【2018年5月まで】JALマイルが爆発的に貯まる唯一のポイントサイトとは?

ポイントサイト『モッピー』1強の時代に

2018年4月1日より、各種ポイントサイトを利用した裏技を駆使してANAマイルやJALマイルを爆発的に貯める陸マイラーを取り巻く情勢が一変しました。否、シンプルになったと言ってよいでしょう。

モッピー1強の時代」に突入です。

慣れている方はともかく、ポイントサイトにあまり慣れていない方や初心者の方は、当面の間、他のサイトへ目移りする必要がなくなったのです。

モッピー1強の時代となった背景等

マイル交換キャンペーン実施サイトとして唯一残った

3月一杯で他サイトが軒並みキャンペーンが終了した中、モッピーに限っては3月中に「4月以降もキャンペーンを継続実施」と公表しています。

交換P(円)通常キャンペーン
12,000P4,000マイル6,000マイル+4,500P

ザックリ簡単に説明すれば、12,000円がJAL国内線航空券(6,000マイル)に化け、さらに4,500円もらえてしまうということです。もちろん、4,500Pをマイルに再交換してもOKです。

「ソラチカルート」が閉鎖した結果、相対的な地位が向上

ANAマイルを爆発的に貯める手段として「ソラチカルート」と言うのがあったのですが、2018年3月31日をもって封鎖となりました。

総合評価は「モッピー×JALマイルキャンペーン」が最高

「各種ポイントサイトを利用した裏技を駆使してANAマイルを爆発的に貯める方法」と言うのはほかにもいくつかあり、下の表はこれらを比較、総合評価が高い順に並べたものです。ここで言う「ルート」と言うのは、ポイントサイトからマイルへ交換するのに経由しなくてはならないサイト等のことです。

サイトマイルルートレート交換期間
モッピーJALなし80%翌旬
ANAnimoca70%約10日後
その他翌月11日
モッピー他LINE81%4ヶ月後?
ソラチカ90%2ヶ月~

以下、総合評価の考え方を説明しましょう。(点数にはしてませんが)

【評価項目1】マイレージプログラム

ソラチカルートを利用しているANA陸マイラーの増加等により、ANAでの特典航空券確保が困難になっています。また、国内線特典航空券ではANAよりJALのほうが使い勝手がよく、JALマイルを貯められるモッピーが最高得点という結果になりました。

国内線特典航空券 ANAとJALどっちのマイルを使うのがお得?

【評価項目2】交換ルート

ポイントサイトで稼いだポイントをマイルへ直接交換できるのはモッピーだけです。他は、途中にクレジットカードのポイントや他のポイントサイトを中継、都度交換手続きを行わなければならず、正直面倒です。ちなみに次点が2サイト(PeX等、nimoca)のnimocaルート、最低点が2~5サイトのLINEルートです。いずれも複数のサイトを経由することになります。モッピーはゼロ。評価点の差は歴然ですね。

【評価項目3】交換レート

モッピーの80%とは実質7,500P(12,000-4,500)で6,000マイルへ交換できるというキャッチフレーズで、80%きっかりというわけではございません。LINEが1番、nimocaとモッピーが次点という感じでしょうか。

10%程度のレンジなので、他の評価項目に比べたら点数差はつかないですね。

【評価項目4】交換期間

私が最重要視する評価項目で、福岡・大名小学校跡地開発民間事業者公募における「ホテル」位重要だと思っているものです。

モッピーは、上旬に交換手続きしたポイントは下旬の早い段階で、下旬に交換手続きしたポイントは翌月上旬の早い段階でJALマイルとして加算(私の交換実績による)。早ければ数日、遅くても2週間以内にはマイル加算されるという超速スケジュールなのです。

「時は金なり」。半月後の10,000マイルと数ヶ月後の10,000マイルは決して同じ価値ではありませんから、マイルへ交換できるのは早ければ早いに越したことはないのです。数ヶ月の間に、希望の日程で特典航空券を確保できなくなってしまいますよ?

実証実験の結果、nimocaルートも意外と早くANAマイルへ交換できることが分かったので、次点との差はそれほどありません。

現時点でモッピーを推奨する理由

他のルートでANAマイルも貯められる

先ほどの表を再掲。

サイトマイルルートレート交換期間
モッピーJAL直接80%翌旬
ANAnimoca70%約10日後
その他翌月11日
モッピー他LINE81%4ヶ月後?
ソラチカ90%2ヶ月~

JALマイルキャンペーンを利用しなくても、ほかのルートでマイルを貯められます。nimocaルートに関しては、「モッピー→Gポイント(7日程度)→nimoca(翌日)→ANAマイル(翌日)」となるため、Gポイントの代わりにPeX(翌月10日)を利用する他サイトよりも早くANAマイルに交換できるというメリットがあります。

モッピー運営会社そのもののメリットが大きい

2017年6~12月にかけて、モッピーに関して以下のような記事を執筆しました。

陸マイラー・ポイントサイト界が新時代『モッピー×JAL』期に突入!その5つの理由とは
眠れる獅子モッピーが本気を出したことで、陸マイラー情勢に大きな変化が起こるかもしれないと思った
非公開: 『モッピー×JALマイルキャンペーンを12月以降も継続実施』は陸マイラーがモッピー運営会社の経営に与えた影響が原因か?

その後ソラチカルートが予想よりも早く封鎖されたり、予想していたほどモッピーに流れない保守層が厚かったり、決して先見の明があったとは言えないまでも、一部上場尚且つ体力があり業績も好調な株式会社セレス(モッピーの運営会社)が残り、結果的にモッピーの時代になるだろうという予想は4/1時点では当たっているようです。

こう書きながら、ほかのサイトがキャンペーンを張ってくれることも期待しているんですけどね(笑)。

いずれにしても、楽して稼ぐにはまずは「モッピー」から入るのがシンプルかつ確実、安心・安全な方法と言えましょう。

モッピー×JALマイルキャンペーンについて

重要な内容なので、まずはキャンペーン特設サイトから引用します。

 

キャンペーン概要

2018年4月1日(日)~2018年5月31日(木)の期間中、通常3P=1マイルのJALのマイルへの交換が、2P=1マイルで可能となります。
また12,000Pの交換申請をされた方を対象に、スカイボーナス(※)を付与いたします。

キャンペーン期間中のJALのマイルへのポイント交換について

キャンペーン期間中は、以下4種類の交換ポイントでの提供とさせていただきます。
・1,000P ⇒ 500マイル
・3,000P ⇒ 1,500マイル
・6,000P ⇒ 3,000マイル
・12,000P ⇒ 6,000マイル【+4,500Pスカイボーナス】

※スカイボーナスについて

4,500P【実質80%の還元レート】
・12,000Pを交換申請し、かつ各月に利用した広告の合計ポイント数が12,000P以上の方が対象となります。
・ポイント予定明細、及び確定明細に反映されたポイントのみ対象となります。
・ポイント予定反映「なし」の広告を利用された場合は、対象月にポイント確定明細に反映されれば対象となります。
・対象月以前に利用した広告が、4月及び5月中にポイント確定明細に反映されたポイント数は対象外となります。
・12,000Pへの交換回数分、ボーナスを付与いたします。

※付与時期は、1日~15日交換申請分を当月末日に、16日~末日交換申請分を翌月15日までに付与いたします。

<4,500Pスカイボーナス獲得条件>

【合計12,000P分の広告を先に利用】
・4/1~4/30に条件を達成した場合4/30までに12,000P交換申請

【12,000P交換申請を先に利用】
・4/1~4/15に12,000P交換申請した場合 →4/1~4/15に条件を達成
・4/16~4/30に12,000P交換申請した場合→4/16~4/30に条件を達成

※広告を利用=お申込み日となります。
※期間中に利用した広告の合計ポイント数が12,000P以上の方は、期間中の12,000P交換回数分スカイボーナスを受け取ることが可能です。
(例:4/1に2,000Pの広告を利用、4/15に10,000Pの広告を利用し、4月末までに12,000P交換を3回行った場合、スカイボーナス3回分を付与)

※下記広告で獲得したポイントはスカイボーナスの対象外となります。
・コミプラ[1ヶ月22枚プラン] ・コミプラ[1ヶ月520枚プラン] ・コミプラ[1ヶ月140枚プラン]

重要な箇所は筆者が強調しています。

爆発的にJALマイルを貯めるためにすべき第一歩

キャンペーンを上手に利用することが第一ですが、読んだだけではわかりづらいかもしれません。具体例で解説しましょう。

モッピーに登録

当サイトでは「モッピー×不労所得でマイル旅」タイアップ企画を実施中です。

以下バナーからモッピーに入会すると、タイアップ限定特典として入会者へ5001,000円分のモッピーポイントが付与されるというものです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

当サイト限定特典は以下の通りで、最大2,300プレゼント!

特典付与付与条件
11,000P5/31迄に獲得したpointを交換申請
21,000P5/31迄に5,000P以上獲得
3300PポイントウォレットVISAプリペイドを4/3迄に新規申込み、5/31迄に1,000円以上チャージ
合計2,300P合計は特典1~3すべて適用の場合

【キャンペーン期間】 2018年4月1日(日)~2018年4月30日(月)

⇒4/5からの告知ですが、4/1以降当サイトから登録された方はキャンペーン対象となる旨モッピーの担当者から連絡を受けていますので、ご安心を!

【特典付与時期】 2018年6月15日(金)まで

 

三井住友カード「エブリプラス」を申込、発行後5,000円利用

私自身が利用した広告を、参考まで。

各月に利用した広告の合計ポイント数が12,000P以上(4月分)」というキャンペーン条件を満たすため。この広告ならコストゼロ且つ1広告でキャンペーンを満たすので、速攻で申し込んだ次第です。

【特長(主なもの)】

  • 年会費無料で解約忘れでも維持費がかからず
  • 13,000P(13,000円)が早ければ当月内に加算

【ポイント獲得条件】

【獲得条件】
新規カード発行後、5,000円(税込)以上のショッピング利用
対象カード:三井住友VISAカード「エブリプラス」

※初めて「三井住友VISAカード「エブリプラス」にお申込みされる方のみ対象
※新規カード発行から、翌月末までの期間にショッピングで合計税込5,000円以上のカードご利用が確認できた方のみ対象
※申込みから60日以内に発行した方のみ対象

【獲得対象外】
※既に三井住友VISAカード(家族カード、バーチャルカード、ETC専用カード)をお持ちの方
※家族カードの申込み
※不備・不正・虚偽・重複・いたずら・キャンセル

5,000円以上利用が条件となっているので、発行されたら速やかに利用してください。利用時期が早ければ早いほどポイント加算が早まる可能性が高いからです。

なお、本カードは「マイ・ペイすリボ」というリボ払い専用カードとなっています。利用金額が大きいと手数料負けする場合があるので、注意してください。リボ払い設定金額は最低5,000円からとなっているので、5,000円きっかり利用する分には気にしなくても大丈夫です。うっかり多額を利用したとしても、リボ払い設定金額はネット等で簡単に増やすことができるので、心配は無用。(例えば、20,000円利用した場合はリボ払い設定金額を20,000円以上にしておく…など)

「マイ・ペイすリボ」の詳細は→こちら

これだけで、ローリスクで費用かけずに13,000円相当のポイントが手に入るのです。(上の事例だけで言うと、きわめてノーリスクに近いと思います)

このポイントは現金に換えるのもよし、キャンペーンを利用して6,000マイルと5,500Pにし、残り5,500Pを現金5,500円に換えるのもよし。加えて当サイトから新規入会すれば1,000P(1,000円)もプレゼントされるので、6,000Pを追加で3,000マイルに交換して結果9,000マイル+500円でも良いかもしれませんね。

必要に応じ、その他の広告も利用

また他にもいろいろ広告がありますので、必要に応じて申し込んでみてはいかがでしょうか。当サイト内にいろいろな申込体験記があるので、お時間のある時にでもご覧になってください。「12,000P稼ぐ→6,000マイル(2回目以降は7,500P稼ぐ→6,000マイル)」を繰り返せば、かなりJALマイルがたまるようになりますので、海外旅行を目指す方は頑張る価値があるかと思いますよ!

海外旅行をライフワークとする自分は、当然のようにJALマイルへと換えていきました。JALマイルを貯め始めたのもモッピーを利用し始めたのも2017年8月からだったのですが、約半年で24万マイル以上貯めることができたのです!

まとめ

「ポイントサイトで楽に稼いで旅行できる方法とは?」について説明してまいりました。検索等でこの記事を偶然ご覧になってもし興味を持たれたなら、私と一緒にまずは楽な方法『モッピー』で稼いでみませんか?本当に簡単に貯めることができたので、絶対に後悔しないと思いますよ!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

比較のため他の貯め方も書きましたが、「ルート」や「お作法」「他ポイントサイトとの比較」など覚えるのが結構大変なので、慣れてくるまで当面は気にしなくてもOKです。

参考記事(マイルの使い方など)

本記事に関するFAQ集を別記事でまとめてあります。私はもともとANAマイルから貯め始めて後からJALマイルを貯めるようになったので、ANAマイル寄りの内容になっているかもしれません。が、制度の基本的なところは概ねJALも一緒なので、ご安心を。

マイルの貯め方使い方FAQ集

国内線の特典航空券に交換する場合、JALとANAどちらで貯めていけばよいのだろう?という疑問にお答えしています。

マイルで国内線を利用する場合、JAL・ANAどちらで貯めればよいかを解説

国際線の特典航空券に交換する時に必要なマイル数(公式サイトのマイルチャート)

JAL国際線特典航空券 マイル早見表

ANA国際線特典航空券 マイル早見表

JALもANAも同じようなマイル数で、大まかには以下のような感じとなります。

目的地エコノミービジネス
東アジア20,00040,000
東南アジア35,00060,000
ハワイ40,00065,000
北米50,00085,000
欧州55,00090,000
オセアニア45,00075,000

しかし、季節によって上下するし、航空会社がマイル減額キャンペーンを実施することもあります。

予約・発券が見えてきたところで、予約予定日の必要マイルを公式サイトのマイルチャートで確認しましょう。

補足

本記事は、初心者向けに書いたものです。慣れた既存陸マイラーには必ずしも当てはまらない内容で、これまで通り必要に応じてルートもサイトも使い分ければよろしいと思います。(既存陸マイラー向けには、別の観点から記事を書きました。)

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力でございます。最近クリックしてくださる方が増えたおかげで、筆が乗ってる感じです。よろしければ更なるクリックを!もっと筆が乗るかもしれません(笑)

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

コメントを残す