マルタ国際空港ラウンジ『La Valette Club』意外と良かったので特別レポート

意外と良かったマルタ国際空港ラウンジ『La Valette Club』

2018年9月のマルタ旅行から日本へ帰国する際、マルタの玄関口のルア・マルタ国際空港で『La Valette Club』というラウンジを利用しました。ルア・マルタ国際空港は小さな空港と言うこともあって、ラウンジには全く期待していなかったのですが意外と良かったので特別にレポートしようと思います。

オシャレなインビテーション

今回は、トルコ航空のビジネスクラスを利用。マルタ⇒イスタンブール⇒ソウル仁川⇒福岡と乗り継ぎが多いので荷物を預けて身軽になります。帰るだけなので、万が一ロスバケしても困りませんし。

ビジネスクラス利用と言うことで、チェックイン時にインビテーション(招待チケット)をいただきます。


▲オシャレでどこかの会員制高級クラブに入れる招待状かと思ってしまうほど。

『La Valette Club』と言う名前から、特定のアライアンス専用ではなさそうですね。冒頭に書いた通り、まったく期待していなかったこともあって事前調査を全くやっておりませんでした…

空港ラウンジ『La Valette Club』への行き方

保安検査後、非シェンゲン用出国審査場前(要は免税店エリア)にあります。ただし、免税店や搭乗口のある1Fにはありません。

エレベーターで3Fへ上がります。エレベーターがわかりづらい所にあるので、少し迷うかもしれません。エレベーターを出ると目の前が受付となります。

受付でインビテーションを渡します。「搭乗案内はありません。」と伝えられます。

『La Valette Club』を利用できるエアラインは、

  • エア・マルタ
  • アリタリア航空
  • ルフトハンザ・ドイツ航空
  • エミレーツ航空
  • ブリティッシュエアウェイズ
  • ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)
  • スイス航空
  • フィンエア
  • チェコ航空

たぶん2ページ目(他エアライン)もあるのかな?ちなみに、ココではプライオリティパスも利用できるようです。一方、エコノミークラスを利用するスタアラゴールド会員とかが利用できるかは不明です。

スポンサーリンク

空港ラウンジ『La Valette Club』室内の様子

オシャレで清潔、手抜きがなくよく作りこまれている感じがします。


▲このチェアがお気に入り。


▲ApplePCとスクリーンショットもオシャレ。

TOKYOの時間が表示されているのも嬉しいのですが、帰国前と言うこともあって、現実に引き戻される感が少し(笑)。

そして、こちらのラウンジの特長としては、外にもテラス席があるということなのです。

ココだけ喫煙できるんだっけな?よく覚えてないけどタバコの臭いの記憶が残っているので…喫煙できるところがどこかにあったはずなので、喫煙者の方は確認してください。


▲滑走路が目の前にあるので、展望デッキも兼ねてます。

飛行機が好きな方は、ソファに座ってコーヒーを飲みながら離着陸を眺めてはいかがでしょうか。しかし、かなり暑かったので昼間は覚悟が必要かも。

空港ラウンジ『La Valette Club』飲食の様子

朝食の時間帯ですが…

飲み物は充実しています。

今見たらハムがおいしそうッスね…しかし、当時は直前に「ル メリディアンホテル」で朝食をガッツリいってしまったので、食べ物を受け付けられる状況にはなく…

空港ラウンジ『La Valette Club』その他設備

日本のA型コンセントは使えないようなので、変換プラグが必要のようです。あと、全席にコンセントがあるわけではないので、探す必要があります。上で紹介したチェアなら後ろに差込口があります。


▲手前にあるのはiPadでした。

無料Wi-Fiがつながっているので、ネット環境に関して心配する必要はありません。ただ、サクサクとまではいかなかったような…と言うか、マルタが全体として速度が遅い印象を持ったのですが、気のせいでしょうか。

まとめるほど記事が長くないのでここで感想を書きますが、物凄く居心地が良いラウンジで、大変好印象でした。個別のラウンジレポートはあまり書かないのですが、印象が良かったこと・場所が場所だけに行く人もあまりいないだろうということで当記事を残した次第です。

マルタからビジネスクラスで移動する方は、お楽しみに。

ラウンジ利用に際しての留意事項など

スポンサーリンク

シャワー設備がない

化粧室はきれいなのがある一方、シャワーはありません。観光後に夕方便を利用する場合などは、そのつもりで…

出国手続きは余裕を持って

非シェンゲン用出国審査場の手前にある」ので、出国手続きが必要な場合は時間に余裕を持ってラウンジを出た方が良いということです。かく言う私が「出国審査」をうっかり失念して、居心地の良さに搭乗開始時間になってからラウンジを出たら出国審査場が長蛇の列、危うく乗り遅れそうになったという苦い思い出から備忘的に記したものです。

1年半前に乗継先のイスタンブールで1時間時差を勘違いした結果、カイロへ行く飛行機に乗り遅れてしまいさんざんな目にあったことを思い出し、再び乗り遅れか…と冷汗をかきっぱなしでした。

ANA国際線特典航空券でうっかり乗り遅れてしまった場合の予約変更方法

こんな経験もこんな↑記事を書くのも二度とごめんだ!と思っていたのに。

結局乗れたので結果オーライですが、最後の搭乗客になってしまいました。

ただし、シェンゲン区域内のフライト利用(パリ等)の場合は、上記の心配をする必要はございません。

参考記事等

ラウンジ運営企業のサイト

利用時間は最大3時間と記載されてます。

マルタへのビジネスクラス特典航空券を発券!
特殊な方法でマイルを貯める!

平民の自分がどのようにしてビジネスクラスのチケットを手に入れたかを書いてます。

 

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

ありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください