはならない場合は、毎日運航しているシンガポールまで行ってからLCC等でクアラルンプールまで向かうしか方法がなさそうです。Sin-Kulは色んな航空会社が頻繁にシャトルフライトを飛ばしていて運賃も安いのですが、問題は中国国際航空側の遅延リスクですね。

返信する
takosuke

なるほどです。
色々勉強して今年は早い段階でSFCを目指したいと思います。ありがとうございます。

返信する
オタク!(fc0491282)

お久しぶりです。サイトのデザインが変わっていてビックリしました。

さて、一昨年末にこのページを初めて拝見してから、もう1年も経ったのですね。早いものです。

昨年は無事、SFC修行を終えることができました。本当はもっと早くにお礼を申し上げるべきところ、実はそのままJGC修行も行ってしまい、色々と忙しくて失念しておりました。

なお、JGC修行もこのページに書かれていることを参考にさせていただき、KUL発券の航空券で、ひたすらKUL-NRT/HND-OKA-HND/NRT-KULを往復し、20万円台に抑えることができました。poyaさんには感謝しきれません。

改めまして、お礼を申し上げます。SFC修行(・JGC修行)の格安ルートや実際の体験記・情報を教えていただき、ありがとうございました。

返信する
poya

オタク!さま
ご無沙汰しております。紫修行されていたのですね、スゴイ(笑)。
多少なりともお役に立てたようで、こちらとしてもうれしいです。
JGC修行も20万円台に抑えられるとは驚きです。
今年は回数修行でJGC到達を目指すことを検討中ですが、もし2018年も20万円台で収まるならFOP修行の方が良いかなと思いました。って福岡在住では無理かなあ。やっぱり回数修行ですかね。福岡~宮崎があるので。
今後ともよろしくお願い申し上げます!

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください