ANAビジネスクラス搭乗記(パリ⇒羽田 NH216 B787-900)機種機材・座席・機内食など

ANAスターアライアンス世界一周特典航空券を利用して、パリまで羽田までANAビジネスクラスを利用しました。
本記事が、ANAビジネスクラスを利用する方やパリ シャルル・ドゴール空港第1ターミナルを利用する方にとってのイメージトレーニングの助けになれば幸いです。

本記事とは直接関係ないのですが、世界一周に至る経緯などは以下記事にまとめてありますので、興味がある方はどうぞご覧くださいませ。
ANA・スターアライアンス利用世界一周の軌跡

パリ シャルル・ド・ゴール空港第1ターミナルチェックイン⇒出国審査

チェックイン開始時刻は、出発予定時刻の3時間前でした。
僕は3時間15分前にチェックインカウンターに到着したのですが、なんと!ビジネスクラス等の優先レーンでさえも長蛇の列。

以前、シャルル・ド・ゴール空港第2ターミナルからの出国手続きに2時間かかったという苦い記憶がありました。
第1ターミナルも同じで、そのために早くから空港入りしているのでしょうか。

しかし、ビジネスクラス利用ということで「出国審査優先レーン」を案内され、意外なほどあっさりと出国完了。
スターアライアンスゴールドも対象で、ANAのサイトに案内がありました。
パリ-シャルル・ド・ゴール空港の施設案内

上記の苦い記憶があってシャルル・ド・ゴール空港はなるべく利用しないようにしようと決めていたのですが、スタアラゴールドでスタアラ便を利用するのなら「利用解禁」でも良いのかなと思いなおした次第です。

ただ、時間がかからなかったのは偶然・運が良かっただけかもしれないので、早めのチェックインに越したことはないですね。

パリ シャルル・ド・ゴール空港第1ターミナル スターアライアンスビジネスクラスラウンジ

ANAビジネスクラス利用時に入室できるラウンジの案内

スポンサーリンク

ANA NH216便ビジネスクラス搭乗記

1時間半の遅延はありましたが、概して皆おとなしく搭乗。
乗継がある人はさぞかし大変だったことでしょうに。
機内アナウンスでしきりに「お詫びいたします」と放送。
僕は翌日の乗り継ぎだったので無問題だったのですが、JAL便。
もし、他社便の同日乗継があったとして、間に合わなかった場合何らかの対応をしてもらえるものなのでしょうか。
保安上の理由として「エジプト航空の機内荷物が何とかかんとか…」と言っていたような記憶があって、ANAには全く関係ありませんでした。
って、エジプト航空ってパリへ来る時に利用した航空会社ではありませんか!
エジプト航空ビジネスクラス搭乗記(カイロ→パリ)
エジプト航空で何があったのかは知りませんが、背筋がゾっとしました。

f:id:poyatrip:20171224104823j:plain

タキシング途中にて。
世界一周旅行で、最も印象に残っている画の一つ。
さすがおしゃれだなあと感心したと同時に、「これでANAスターアライアンス世界一周特典旅行が終わってしまうんだ……」と、この一連の旅で初めて機上で感傷的になった瞬間だったからです。

機内、シートの様子

f:id:poyatrip:20171224104056j:plain

マニア?には有名な、「1H」席を確保していました。
そう。B787-900にはファーストクラスの設定がなく、ビジネスクラスが最上位クラスとなるのです!気持ちいい~

f:id:poyatrip:20171224103839j:plain

スタッガード配列。
ANA公式サイトの「ANA BUSINESS STAGGERED」案内

f:id:poyatrip:20171224104044j:plain

20:05出発予定が、既に21:30になろうとしています。
ちなみに、モニター横のスペースは一番前の席の特権です!
ちょっとだけ得した気分になれます(笑)

f:id:poyatrip:20171224104206j:plain

ビジネスクラスらしく、機能的にまとまっています。

アメニティ

f:id:poyatrip:20171224120417j:plain

このあたり疎いので、公式サイトから引用します。

ナチュラルアポセカリー(自然薬局店)として設立され、オーガニックコスメやアロマ、ハーブなどを取り揃えた人気の高いブランドである、ニールズヤードレメディーズのアメニティをセットして提供します。認定オーガニックのエッセンシャルオイルをふんだんに使い、自然の成分により肌を綺麗にして潤いをもたらすフェイシャルミストのほか、リップクリーム、ハンドクリームをセットにしてご用意いたします。
・ビーラブリーハンドクリーム 10ml
・ホワイトティフェイシャルミスト 10ml
・シアナッツ&オレンジ オーガニックリップフォーミュラ4g
・歯ブラシセット
・アイマスク
・イヤプラグ

特にリップクリームは、乾燥している季節には普段使いするほどのお気に入り。
自宅・職場両方に配置しています(笑)。

ANA公式サイトの「ビジネスクラス用アメニティ」案内

機内食

スポンサーリンク

f:id:poyatrip:20171224115442j:plain

メニューはこちら。(見づらくて申し訳ありません)
和食を選択しました。

f:id:poyatrip:20171224104148j:plain

朝食はこちら。

ANAビジネスクラスB787-900 全体的な感想

ビジネスクラスらしく、決して豪華ではないけど快適に過ごせるように機能的な配置・色合いです。
そして、最新機材のB787-900。羽田⇒ロサンゼルスでANAビジネスクラスを利用したときの77Wより快適でした。

f:id:poyatrip:20171224115847j:plain

飛行機をホテル代わりに、到着地で精力的に行動するためにビジネスクラスを利用したい僕としては、ファーストクラスを経験した今もなお、寝ている時間の割合が高い夜行便に関してはビジネスクラスで十分と思っています。
横になって熟睡できるだけでとてもありがたい!
というか、機内でストレスを感じることがない以上の幸せなことがあるでしょうか!?

問題は、ビジネスクラス以上が当たり前になってしまった「国際線エコノミーには戻れない」カラダになってしまったことです。
この贅沢病はどこかで荒療治(エコノミー修行?)しなければ治りそうもありませんが、以下の理由があるので、しばらくは治さなくてもいいかなとも思ってます。

その理由は⇒ANAマイルを費用かけずに爆発的に貯める方法

その他ANAビジネスクラス搭乗記

短距離から長距離まで、他にもANAビジネスクラスを利用した記事を残していますので、よろしければご覧くださいね!

羽田ーソウル(NH865便)ANAビジネスクラス搭乗記
羽田ーロサンゼルス(NH106便)ANAビジネスクラス搭乗記
成田ームンバイ(NH829便)ANAビジネスクラス搭乗記

 

これまでのビジネスクラス世界一周記

リンク集です。
1 羽田-ロサンゼルス(ANA)
2 ロサンゼルス-サンホセ (アビアンカ航空)
3 サンホセ-パナマ(コパ航空)
4 パナマ-イスタンブール(トルコ航空)
5 イスタンブール-カイロ(エジプト航空)
6 カイロ-パリ(エジプト航空)

特に、最初の羽田-ロサンゼルスは、ANAのビジネスクラスを利用しています。
本記事と同じようにフルフラットシートですので、よろしければ参考にしてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください