ANAマイルが大量に貯まる『nimocaルート』とは?貯め方全てを完全解説!

nimocaルートのお膝元である福岡在住の利点を生かし、計画していた実地調査等が一通り終わりましたので、この機会に「nimocaルートを利用したANAマイル大量の貯め方」に関して一旦まとめたいと思います。

nimocaルートを利用したANAマイル大量の貯め方とは(概要)

一言で申し上げると、「ポイントサイトの広告利用でガンガン貯めたポイントをnimocaを経由して大量のANAマイルへ交換すること」です。

ポイントは、

  1. 魔法のクレジットカード「ANA VISA nimocaカード」を発行すること
  2. ポイントサイトを利用して費用をかけずにポイントを貯めること

の2点で、これらをベースに、「ANAマイル大量の貯め方」を徹底解説してまいります。ちなみに、nimocaルートそのものを図で解説すると、以下のような感じとなります。

ぱっと見「なんのこっちゃ?」と思われるかもしれませんが、本記事をお読みになった後は「ああ、こう言うことか!」と理解していただけるものと自負しています。

魔法のクレジットカード「ANA VISA nimocaカード」を発行

まず第一に「ANA VISA nimocaカード」を発行しないことには始まりません!魔法のクレジットカードと言われるのには、理由がございます。それは…

各種ポイント⇒マイルへの一般的な交換レートが10ポイント→5マイルなのに対し、ANA VISA nimocaカードはその40%増(70%)で、なんと10ポイント→7マイルでANAマイルへ交換できるからなのです。一般的な交換レートの実に1.4倍!交換レートは、nimoca公式サイトを参照。

センターポイントとは、ココでは「電車・バス等利用により貯まるカードポイント」以外で貯まったポイントと理解しておけば良いです。
具体には、

  • ショッピング等により貯まったnimocaポイント
  • ポイントサイト利用で貯まった各種ポイントのnimocaポイントへの移行分

百聞は一見に如かずということで、私自身のnimocaポイント残高と利用内訳を公開します!

ちなみに、上がポイント交換機の画面で、下がニモカ利用履歴サービスの画面となります。この辺りは最後に触れますね。

ANA VISA nimocaカードは2017年12月に誕生したばかりですが、 手元に10万nimocaポイントあればあっという間に7万マイルに化けるという魔法のクレジットカードであるということが、既に一部では有名になっています。
現在のところ、交換上限ポイントも設定されていません。

本題の発行方法についてですが、ただ発行するだけではいけません。以下ほんのひと手間かけることでマイルがガンガン貯まりますので、利用しない手はありませんね。

  1. ポイントサイト経由での発行で数千マイル獲得!
  2. 誕生記念キャンペーンで数万マイル獲得!

ポイントサイト経由でANA VISA nimocaカードを発行

ポイントサイトに入会登録後に「nimoca」と検索すれば以下のような申込画面が出てくるので、「Pポイントを貯める」をクリックしてください。
そうするとANA VISA nimocaカードの申込画面に推移し、そのまま入会手続きを行うことができます。で、このひと手間だけで2,000pt(2,000円)がポイントバックされるというわけです。上は「ハピタス」の画面ですが、他のポイントサイトでも同様です。
ポイントサイト別還元額一覧(4月17日現在
ポイントサイト還元額
ハピタス2,000円
ECナビ1,500円
ライフメディア1,500円
モッピー1,500円

基本的な還元額は1,500円相当ですが、キャンペーンにより上昇する場合があります。ただ、ANA VISA nimocaカードの場合、カードが誕生した2017年12月からウォッチしているのですが一番高いタイミングでも5,000円程度でした。上のリンクから入会登録できますので、よろしければどうぞ。

ちなみに2,000ポイントは現金2,000円にも交換できますが、1,400マイルへも交換できます。

誕生記念キャンペーンで数万マイル獲得

2017年12月から誕生記念キャンペーンを実施中で、最大3万マイル以上獲得できる!と言う内容になっています。複雑なので別記事にて徹底解説しています。

【ANA VISA nimocaカード】ポイントサイト経由入会キャンペーン復活!九州ANAマイラー感涙のVISAカード(福岡天神発記事)

ただし、キャンペーン期間も終わりに近づいている状況で3万マイル!は極めて困難です。次のキャンペーンを待ってもよいのですが、大抵はオープニングキャンペーンが最も大盤振る舞いするものです。早めに発行して早めにガンガンマイルを貯めていったほうがトータルではお得かなあと思います。

ポイントサイトでマイルの原資を稼ぐ

先ほどの図で言うと、赤く囲った部分の説明となります。

下にあるポイントサイトの広告案件(クレジットカード発行、商品購入、サービス利用等)を利用して獲得したキャッシュバックをANAマイルの財源にする、と言うことです。

ポイントサイト当サイト経由入会特典特長
ハピタス1,000円初心者向けでストレスフリー
ECナビ300円高レートでANAマイルへ交換できるキャンペーンを実施
ライフメディア500円高レートでANAマイルへ交換できるキャンペーンを実施
モッピー2,000円高レートでJALマイルへ交換できるキャンペーンを実施

ポイントサイトの詳しい評価やキャンペーン詳細等は、「特長」のリンクをクリック!

自分自身は他にもいろいろなポイントサイトを使い分けていますが、安全性・キャンペーン有無等の観点から、現時点で特におすすめできるサイトを厳選して紹介しています。

なお、「当サイト経由入会特典」とは、当サイトからのリンクにより入会・登録後一定の期間内(ポイントサイトにもよりますが、おおむね1~2ヶ月程度)にポイントを獲得・交換手続を実施した場合に「限定特典」として皆様にプレゼントされるポイントのことです。各サイトのトップページから直接入会・登録した場合はもらえないプレゼントとなります。「ポイントサイト名」リンク先からそのまま「特典付き」で入会・登録できますので、よろしければどうぞ!

肝心のポイントの稼ぎ方は、当サイト「貯マイル」カテゴリ内に自分自身で稼いだ体験談やノウハウがぎっちり詰まってますので、お時間のある時にご覧になってくださいね。

稼いだポイントをマイルへ交換

先ほどの図で言うと、で囲った部分の説明となります。

貯めたポイントを、特典航空券を予約する月の前月末日までにポイントサイト「PeX」に集約

青で囲った部分の説明となります。どのサイトからも等価交換でPeXポイントへ交換でき、各ポイントサイトからPeXポイントへの交換に要する時間は以下の通りです。

ポイントサイト交換予定日
ECナビ即時
ライフメディア翌営業日中
ハピタス3営業日以内
モッピー1週間

月末を過ぎると、ANAマイルへの交換スケジュールが1ヶ月後ろ倒しになってしまいます。
余裕を持ったスケジュールで交換しましょう。

PeX以外にもGポイントがありますが、Gポイントの場合は集約可能なサイトがモッピーのみと極めて限定されるため、本記事ではシンプルにPeXへと一元化しています。

PeXポイント⇒nimocaポイントへの交換申請を前月末日までに実施すれば、当月10日にはnimocaポイントとして反映

で囲った部分の説明となります。前月末日までにPeXポイントをnimocaポイントへ交換申請を行えば、当月10日にはnimocaポイントとして反映されることを、実証実験で確認済です。このあたり記事にしておりますので、ご確認ください。

【ニモカルート】全容解明!獲得ポイント⇒ANAマイルへの交換スケジュールは最短何日?

ただし、遠方からnimocaポイント交換機へ来られるような場合は、「ポイント交換機に来たのはいいけど、nimocaポイントが加算されていないじゃないか!」等不測のトラブルを避けるため、当月下旬に来られるようなスケジュールを組むとより確実かなと思います。

nimocaポイント交換機にてnimocaポイント⇒ANAマイルへの交換手続を実施

で囲った部分の説明の続きとなります。交換手続きを実施した翌日の夜にはANAマイルの積算が確認されることも、実証実験で確認済です。

【所要日数実績】Gポイント⇒nimocaポイント⇒ANAマイルへの交換手続 実態は?

いずれにしても、nimocaルートにおける「締日」はPeXポイント:毎月末日のみとなります。これだけは覚えておきましょう。あとは、五月雨でもお手すきの時に手続きを行えばよいです。

補足・注意事項など

ポイント交換機の設置場所

nimocaポイントをANAマイルへ交換できるのは、限られた地域にある「nimocaポイント交換機」のみとなります。
よって、nimocaルートを利用できるのは、以下地域にお住まいの方かいつか来られる機会がある方のみとなります。

遠方から来られる方のため、ポイント交換機への行き方と営業時間等を調査済です。
詳しくは上記公共団体名に貼ったリンク先を参照してください。(函館市は未調査)

ニモカ利用履歴照会サービスに登録

ポイント交換機が近くに無い方は、こちらのサービスに登録しておけば、お手持ちのANA VISA nimocaカードにnimocaポイントが加算されているかどうかをオンラインで確認できます。先ほどのこちらですね。

登録にひと手間かかりますが、管理しやすくなるのでやっておきましょう。
具体的な手順は以下の通りです。

近くにポイント交換機がない場合でも、以下の手続きによりnimocaポイント残高を確認出来ます。

  1. 「nimoca利用履歴照会サービス」に申込
  2. 必要書類を郵送
  3. 「ニモカWeb利用履歴照会システム」利用可能に

「nimoca利用履歴照会サービス」に申込

ニモカのサイトで登録しましょう。登録後、「nimocaホームページ利用履歴照会サービス利用申込書」をダウンロードできるようになります。

必要書類を郵送

「nimocaホームページ利用履歴照会サービス利用申込書」に、必要書類(運転免許証等本人確認書類+カード裏面のコピー)を添えて、

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1丁目11番17号 福岡ビル7F 株式会社ニモカ 履歴照会サービス係

宛へ郵送します。カード裏面のコピーは、クレジットnimocaの場合は、nimocaカード番号(NRから始まる17ケタの英数字)が記載されているところ以外は隠してコピーするようにとのことでした。

「ニモカWeb利用履歴照会システム」利用可能に

ニモカ側で作業が終われば、【nimoca利用履歴照会サービスよりお知らせ】という件名のメールが届き、ニモカWeb利用履歴照会システムが利用できるようになったとログインページ(PC版、携帯版)が案内されます。

ログインページで、NRから始まるカード番号と新規登録時に設定したパスワードを入力すると、以下のような画面になり残高確認できるようになります。(携帯版の場合。先ほどの写真はPC版)

正直、ちょっと手続きが面倒だなあと思いましたが、ポイント交換機が近くにない方はこちらでしか確認する術がないはずなので、お時間のある時にでも手続きしておきましょう。郵送の手間があるので、少々時間がかかります。

ポイント交換機を利用できる機会が全くない方へ

生憎来られる予定がないという方も、がっかりする必要はありません。
手間と時間はかかりますが、PeXポイントを別のルートに流して高レートでANAマイルへ交換する別の方法があるからです。

交換ルート交換予定日
1PEX月末迄に手続き
2ワールドポイントプレゼント翌月25日迄
Gポイント即時
LINEポイント2~3日後
3メトロポイント翌月11日迄
4ANAマイル翌日5日前後

月は、最速のスケジュールで交換した場合

これによる交換方法では、交換レートは81%・ANAマイルへの移行上限は18,000マイル/月となります。時間と手間をかけて継続的にコツコツ貯められる方なら、交換レートが高いこちらの方が良いかもしれません。ただし、ANAマイルとして使えるのは数ヶ月後となってしまうことに注意してくださいね。

こちらは、nimocaルートに対抗して「LINEポイントルート」と言われるようです。LINEポイントからメトロポイントへの交換レートが90%、メトロポイントからANAマイルへの交換レートが90%なので、交換レートは0.9×0.9=0.81(81%)となるそうです。

こちらは、「メトロポイントからANAマイルへの交換レートが90%」を引き出すもう一つの魔法のカード「ソラチカカード」が必要となります。

よって、「LINEポイントルート」を検討している方は、ソラチカカードの入会が第一にすべきこととなります。

実は、ソラチカカードも専門領域の一つでありまして。

以下の記事で入会キャンペーンを、公式サイトには掲載していないキャンペーンも含めて徹底解説しています。

【2018年5月版】ソラチカカード『隠れ』キャンペーンで大量ANAマイルをゲットできる方法

この辺りも参考にしていただけば幸いです。

まとめ

本記事は、nimocaのお膝元「福岡」在住の地の利を生かし、2017年12月にANA VISA nimocaカードが誕生してから半年近くかけて調査した結果の集大成であります。

  • nimocaルートとは
  • ANA VISA nimocaカードのお得な申込方法
  • nimocaルートの交換スケジュール
  • 各県内ポイント交換機へのアクセス・営業時間
  • nimocaポイントの管理方法

など、現時点で不明な点は概ね解消できたものと考えています。

nimocaルートのメリットを以下の記事で説明しています。

23万ポイントを一気にANAマイルへ交換した理由!nimocaルート最大のメリットとは?

nimocaルートを利用する方の参考になりますように……

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければ応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

ありがとうございました。

コメントを残す