【チュニジア】チュニス空港から市内へのアクセスガイド タクシーかバスか

2018年現在のチュニス・カルタゴ国際空港からチュニス中心部(新市街・旧市街・メディナ)方面へのアクセス、行き方を体験記と合わせて紹介します。

日本からチュニジアへの行き方

日本からチュニジアへの直行便はないため、ヨーロッパや中東経由のフライトで向かうのが一般的です。

経由地航空会社運賃搭乗時間
欧州ルフトハンザ、エールフランスなど高め12h+2.5h
中東エミレーツ、カタール、ターキッシュなど安め12h+6h(ターキッシュは3h)

予算と時間どちらを重視するかで航空会社を決めましょう。

予算に余裕がない場合、フライト予約まで時間があるなら航空会社のマイルを貯めて特典航空券を利用するのがおすすめ。日本各地からチュニスまでのエコノミークラスで60,000マイルが必要になるのですが、「陸マイラー」が行っている”とある”方法であれば簡単に貯めることが出来るのです!

【発券済】95,000ANAマイル使ってビジネスクラスでシルバーウィークに地中海巡り!(完了)

▲「とある方法」のおかげで、ビジネスクラスでチュニジアへ行くことが出来ました!

貯めるマイルと使えるマイルの相関関係は下表の通りで、

貯めるマイルマイルを使える航空会社
ANAルフトハンザ、ターキッシュなど
JALエールフランス、エミレーツなど

自分の場合はANAマイルを貯めてターキッシュエアラインズ(トルコ航空)の特典航空券を発券した次第です。

海外旅行が好きな方がマイルを貯めると、旅人生がガラッと変わります!実際私も変わりましたので、チュニス空港から市内へのアクセス方法を確認されたら、だまされたと思ってご一読くださいね。

とある方法

スポンサーリンク

チュニス・カルタゴ国際空港から市内へのアクセス

チュニス・カルタゴ国際空港~市内の距離は8~9km程度と、それほど離れていません。空港~市内を結ぶ鉄道やエアポートバスがあれば便利なのですが、残念ながらありません。タクシー路線バスでアクセスすることになります。

交通運賃時間
タクシー5~10ディナール程度約15分
バス0.5ディナール約30分

タクシー

チュニスのタクシーはメーター制で黄色い車体が特徴、旧宗主国のフランス車(プジョー、シトロエン等)が多かったです。市内であれば、初乗り料金も安く気軽に利用できるのですが、チュニス・カルタゴ国際空港に限っては事情が異なるようです。

要は空港には悪質なタクシーが多く、①メーターを使わず相場の数倍で吹っ掛ける②改造メーターを利用するため結果的に相場の数倍になる、と言うケースが後を絶たないそうです。特に、空港周辺で話しかけてくるドライバーには要注意。

ただ、空港で客待ちしているタクシーは白タクも多いようです。チュニスのタクシーは基本はメーター制なのですが、空港で外国人を狙っているタクシーはでボッたくろうとしたり、異常なスピードでメーターがあがる改造メーターを使ったりするケースが多いようです。要は、空港には悪質なタクシーが多いということです。行く前にネットで調べたのですが、イヤな思いをした人の体験記が後を絶ちません。

そういうのを避けるため、到着階ではなく出発階へ行って人を降ろしたばかりのタクシーを拾ったり、道に出て流しのタクシーを拾うというのが一般的な方法ですが…

チュニス空港の場合、ぼられたとしてもせいぜい1,000円程度なので、適度に交渉して納得した価格で利用しても良いかもしれません。

バス

スポンサーリンク

市バスの35系統・635系統が市内中心部にあるチュニス・マリン駅まで運行しています。

時刻表がないので、ひたすら来るのを待つしかありません。時間に余裕がある方向けですね。

バス停の場所はちょっとわかりづらいので、行き方を写真付で説明しますね。

▼空港出口を左に、写真の道路を直進。

空港の案内図では右側を表示していますが、恐らく古いままになっていると思われます。ご注意を。

▼2分くらい歩くと広い通りに出るので、車に注意して横断。

▼渡ったら左手にバス停のようなものが見えますね。

▼ビンゴ!かな?

▼女性がやって来て、自信が確信に変わりました!

モンゴルのウランバートルで空港へ行くバス待ちをしていた時もそうだったけど、同じバスを待つ同士の存在にどれだけ救われたことか!あとは、何分待つかですね。

▼待つこと20分、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

朝10時過ぎに20分待ったと言うことは、頻繁には走ってなさそうですね。30分おきと行ったところでしょうか?一人で待ってたら永遠の時間に感じたことでしょう。

運賃は、乗車時に運転士へ払います。1ディナールを渡したらお釣りで500ミリーム(0.5ディナール)渡されたので、0.5ディナールでした。ということは、20円!?特に切符のようなものは渡されませんでした。

写真ではわかりづらいですが、635番のバスです。

▼車内はガラガラ。市内バスなので、荷物置き場はありません。

ガイドブックとかではチュニスマリン駅前まで30分と書いてましたが、渋滞がなかったせいか、なんと10分で着きました。早っ!

▼バスターミナル?が終点です。

時間に余裕があったこと、終点のチュニスマリン駅前からハビブ・ブルギバ通りにあるホテルまでは徒歩5分強だったことから試しにバスを利用しましたが、バスを待ってる間にホテルへ着いていただろうことを考えると、一般の方はタクシーを使った方が良いでしょう。

しかし、密室状態になるのがイヤな方や料金交渉が面倒な方、ドライバーとのトラブルを避けたい方もいらっしゃるかと思います。そのような方の参考になれば幸いです。

バス停はこちら。

バス停と空港の位置関係がわかる写真はこちら。

市内からチュニス・カルタゴ国際空港へのアクセス

空港からのアクセスと同様ですが、悪質なタクシーに当たる割合が空港よりも少ないので、タクシーで空港へ向かっても良いと思います。

かく言う私は、公共交通機関を利用し難いホテル「シェラトン チュニス」から向かう必要があったため、タクシーを利用しました。

で、結局かかったのは3.8 ディナールでした。160円くらい。普通にメーターを使い、平日朝8時のラッシュ時でしたが、10分強で空港に着きましたね。

と言うことで、空港からだと、10ディナールくらいなら手を打つかなあと思いました。空港特別料金込として。

とある方法

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください