【ファンくるモニター】福岡空港内店舗ラリーをレポート! 当選したその裏側とは?

縁あって、覆面調査・ミステリーショッパーのリサーチ・モニター募集等の情報サービスサイト 『ファンくる』の期間限定特別企画「空港内店舗ラリー」と言うものに参加してまいりました。

期間限定特別企画 空港内店舗ラリーの概要

私は今回初参戦だったので知らなかったのですが、後から調べたところ、今回が初めてではなく定期的に実施しているようですね。

  • 内容:空港へ行って飲食したり買い物をしたりしてサービスや料理を調査
  • 対象:ファンくるプレミアム会員
  • 期間:8月20日迄(8/11~8/15除く)
  • 募集:各ミッション1名
  • 空港:新千歳、仙台、成田、羽田、神戸、関西、福岡、鹿児島、那覇
  • 謝礼:飲食代の100%+特別謝礼最大7,000円

プレミアム会員?ハードルが高そう…と思いがちですが、「名前、電話番号、エリア、住所(任意)を登録する」だけで簡単になることができます。年会費も無料なので、維持費もかからないので、ご安心を。通常会員だった私も空港内店舗ラリー参加に備えてプレミアム会員登録しました。

各空港で回る店舗数と謝礼金額は以下の通り。保安検査を通過する必要はないので、飛行機を利用する予定がない人でも参加できます。

空港謝礼店舗数
新千歳A7,000円3店舗
仙台A5,000円1店舗
成田A7,000円4店舗
羽田A3,000円2店舗
羽田B3,000円3店舗
神戸A3,000円1店舗
関西A3,000円1店舗
福岡A5,000円2店舗
福岡B5,000円2店舗
鹿児島A7,000円2店舗
那覇A7,000円3店舗
那覇B5,000円3店舗

空港名のアルファベットはミッション名ですが、羽田など2種類のミッションがある場合に使い分ける記号のようなものなので、気にしなくても結構です。

飲食代100%は各店舗で上限が設定、800円だったり1,000円だったり1,200円だったり1,500円だったり様々です。

わかりやすいように円表記しましたが、実際にはファンくるのポイントとしてマイページに加算されます。(10Rポイント=1円)

飲食代100%還元に加え特別謝礼をもらえるということで、応募した人は多かったのではないでしょうか。当方も然り。しかし、選ばれるのは抽選でたった1名。
そんな特別企画に、なぜか私が選ばれてしまったのです。

この貴重な体験はぜひアウトプットして共有すべき!ということで

  • どういう経緯で選ばれたのか
  • どういう店舗ラリーをしたのか

など含め、簡単な物語形式でお伝えしようと思います。

ファンくるから突然のTEL(8月某日)

「ブルッ、ブルッ」

ん?スマホが揺れている。
メールにしてはバイブが長いけど。どれどれ。

「と、東京03…だと?」

全く身に覚えがない番号である。
知らない固定電話からプライベートでかかってくる場合、大抵ロクな内容ではない。

数打てば…の勧誘だったり、自分にとって何か良くないことがあった時の速報だったり、自分がなにかしでかした時の苦情だったり。そもそも福岡にいるのに東京からかかってくるなんて、間違い電話かもしれない。

いつもなら無視してしまうのを今回出てしまったのは、今思えば神のお告げだったのだろうか。

「”ファンくる”運営事務局の○○と申しますが…」

(ファンくる…だと?)

「当社の福岡空港内店舗ラリー参加者募集に応募してくださり、ありがとうございました。」

「は、はい。」

(そういえば、ダメモトで応募してたっけ。ん?ということはひょっとして…?)

「今回、○○様にモニターをお願いしたくお電話した次第でございます。」

(な、なんと当たったのか!?)

「つきましては、8月○日に福岡空港でモニターを実施していただくことは可能でしょうか?」

(あ、明日?空港へ行く予定だったので希望日に入れてあったんだけど…)

「あ…この日は東京へ出張する用事があるので希望日入力していたのですが、台風の接近で朝の便に振替えてしまいました。お盆期間は謝礼ナシとの記載があったので、お盆明けの△日でも大丈夫でしょうか?」

当初予約していた便が関東で暴風雨のピークとなる時間帯になってしまったため前々日に振替えたのだけど、モニターのことはすっかり忘れていた。
そもそも、当たるとは思っていなかったからね。

「かしこまりました。それではアンケート等の提出期限日を△日の翌日に設定させていただきます。2店舗回るのは大変かと思いますが、どうぞよろしくお願いします。」

福岡空港店舗ラリーでは2つの店舗で飲食をしなければならないのだけど、どうやら
「1日で2店舗を回る」ことが暗黙のルールになっているため別々の日に実施は不可らしく、1日でモニター活動を終わらせないと他の人に当選の権利が移るようなことを言われたのだった。

かくして、

・募集人数 1名
・飲食代キャッシュバックに加え5,000円相当の謝礼

と言う案件のモニターに選ばれたのだった。
生まれつきくじ運が悪くこういったものに当選したことがなかったので、正直戸惑っている。界隈では良く利用される空港でもあり、地元以外の応募も多数あっただろうに、くじ運以外の要素(選考材料)もあったのだろうか?

ヘビーユーザー?否、福岡周辺で1人モニターできる案件はほとんどない(というかやり尽くしている)から最近は数ヶ月に1回程度の利用状況。首都圏に居る時は家族でちょくちょく使っていたんだけどね。

これまでのアンケート内容が良かった?否、ブログではダラダラ長文を書いているけど、プライベートや本業では必要最小限の文字数しか使わないし、気の利いたコメントなど全く意識していない。

ブロガー?否、確かにブロガーとしてファンくるの友達紹介制度で特別条件をいただいているけど、ファンくると当方には直接の繋がりはないので、ブログをやっていることも知るはずもない。

今回に限ってはくじ運が良かったこと、そしてたまたま電話に出られる状況だったことが功を奏したのだろう。電話に出なかった場合は、他の人に当選権利が移るということを後から知った。

普段の生活では電話に出られない(出ない)ことが多いので、今回の件は、やはり神の啓示に違いない。とにかく、神様に感謝。

モニターを実施(8月某日)

待ち望んでいたこの日。

1日2店舗のノルマを果たすには、会社の終業時刻を待っていられなかった。
胃袋の中を調整するために、一定の休息時間が必要だったためである。
お酒のハシゴとはわけが違う。

「あとはよろしく」とさっさと会社を早退し、一路福岡空港国内線ターミナルへ。

福岡空港国内線ターミナルでのミッション

都心からほど近いところにある福岡空港では、飛行機に乗ってどこかへ行く場合であっても、非日常と言うよりは日常の延長にいるような感覚になる。
特に、JGC回数修行で頻繁に福岡空港へ行っている身としてはそれが顕著に。

ただし、今回の「会社帰りに空港へ寄って飲食だけして帰宅する」行為自体は明らかに非日常である。今までそんなことをしたことがない。ワクワク、妙な昂揚感。

さあ、1階と2階は素通りしてレストランがある3階へ行こう。

店舗Aでの飲食モニター。
これが、俺に課せられたミッションの一つである。
ミッション完遂のために昼食を抜いてきたので、おなかペコペコだ。
早速入店し、メニューを拝見。

「ヴッ…」

呻いてしまった。思っていたよりも価格が高いのだ。
還元額の上限は1,500円なのだけど、1,500円を下回るメニューがないじゃないか!
空港価格なのか…少し足が出るけど、ロースかつ定食をオーダー。

 

「うっ、うまい…!!」

普段は好まない「脂身」の何たるおいしさよ。
思わずご飯が進み、「おかわりを…」と声をかけようとしてハッと気づく。
そうだ、この次(の飲食)があるのだった。

会計を済ませて店外へ。

おかわりしなくても十分お腹いっぱいだった。
案の定、この状態ではとても次の店へはいけない。
どこかで腹ごなしをしなければ。

次の店は、店舗B
ファンくるの店舗情報を見ると4階と書いてある。
4階?レストランは3階じゃなかったっけ。
と首をかしげながら4階へ行ってみたけど、案の定送迎デッキしかなく。
うーん…と改めて店舗情報を見たら、「はぅ!」

国際線…だと?」

ずっと「国内線」と空目してた(笑)
やけに営業時間が短いなあと思ってたのだけど、道理で(今さら感)。

「これは実におもしろい!」

国内線ターミナルのハシゴとばかり思っていたのだけど、国内線ターミナルから国際線ターミナルの移動が必要となることで俄然やる気が出てきたのだった。これこそ、「ラリー」の名にふさわしいと。

会社帰りに国内線ターミナルで食事をした直後に国際線ターミナルで食事をして、そのまま帰宅する」これ以上の非日常を味わうことは一生ないのではないか。
しかも、我が家へは国際線ターミナルの方が近く、わざわざチャリで下見に行ったことがあるほど。(駐輪場を見つけられず、そのままとんぼ返りする羽目になってしまったけど)

国内線から国際線へ乗り継ぐと思われる外国人で溢れる連絡バスに乗り込み、一路国際線ターミナルへ。アジアからの客ばかりと思いきや、白人客も意外と多い。
欧米からの直行便は自分が知る限りフィンランドとハワイしかなかったような記憶があるけど、なぜ福岡を出国地点にしたのだろう。その後の乗継も大変だろうに、それほど福岡が魅力的な街になっているのだろうかと嬉しく思いつつ。

福岡空港国際線ターミナルでのミッション

国際線ターミナルに到着。雰囲気がガラッと変わる。これから夜にさしかかろうとする時間では初めての訪問。出国便のピークはとうに過ぎているだろうからガラガラかと思いきや、結構な人がいることに少し驚いた。

まだまだ出発便があるみたい。半分以上がソウル/仁川だけど(笑)。

ターミナル間の移動で多少腹ごなしは出来たののだけどまだまだ次の店舗に入る気分になれなかったので、ベンチに座って店舗Aのモニター結果を打ち込むことにした。
スマホでの文字入力が苦手で普段はやらないのだけど、かえって良い時間つぶしになったようだ。アンケートと購入証明を提出した時には、「よし!次行こう!」と自然と店舗Bへ向かえるようになっていたのだから。

到着!とは言え、空腹には程遠い状況である。
どのメニューを頼むかが問題だった。が、ちょうど良いメニューをゲット!それは「ビールセット1,000円」これだ!

基本1人でいるときにアルコールを摂取することはないので選択肢からは外れるのだけど、非日常という状況がそう思わせたのだろうか。謝礼の上限が1,000円だったので、相場的にもちょうど良い。

この時間でも、結構混んでいる。客はほぼすべてが外国人である。
アイリッシュパブに紛れ込んでしまったように思える。


▲全く期待していなかったたこ焼きも意外とおいしく、特に「たこ」自体の大きさ・味が素晴らしい。

一時期流行ったエアポート投稿おじさんバリに「福岡空港国際線ターミナルなう」とツイッターで報告したい気持ちをぐっと抑える。今の俺は、しがない覆面調査員。ココはガマンガマン。

「空港内店舗ラリー」ミッションコンプリート

バスの時間調整のため、しばらく滞在する羽目に。
「公共交通機関でのアクセスが不便」がネックの福岡空港国際線ターミナル。
我が家の方面へ行くバスは、1時間に2本しかないのだ。

その間、店舗Bのモニター結果をスマホに打ち込むことに。
店舗Aでは店員さんの目を避けるため自粛していたのだけど、ココではあまり目に届かないのでない問題。

慣れないフリックに難儀しつつも完了、送信。

「これでミッションコンプリート…」

そろそろバスの出発時刻になるようだ。

心地よい達成感に包まれながら、帰宅の途についたのだった。

超楽しかった!!

承認、謝礼の受領(8月某日)

果たして、自分に5,000円分の仕事ができたのだろうか?ダメ出しを食らうのではないだろうか?ドキドキしながら添削結果を待つ。

ミッション実施の数日後。

▼やった!ポイントが加算!

ダメ出しをされることもなく、まさかの一発OK。普段は必要最小限のことしか書かないけど、今回は結構頑張って書いたのが功を奏したのかな?

ファンくると皆様に感謝!

と、まあこんな感じで福岡空港店舗ラリーが完了した次第でございまして。ココまでお読みいただきありがとうございました!

私が最も重要視する感覚「非日常」を味合わせてくれた上に謝礼までいただいて、『ファンくる』さまには感謝しても感謝しきれません。

また、陸マイラーを始めたりブログを始めたりしたからこそ経験できたことであり、応援してくれる皆様にも深く感謝しております。それは、陸マイラーがマイルを貯める手段として『ファンくる』の外食モニターが有名だからです。今後も同様の特別企画があるかはわかりませんが、通常は「外食してアンケートに答えるだけで支払った額の半分がポイント還元される」というもので、以下の手順でANAマイルを貯めるというものでした。

  1. ファンくる』に登録
  2. ファンくる内の「リアル(お店に行くモニター)」⇒「グルメ」をクリック
  3. 適当な飲食店を探して応募する
  4. 当選したらアンケート内容を確認
  5. 来店後、アンケートとレシートを提出
  6. ポイント加算
  7. ポイントをANAマイルに交換

▼未登録の方で興味がある方は、是非こちらからどうぞ!▼

普通に登録すると3,000Rポイント(300円相当)もらえるところ、当サイト限定で5,000Rポイント(500円相当)プレゼントされます。これは『ファンくる』側から当サイトに対して特別条件を提示されているためです。

空港内店舗ラリーはまた実施されると思うので、興味がございましたら次の機会に備えて登録してみてはいかがでしょうか?

店舗ラリー以外でも、通常時に『ファンくる』で外食して貯めたポイントをマイルにしても良し、現金にしても良し。ひと手間かけるだけで普段の生活に潤いが!そして非日常の体験ができるかも?

私も、今度は別の空港内店舗ラリーに参戦しようと思います!

 

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければ応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください