海外旅行キャッシングが最もお得になる年会費無料の「セディナカードJiyu!da!」はポイントサイト経由入会キャンペーンでもっとお得に!

海外旅行へ行くとき、必ずと言ってよいほど考えたり悩んだりしてしまうのが両替支払ではないでしょうか。

  • 日本と外国どっちで両替するのがお得?
  • 現金とクレジットカードどっちが安全?
  • 現地通貨の現金は幾らぐらい財布に入れておけばよい?
  • 現金両替とキャッシングどっちがお得?

などなど。クレジットカード決済の普及度合いや円に対する通貨としての強さなど、先進国へ行くか途上国へ行くかで最適解は異なる場合がほとんどです。ただし完全にキャッシュレスと言うわけには行かないので、最後の「手数料」をお得にしたいと思うのは全世界共通ではないでしょうか。昔はトラベラーズチェックなんてのも流行ってましたが、今は現金両替にかかる手数料よりもキャッシングによる利払額の方が少ないというのが一般的な認識とされています。私も、よほど現地のATMが信用できない場合以外であって、現地金融機関側の手数料が高くない限り、原則としてキャッシングで現地通貨を引き出しています。
現金両替と比べてどれだけお得かは計算したことがないのですが、少なくとも両替所で両替レートを比較する時間と手間や、両替した店よりも良いレートを後で見つけてしまった時のショック(よくある…)がなくなると言うのがキャッシングのメリットだなあと実感。

しかし、人間とは欲深い生き物、キャッシング利息さえも1円でも安くしたいと思ってしまうもの。利息なので繰上返済すれば少なくできるのですが、カード会社の制度に阻まれたり(繰上返済は〇日後以降可能…とか)、繰上返済に必要な手続きが面倒だったりと、「だったらまあいいか…」と妥協、利息を垂れ流してしまう方も多いのではないでしょうか。私も長らくそうでした。

ふと「すぐに繰上返済できて手続きも楽なカードはないかな」と調べたら、なんとそれがあったのです。で、そのカードを発行して海外でキャッシングした後に繰上返済手続きをしてみたら、アラ簡単。

これは海外旅行好きな方に激しくおすすめしたい!と紹介するクレジットカードが『セディナカードJiyu!da!』。
当記事では、

  1. セディナカードJiyu!da!の概要・特長
  2. 海外キャッシング繰上返済方法
  3. セディナカードJiyu!da!公式入会キャンペーン
  4. セディナカードJiyu!da!非公式入会キャンペーン

を、読者にとってポイントを絞った形で解説いたします。

セディナカードJiyu!da!の概要・特長

公式サイトにはいろいろと書いてある特長ですが、他カードと比べたメリットや注意事項は以下の通り。

  1. 年会費無料!
  2. ポイント制度は微妙?
  3. 支払方法に注意!
  4. ネットでキャッシングの繰上返済が可能!

まずは「年会費永年無料」。これにより、お試し感覚で申込・発行できます。特筆すべきは、申込対象が「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」。これが何かというと、「短大・専門学生であってもカードを発行できる」ということなのです。今どれだけいるかはわかりませんが、卒業旅行で海外へ行く方や学生バックパッカーには重宝するのではないでしょうか。親の同意が必要なのでしょうが、未成年であってもカードを発行できるのが良いですね。

「わくわくポイント」というポイント制度があるのですが、原則として200円の利用につき1ポイント付与、特別なもの(一部店舗の利用や海外ショッピング等)であれば3ポイントとなりますが、ポイント還元率としては0.5~1.5%なので、特筆すべきものではありません。しかも、複雑です。ショッピング利用等メインとしての利用は、普段使いしているカードや還元率が高いカード、ポイントの使い勝手が良いカードがよろしいかと思います。

「支払方法」は少し変わっていて、あらかじめ毎月の支払額を決めておくという「リボ払い」となっています。特に指定しなければ5,000円コースとなるので、月に10万円利用した場合であっても5,000円の支払いで済む一方、繰り越される残債95,000円に対して手数料(利息)がかかってしまいます。普段使いしなければ影響はありませんが、オンラインで支払設定額の増額ができますので、5,000円以上利用する予定がある場合は手続きを行っておきましょう。

やはり、真骨頂は「ネットでキャッシングの全額繰上返済手続が可能」、これに尽きます。個人的にはこのためだけにセディナカードJiyu!da!を持っていると言っても過言ではありません。繰上返済手続については次の項で解説します。

海外キャッシングの全額繰上返済方法

繰上返済時には、カード会社への電話連絡が必要と言うのが一般的なお作法だったのが、セディナでは電話不要、オンラインですべての手続きが可能です。「ペイジー(pay-easy)」というシステムを利用するので振込手数料は無料、金融機関の休業日(土日祝等)であっても手続きができるので、休業日数分にかかる無駄な利息を支払う必要もありません
具体的な手順は以下の通りです。

  1. セディナカードサイトからWebサービス「OMC Plus」に登録・ログイン
  2. 「ご入金受付」⇒「ペイジー」クリック
  3. 「全額入金」をクリック
  4. 入金する金融機関を選び「決定する」
  5. 金融機関のネットバンキング画面で手続き、実行

▼OMC Plusのログイン画面(以下すべてPC。アプリもあるようです)

▼ログイン後画面「ご入金受付」をクリックすると「入金受付~」が出てきます。

▼その後「全額入金」をクリックすると以下の画面へ。

自分の場合現在キャッシング残高がないためショッピングで出ていますが、キャッシングも同様。利息・手数料にいくばくかの金額の表示があるはずです。全額入金なので入金額を入力する必要はなく、そのまま「申し込み」。

▼金融機関を選んで、「決定する」

この後は金融機関側のサイトで手続きをします。

PC等の画面に書かれた説明通りにやっていけば、そう難しいことはありません。注意事項としては、繰上返済できるようになるまで1週間程度かかったこと(自分の場合)、そしてなぜか繰上返済の履歴が明細に出てこないということ。海外でキャッシングしたら速攻で繰上返済手続きをしたいところだったのですが、ペイジーの画面に「返済額」として出てくるのにタイムラグがあるようです。なので、利息をゼロにすることはできなさそうですね。

あと、ペイジーに対応している金融機関と利用時間は限られています。

全ての労働金庫が利用可。

これらの金融機関でインターネット/モバイル口座を利用できる場合に限られていて、ざっと見たら、あれ?いわゆる「ネット専業銀行」がほとんどない?ことにお気づきでしょう。私は市中銀行をほとんど利用しないので、困りました。仕方なく、休眠口座状態の楽天銀行を引っ張り出した…という経緯があります。

「セディナカードJiyu!da!」入会キャンペーン(公式)

セディナでは2018年9月1日から2019年2月28日まで新規入会キャンペーンを実施、最大で6,000円相当のポイントがプレゼントされることとなりました。もちろんセディナカードJiyu!da!も対象です。ただし、最大6,000円もらうには毎月5万円以上のショッピング利用が必要なので、富裕層でない限りメインカードとして利用する場合限定となってしまいます。

最初の3ヶ月間(9月入会の場合は9~11月)は

  1. 新規入会
  2. キャンペーンエントリー
  3. 入会キャンペーン(200P
  4. カードショッピング1万円以上(500P
  5. リボコース5万円以下の登録(300P)
  6. 3ヶ月連続で5万円/月以上利用(2,000P)

4~6ヶ月目(9月入会の場合は12~2月)は

  1. カードショッピング1回(200P
  2. カードショッピング3万円以上(500P)
  3. 3ヶ月連続で5万円/月以上利用(2,300P)

赤字が確実に拾っておきたい400円、青字ができれば拾っておきたい800円、あとは必要に応じてと言った感じでしょうか。青字までは、キャンペーンにエントリーして最初の3ヶ月で1万円(税込)以上利用、4~6ヶ月の間にコンビニとかで少額のカード利用で1,200円。メインカードとして利用しなくても、これくらいならいけるだろうという例です。

それでも、なんだ普通で1,200円~最大6,000円か…あまりおいしくないなあと思ったアナタ。実は、セディナカードJiyu!da!には公式には書かれていないポイント獲得方法があって、非公式の方が獲得できるポイントが多く9,000円(期間限定)、しかも獲得条件がユルいとしたら食指は動きませんか?

私がセディナカードJiyu!da!を発行したのは2018年6月だったのですが、発行理由は繰上返済の便利さとは別に、期間限定キャンペーンで9,000円をもらえるのがとても魅力だったからなのです!

セディナカードJiyu!da!を申し込んだときの記事

期間限定なので記事を書いたときには終わってしまっていてバツが悪い思いをしたのですが、9月になって期間限定キャンペーンが復活!

「期間限定キャンペーン」「非公式」とかいったい何?もったいぶってしまったようで申し訳ありません。それはポイントサイト『ハピタス経由で申し込むことなのです!

「セディナカードJiyu!da!」入会キャンペーン(非公式)

ポイントサイト『ハピタスで実施しているキャンペーン画面(スクリーンショット)です。

ポイントサイト経由で買い物したりクレジットカードを発行すれば広告主からポイントサイトへ支払われる広告宣伝費の一部がユーザーに還元される仕組み。ショッピングやクレジットカードを発行に際しては、「ポイントサイト経由で利用等する」いわゆるポイ活が盛んになっています。と言うか、私も2年以上ポイ活をやって、使い切れないほどのポイント(お小遣い)を貯めてきました。
もちろんセディナカードJiyu!da!もポイント還元対象で、通常であれば1,000円(1ポイント=1円)還元のところ、何と9,000円還元!年会費無料なので、投資ゼロ、ポイントサイト経由とひと手間かけるだけで9,000円リターンとオイシイ広告案件と評価されています。

ただ、ポイントサイト側も無条件に9,000円をあげるというわけではなく、いわゆるキャッシュバック条件として以下を定めています。

  • 9/6正午までの期間限定
  • 350人限定(現在250人程度残)
  • 10月末までに5,000円(税込)以上のショッピング利用
  • (株)セディナ発行のカードを初めて申込

まずは、期間・人数限定と言うことです。現在チェックしたところ残りがあと250人程度だったので、100人程度は申込済ですね。

10月末までに5,000円以上のショッピング利用が必要なので、海外キャッシング専用と割り切って使う場合であっても、カードが届いたら早速5,000円分使っておきましょう。使うのが早ければ早いほどポイント還元が早まる可能性があるからです。(早まるかどうかはわかりませんが、遅くなればなるほどポイント還元時期が遅くなることは確実です)利用額キッカリ5,000円であれば5,000円コースのリボ払いでも利息は発生しませんが、念のため支払設定額を増額しておきましょう。

あと、過去に以下のカードを発行済みの場合はポイント加算の対象外となる場合があるとのこと。

セディナカード、セディナカードJiyu!da!、セディナカードクラシック、セディナカードファースト、セディナゴールドカード、OMCカード

「場合がある」とあいまい表現になっているのが気になりますが、念のため。

6月に発行したと書きましたが、私の時も5,000円以上利用と言う条件(当時は翌月10日迄。今は翌月末迄と緩くなってます)でショッピングし、7月下旬に9,000ポイントが加算されました。

余談ですが、ポイントサイト『ハピタスは、玉石混交数あるポイントサイトの中で初心者向けとして最もふさわしいサイトであることで知られています。その理由を別の記事で解説していますが、

ハピタスが初心者向けとして最もふさわしい理由を徹底解説!

要は、「初心者が利用しやすいよう説明が懇切丁寧で、カスタマーサポートの対応が総じて素晴らしい」ということ。私も、最初に利用したサイトはハピタス。これが怪しいポイントサイトだと「難癖付けてポイント還元しないのではないか…?」と疑心暗鬼になるところ、ハピタスに関してはそのような心配をする必要はないし、実際したこともありません。トラブルになっているのを見たこともありません。

まとめ

海外旅行で現地通貨への換え方に悩まなくなるセディナカードJiyu!da!。海外旅行へ出かける家庭でも個人でも最低1枚は必須と言えましょう。海外キャッシング手数料を削減するためだけなら他の「セディナカード」「セディナゴールドカード」等でも良いのですが、前者はポイントサイト経由でもらえるポイントが少ない、後者は年会費がかかってしまう…と一長一短あり、年会費無料で結構なポイントをもらえるセディナカードJiyu!da!が我が家にはベストと判断しました。9,000円に目がくらんで夫婦それぞれで発行しましたが(笑)、年会費永年無料なので2枚あっても全く差支えがありません。むしろ18,000円ゲットと濡れ手に粟?状態です。
このように、せっかく発行するのであれば、ポイントサイトのキャンペーンも活用してお得に入会して、海外でもお得に現地通貨へ換えるようにすれば、海外旅行で自由に使えるお金がグっと増えます。海外旅行をお得に、どうぞこの機会にハピタス(Hapitas)で申し込みましょう!

\登録はこちらから!/
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
 

貯めたポイントは、航空会社のマイルに換えるともっとお得になります!

ポイントをお得にマイルへ換える特殊な方法を完全解説!

\特殊な方法で貯めたマイル達/




ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

ありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください