君は「ノジ活」を知っているか?~ストレスフリーな家電生活のためのポイ活~

記事を書けるほど精通はしていないのであまり触れてこなかったが、密かに「家電」好きである。

ちなみに、家電の中で特に好きなジャンルとしては、

  1. 音響機器(オーディオ、ホームシアター等)
  2. PC、タブレット、スマホ
  3. カー用品
  4. 映像機器(TV、ビデオカメラ等)
  5. TVゲーム

で、上に行けばいくほどこだわりが強い。

物欲はあまりない方だと自負しているけど、家電に限ってはたまに物欲のかたまりとなる時がある。しかし、先立つものがないため、降って湧いた物欲を消化できずに悶々とやり過ごすのを待つばかり。少ない小遣いでは限界、美容家電以外に全く興味がない家内を説得するのは、私にとって相当なハードワークだからだ。
よって、普段は新製品情報など物欲の原因となるような情報から敢えて目を背けながら日々を過ごしていた。

ポイ活

ふとしたきっかけから、「ポイ活」を2年半程度続けている。
「ポイ活」とは、ポイントサイト上にある広告案件を利用し、現金等と同様の価値があるポイントを獲得する活動のことだ。
「ポイ活」には色々な方法があるが、代表的なもので言うと

  • クレジットカードを発行して1万円!
  • 銀行や証券口座を開設して3千円!
  • 保険や不動産投資に関する面談をして3万円!
  • マッサージを受けて6千円!
  • 4千円の商品を購入して購入額の100%をポイントバック!

など。ポイントは現金に交換できるので、1万ポイント=1万円と脳内変換しても全く差し支えない。
特に、上3つは「ポイントサイトを経由して発行」等ひと手間が必要だが、持ち出しが不要なノーリスクミドルリターンの案件であり、(ひと)手間賃を得るためとしてはかなり割が良い活動である。
下2つはサービス利用に対する対価が実質ゼロになるもので、そのサービスを必要としていれば結果的に「タダ」でそのサービスを受けられることができるという仕組みである。

ちなみに、これらはいずれも広告主(クレジットカード発行会社や証券会社等)からの広告宣伝費の一部がポイントサイトを経由してユーザーに還元される仕組みなので、決して汚れたお金ではない。
よって、後ろめたく思う必要は全くないし、むしろ結果的に広告宣伝費の中抜きをしていたTVやネットメディアを恨むべきである。
「ポイ活」は正しい経済活動なのだ、と正々堂々と胸を張ればよい。

私自身のポイ活履歴も記事にしている。その一部を紹介しよう。

クレジットカードを発行して2万円!
コーヒーカプセル購入で26,000円!

これらで得られたポイントは現金ではなく航空会社のマイルに交換してきていた。
旅がライフワーク、週末とかサルのように旅行へ出かける自分にとって、家計を圧迫している
旅行費用の削減が喫緊の課題であり、「有利なレートで航空会社のマイルに交換、特典航空券の利用で移動費をタダにすること」 が課題解決のために一番お得な方法だと思っていたからだ。

ノジ活

そんな中、ポイントサイト『ライフメディア』が物凄い施策を打ち出してきた。
ちょうど1年前くらいだっただろうか。マイル一辺倒だった自分のポイ活を変えてしまうほどの内容で、1ポイント=1.5ノジマスーパーポイントに交換できるというもの。
ノジマスーパーポイントとは家電大手「ノジマ」の店舗で利用できるポイントのことで、1ポイント1円相当。 よって、1ポイント=1.5円の還元率となるのだが…

現金以外にも他社ポイントやギフトコードにも交換できるのだけど、増量キャンペーンなどを実施しない限り、1ポイントが1円を超えることは基本的にない。

ライフメディアのプレスリリースを読んでソレを知ったのだが、目を疑ってしまったほど。
「ノジマ!気が狂ったのか?」と。
ただ、調べていくうちに「ノジマがライフメディアを買収したこと」が判明。
ノジマはライフメディアの親会社だったのだ。 ノジマ側のプレスリリースにも同じことが書いてあったので、何らかの経営判断があったのだろう。

それでもにわかに信じられず、どうせ最初だけの期間限定だろうとライフメディアに問い合わせたら 「期間限定ではなく、制度がある限りは未来永劫続くものである」との回答。

本件については、制度ができたときに詳しく記事にしたので、興味がある方は参照されたい。

【ライフメディア×ノジマ】全電化製品を33.3%割引で買える方法!定価販売のApple・BOSE・Nintendo switch・PS4・中古品さえも

ノジマスーパーポイントは関東を中心とした実店舗でしか利用できないが、「ノジマオンライン」というサイトで利用できるポイント”ノジマオンラインポイント”へ瞬時に交換できるので、実質日本全国で利用できるものと言っても差し支えない。

実際、福岡に住んでいる私も貯めたポイントをノジマオンラインのポイントへ交換して利用している。エジプト旅行で知らぬ間に紛失してしまったBOSEノイズキャンセリングイヤフォンを買い戻したのだけど、ノジマのポイントは、BOSE製品など原則として定価で販売するブランドで利用するのが最も効果的である。
実質33%の割引を受けられることは他のネット通販でも実店舗でもあり得ないからだ。具体的に言うと、ライフメディアの20,000ポイントがあれば30,000円のBOSE製品を購入できるのだ。

更に言うと、20,000ポイントもポイ活によって実質タダで貯められることができるので、実質100%引き・無料とも言える。
普通、BOSEノイズキャンセリングイヤフォンのような高価な品が突然滅失すると相当凹むものだが、あの時凹むことがなかったのは、実質タダで取り替えられた結果となったからである。ポイ活・ノジ活さまさまだ。

あ。ライフメディアで貯めたポイントをノジマスーパーポイントに交換することを「ノジ活」と言うらしい。ノジ活にポイ活が含まれているかもしれないが、ココでは区分。

最近の「ノジ活」は、カラオケマイク「SONY ECM-PCV80U」の購入。

定価販売でなく市場価格で販売されているものでも「ノジ活」が効果的な場合もある。それは比較的安価な家電の購入で、これくらいの価格帯であれば「最も安い店」を血眼になって探す必要もなく、33%引の「ノジ活」が実質最安値であることに疑いはないからだ。ちなみに、このカラオケマイクはAmazonとかよりノジマオンラインの方が数円安かった。

カラオケマイクを購入した背景…というか全くの余談であるが、遠い昔の趣味だったカラオケ熱がふとしたきっかけで再燃、最近はヒトカラでも月1~2回程度カラオケ店へ練習しに行くようになっている。(練習しても成果は全く現れないのは横に置いといて)

そして、ついこないだ自宅のゲーム機等でDAMやJOYSOUNDを店舗に近いレベルで楽しめるようになっていることを知った次第。一人で練習するだけなら、わざわざカラオケ屋へ行く必要ないじゃん!どんだけ世の中便利になったんだ…と老人のようなことをつぶやく。

早速、自宅のPS4でDAMとJOYSOUNDをダウンロード。
わざわざディスクを買う必要もないらしい。ここまで来ると、完全に浦島太郎である。
おためし曲を聞いてみて、その音質に納得(画質はちょっと…だけど本質ではない)。
そこで、マイク環境を整えることにしたわけだ。

ただし、防音対策や遅延対策が必要なので、防音用のマイクカバーと映像・音声分離器を別途購入。

生憎、これらの商品はノジマオンラインにはなかった。
これらの機器により声を出しても外へ漏れる心配もなければ、音声と映像にタイムラグが生じることもなく、ストレスフリーで練習ができるようになったのだった。
練習しても採点の点数が一向に上がらないので遅延対策の意味がなかったような…いや、キーを変えて唄う必要がある曲の出だしで混乱しなくなってきていることに満足している今日この頃である。

ストレスフリーな家電生活を

このように、ポイ活」と「ノジ活」の組み合わせで、ストレスフリーな家電生活を送れるようになっている。
マイルに換える生活はこれからも継続するが、ライフメディアで貯めたポイントに限ってはノジマスーパーポイント(ノジマオンラインポイント)に交換するようにしている。よって、今は

>普段は新製品情報など物欲の原因となるような情報から敢えて目を背けながら日々を過ごしていた。

のように、家電欲を抑える必要がなくなっている。

そんな折、今月初旬にライフメディア経由で発行したSBS Executive Business Card ゴールドの20,000ポイントが通帳に入ってきた。

SBS Executive Business Card ゴールド発行で24,000円もらえた!

20,000ポイントをノジマスーパーポイント・ノジマオンラインポイントに交換すれば、30,000円の家電を購入できる。
初年度年会費無料のクレジットカードを発行するだけでもらえたポイントなので、投資ゼロ、ノーリスクで30,000円が手元に入ったことになる。この30,000ポイントで何を調達しようか、近くのヨドバシカメラを冷やかしている今日この頃である。

現代生活を営む以上、家電とのお付き合いは切っても切り離されない関係にあることは、皆様も重々ご承知のことだと思う。
今は正常に稼働しているテレビやPC、冷蔵庫や洗濯機がいつ故障・紛失してしまうかわからないことも。それは数年後かもしれないし、ひょっとしたら明日かもしれない。
そんな時も「ポイ活」と「ノジ活」があれば憂いなし。
みなさまもストレスフリーな家電生活を送るためにライフメディアを利用してみてはいかがだろうか?

\Let’s ノジ活!/
ライフメディアへ無料登録

ライフメディアの安全性を過去に検証しているので、「ポイントサイト?怪しくない?」と思っている方は、こちらの記事もご覧いただければ。

ライフメディアの危険性・安全性を分析評価した結果

ポイ活とノジ活の泣き所

ただし、「ポイ活」と「ノジ活」も完ぺきではなく、ちょっとした泣き所はある。

  • ポイントの交換に2週間を要すること
  • 有効期限があること

家電というのは、突然欲しくなったり必要に迫られることが多いものだ。
ある製品情報を見て衝動的に欲しくなったり、故障等で急な買い替え等が必要になったりとか。
そんな時、ネット通販ならサイトにアクセスしてポチれば済むのだが、ノジマにポイントがないと2週間のタイムラグが生じてしまう。この季節、エアコンの買い替えが必要になったとして、2週間以上も耐えられるだろうか。

ノジマポイントの有効期限は1年なのだけど、「最後に買い物でポイントを利用してから1年間」となっている。「ポイントとして認識(加算)されてから1年間」ではないのだ。

例えば、

1月1日 +10,000ポイント(交換)
1月2日  -9,000ポイント(利用)
12月15日+20,000ポイント(交換)

と交換した場合、12月15日現在残る21,000ポイントの有効期限はたった半月しかないことになる。
有効期間の始期が1月2日のためだ。もっとも、12月16日に買い物をすればその残りのポイントの有効期限はそこから1年間と延長されるのだが…

うっかりポイントを失効させないためにポイントの交換・利用時期に気を使わなくてはならず、
この2つの泣き所が実は連動しているということが、実際に交換・利用してわかったこと。

実は、カラオケマイクを買わなければ先日ライフメディアポイントから移行したノジマポイントの有効期限が間近であることがわかって、「あぶないあぶない」と冷や汗をかいていたのだった。

このあたり、もう少し融通が利くようにしていただきたいと言うのが、ノジマ・ライフメディアグループへの要望事項である。

何卒、検討をよろしくお願いします。m(__)m

この記事を書いたもう一つの理由

この記事を書いたのは、「ノジ活」の素晴らしさを伝える他に、もう一つ理由があった。

ちょうど、ライフメディアでブログコンテストを実施中。最優秀賞など狙えるタマではないことは自分自身が一番わかっているので、最初は「へぇ~」と他人事だった。が賞を狙うよりももっと有意義な参加方法があると思い直したのだ。

せっかくブログを持っているのだから、コンテストにエントリーさえすれば、要望事項が確実にライフメディアに伝わるはずだ、と。ポイントの交換期間と有効期限の2点に関する要望を伝えたかったのがもう一つの理由だった。

テーマ「わたしのポイ活」に沿っていることが条件なので自分を主語とした多少の作文は必要なのだが、ブログを持っている方は、この機会に要望事項や改善事項を伝えてみてはいかがだろうか。

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければ応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください