【今年最大級】初年度年会費無料のクレジットカードをポイントサイト経由で発行するだけで20,000円もらえる!しかも2年目以降年会費も激安<ライフメディア・モッピー> 即決で申込

今年最大級のクレジットカード広告出現!

な、なんと…私が知る限り、今年最も条件が良いクレジットカード広告案件が出現しました!

  • 発行するだけで最大20,000円ゲット!
  • 初年度年会費無料
  • 年会費がたったの1,250円+税

何がすごくて今年最大級かって、年会費1,250円+税と言うリーズナブルなカード×20,000円ゲットのレアな組み合わせ。初年度年会費無料で高額ゲットの案件はたまに見かけるのですが、そういうカードは通常の年会費(2年目以降年会費)が1万円とか35,000円とか結構な金額となるもの。しかし、このカードは2年目に入る前に解約し忘れたとしても、全くと言ってほど痛くない…ローリスクと言う表現が最も似合う広告利用とはこのこと。

とあるポイントサイトで偶然見かけ、そのまま即決で申込手続きしてしまったほど魅力的なそのカードとは…

三井住友ビジネスカード for Owners

いわゆる、「ビジネスカード」と言って法人に対して発行されるクレジットカードです。ただ、個人事業主(自営業)でも発行でき、以下の理由で敷居は低いです。

  • 登記簿謄本・決算書不要!
  • スタートアップ企業にも!

要は、登記や決算・確定申告等の事業を営む証拠書類が不要なため、開業届を提出してなくても「俺(わたし)は個人事業主だ!」と言い張って運転免許証の写しさえ提出すれば発行されるカードと言うことになります。私は開業届を提出して文筆業を営み、確定申告(青色申告)している個人事業主でもありますが、そうでなくても例えばヤフオクなど個人売買の取引を普段使いの預金口座とは別に管理、仕入れや支出分をクレジットカードで決済したい…と言った極めて私的に近い目的でも事実上発行できる可能性があるということです。

今はちょっとした小遣い稼ぎ程度であっても、ふとしたきっかけで儲かってしまい節税等の目的で「業」とし得る可能性がある取引に関しては、普段使いの口座と別管理することをおすすめします。そういった観点から、小遣い稼ぎ程度であっても可能性があると思ったら、今からでも決済手段として個人(事業主)用ビジネスカードを持てるのであれば持っておくとよいと個人的には考えます。普段使い口座一本ででどんぶり管理すると、後々仕分けや管理が面倒になります。身をもって思い知ったので。

ただ口座の分別管理は他の個人用クレジットカードでも代用できないことはないですし、支出(決済)一辺倒で収入管理をする予定が全くなく、また今後も見込まれない場合は無用の長物となります。あくまでもビジネスカードと言うことで、万人にとっておススメできるカードではないということを念のためお断りしておきましょう。

このビジネスカードの発行で20,000円もらうには、公式サイトからではなくキャンペーンを実施しているポイントサイトを経由して発行申込を行う必要がございます。星の数ほどあるポイントサイトですが、どのサイトがお得なのでしょうか?

  • キャンペーン実施中か
  • 運営会社として信頼できるか
  • ユーザに嬉しい独自のポイント交換スキームがあるか

の観点から、自分が実際に利用しておススメできる2サイトとキャンペーン適用条件を紹介します。

高還元!ノジ活もできる『ライフメディア』

ライフメディアの特長『ノジ活』とは

家電大手・東証一部上場企業「ノジマ」を親会社に持つライフメディア。特にガジェット等家電好きな人向け。

こちらのポイントサイトでは、通常4,750P(4,750円相当)のところ、なんと4.2倍の20,000P(20,000円相当)のポイントをゲットできるのです!

ノジマを親会社に持ち資本が盤石なこの会社の特長は、ノジマ各店で利用できるノジマスーパーポイントと言うポイントに1.5倍のレートで交換できるということです。上のスクリーンショットに表現される通り、20,000Pが30,000ノジマスーパーポイントとなり、30,000円相当の家電を購入できることに。言い方を変えると、すべての家電製品を33.3%引きで購入できることになります。

\Let’s ノジ活?/
ライフメディアへ無料登録

ライフメディアの安全性を過去に検証しているので、「ポイントサイト?怪しくない?」と思っている方は、こちらの記事もご覧いただければ。

ライフメディアの危険性・安全性を分析評価した結果

なお、ノジマスーパーポイントはノジマオンラインポイントと言う、ネット通販サイト「ノジマオンライン」で利用できるポイントへも即時交換できるので、ノジマの店舗が近くになくても全く問題ありません。実際、ノジマの店舗が近くにない私は「ノジマオンラインポイント」に交換して利用しています。(ノジマスーパーポイントとノジマオンラインポイントは別物です。統合すればよいと思うのですが…)

さらに言うと、ライフメディア経由でノジマオンラインを利用すると買い物した金額の1%が還元、そしてノジマオンラインポイントを利用した購入でも還元対象となるので、実質割引はさらに拡大!とても美味しいですね。

このようにお得に家電製品を購入するポイント活動のことを、「ノジ活」と言います。150%のレートなんて他のポイントサイトではあり得ない交換スキームで、ノジマの子会社だからこそ出来る芸当と言えましょう。「ノジ活」について、詳しくは以下の記事で解説しています。

君は「ノジ活」を知っているか?~ストレスフリーな家電生活のためのポイ活~

上記記事はブログコンテストで入賞した記事でもありますので、何らかの参考程度にはなると思います。

ブログコンテスト結果発表!

高還元だったこと、そして2018年8月に別のビジネスカードを発行して当月中に20,000円を還元してくれたと言う実績を信頼して、私はライフメディア経由で「三井住友ビジネスカード for Owners クラシック」(2年目以降年会費1,250円+税)の発行申込手続きを行いました。


▲申込翌日(10/3夕方に確認したら予定明細がUPされてました)

ポイントゲットの条件

ポイントゲットの条件は以下の通り。

【キャンペーン応募対象者】
初めての券種で「三井住友ビジネスカード for Owners」のお申し込みをされる方
【対象券種】
クラシック
・ゴールド
【必ずお読みください】
アップグレードのお申し込みもポイント付与の対象となります。
【ポイント付与NG条件】
以下の場合は、ポイント付与の対象外となります。
・虚偽、重複、いたずら、不正と判断される場合
・同一カードをすでに保有している場合
・カード発行に至らない場合
・対象券種以外のお申し込み

「初めての券種」の言い回しがややこしいのですが、他サイトの条件等も含めて鑑みるに、

  • 既に三井住友カード株式会社が発行する他カードを持ってても「三井住友ビジネスカード for Owners」の申込が初めてであれば、クラシック・ゴールドに関わらず対象
  • クラシックカードを持っていてもゴールドカードへグレードアップする場合も対象
  • 「プラチナ」券種は対象外

と言うことで、少なくとも「三井住友ビジネスカード for Owners」の存在を知らなかった人が気にする必要はなさそうです。ただ、カードブランドに関しては「マスターカードの申込は対象外」と記載があったポイントサイトもあったので、特段こだわりがない限りVISAカードを選択するのが無難と思います。申込手続の最後の方で選択するようになってます。

ゴールドは年会費10,000円+税ですが、初年度に解約する可能性があればこちらで申し込んでもOKです。ちなみに、私の場合は事業費決済で2年目以降も利用する可能性が高いため、年会費が安いクラシックを申し込んだ次第です。

発行申込手続について

個人カードの手続きとはちょっと異なり悩むのは、以下2点でしょう。

  • 属性
  • 決済(引き落とし)口座

属性に関しては、社畜(会社員)でもあり個人事業主である場合などは「自営業(個人事業主)」で申し込むか「勤め人」で申し込むかが悩みどころ。特に、収入がなかったり赤字だったり雀の涙ほどの収入だったりする場合、自営業で申し込むと審査落ちするのではないか…という不安が付きまとうことでしょう。

それに関しては、個人事業主として食べていけるどころか雀の涙の収入しかない私が同じ三井住友カードの「SBS Executive Business Card gold」というビジネスゴールドカードを社畜の属性を入力せず「自営業(個人事業主)」だけで申し込んだら難なく審査が通ったので、個人事業主としての収入の多寡は気にしなくてもよろしいでしょう。実際、審査書類として運転免許証しか送らなかったので、確認すらされていません。開業間もない場合など、事業が軌道に乗る前は赤字決算の個人事業主も多いでしょうし、業績よりも個人の属性が重視されているのでしょう。

⇒SBS Executive Business Card goldで24,000円ゲット!審査状況報告

しかし、今回は人柱として「社畜(会社員)」の属性で申込、その他の職業(副業)として自営業…と言う形で申し込んでみました。

ライフメディアの条件としては、「SBS Executive Business Card gold」と違って個人事業主での申込と言う条件がなかったため、敢えて社畜メイン・個人事業主サブという形で申し込んで見ました。顛末は追ってご報告しますが、どうしても社畜メインで申し込みたい方以外は、自営業(個人事業主)で申し込むのが無難と思います。

取引目的で「事業費決済」にチェックが入ってるので問題ないだろうと思っているのですが、果たして吉と出るか凶とでるか。(最初から生計費・事業費両方にチェックが入ってて、こちらでは修正できないようになってました)

決済口座に関しては、個人事業主用の口座がベストですが、現時点で口座開設していない場合は普段使いしてる個人口座でも構いません。特段屋号などの記入を求められないので、問題ありません。屋号は持ってない私は、個人名義の口座を登録しています。

カード会社のキャンペーンについて

このように最大12,000円分のギフトカードをもらえるキャンペーンをやってますが、その1に関しては「ゴールド9,000円・クラシック2,000円」となってるので、クラシックを申し込んだ自分としては全く食指が動きません。

一方、20万円の利用予定が有る場合は、9,000円分のギフトカードをもらうためにゴールドを申し込むという手もあるかもしれませんね。

その2・その3は申込時にリボ払いと電子マネーの登録・設定を済ませる必要があり、一旦申し込んだ後に登録等をしても適用外となることに注意。ただ、それぞれ20万円利用で2,000円分だったり1,000円分だったりなのであまりメリットはないかもしれません。私は、その1~その3まで完全無視…

10/1時点で既にランキング2位になっている!やっぱり大人気のようです。

1位の40,000円(不動産投資面談)に関しては、1年前にやったので体験談を記事にしています。

不動産投資面談するだけで確実にキャッシュバックされる方法!<ポイントサイト経由 不動産投資面談体験記>

当時の還元額は2万円だったのですが、今や2倍にインフレしているのですね…条件も変わっているのかもしれないので、興味がある方は最新条件も確認するようにしてくださいね。

一撃でJALマイルが貯まる『モッピー』

JALマイルキャンペーンを無期限で実施中のモッピーとは

東証一部上場、業績も株価も絶好調な会社「セレス」が運営するモッピー。こちらは飛行機・旅行好きな陸マイラー向け。海外旅行をライフワークとする私もポイントサイトを利用してマイルをガンガン貯めていますが、モッピーはその中心と位置付けているポイントサイトです。

15,000P(15,000円相当)と還元額こそライフメディアに劣りますが、ポイント活動を続けていくうちに実質80%のレートでJALのマイルに交換できるので、旅行や帰省等で飛行機を利用する機会があれば、モッピーを利用したほうがお得になります。

\Let’s 陸マイラー!/モッピー!お金がたまるポイントサイト

と言うのも、一般的には1マイル=2円と換算されることが多いので、交換レート80%で価値を計算した場合は15,000P×0.8×2=24,000円相当と化けるからです。特にノジマスーパーポイントへの交換に興味がなければ、ライフメディアの20,000円相当よりもお得と言うことですね。ライフメディアの20,000Pも特殊な方法で14,000~16,000程度のANAマイルに交換できるのですが、ちょっと手間も時間もかかります。

モッピーのJALマイルキャンペーンは以下記事で解説しています。

【2018年9月~無期限】JALマイルが爆発的に貯まる唯一のポイントサイトとは?

従来からの読者の皆様は既にご存知の内容ですが…キャンペーン条件の一つとして「月間利用ポイントが15,000P以上」と言うのがあるのですが、「三井住友ビジネスカード for Owners」を利用すれば一撃で条件達成と言う陸マイラー的にはものすごくオイシイ広告となります。

POINT GETの条件

【獲得条件】
カード発行
対象カード:クラシック、ゴールド、プラチナ

※初めて「三井住友ビジネスカード」に申込みされる方のみ対象
※既に他の三井住友カードをお持ちの方でも、対象カードの申込が初めてであれば対象となります。

【獲得対象外】
※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・キャンセル
カード発行に至らない場合

ライフメディアと概ね同様なのですが、「プラチナ」もポイント対象となっています。アップグレードが対象になるかどうかは文面では確認できず。(初めて「三井住友ビジネスカード」との記載で対象外のように読めてしまいます)

あと、ポイント加算時期が30日前後と、ライフメディア(90日前後)よりも早いこともメリットと言えましょう。早めに飛行機を確保しておきたい場合などはポイント加算時期がカギとなります。

まとめ

2サイトとも当サイトが自信を持っておススメできるサイトです。そして、私はライフメディアにするかモッピーにするか迷いました。旅行も好きだけど、家電も好きと言うことで…

ビジネスカード申込を予定している皆様は、お好きな方でどうぞ。どちらで申し込んでも超絶お得なことには変わりません。

サイトライフメディアモッピー
特長家電全部33.3%引実質80%のレートでJALマイル
還元額20,000円相当15,000円相当

高額還元キャンペーン期間がいつまでかは明らかになっておりません。申込を決めている場合はお早めに!

 

\Let’s ノジ活!/
ライフメディアへ無料登録

\Let’s 陸マイラー!/モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

【追記】10/3夜に各ポイントサイトで広告を確認しようとしたら、広告自体がなくなってました…何があったのでしょうか。ココまでお読みくださったのに申し訳ありません。また出てくるかもしれないので、様子を見ましょう。

 

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

ありがとうございました。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください