【エーゲ航空】ANAやJALより少ないマイルで特典航空券を発券!お得な貯め方・使い方を徹底解説

エーゲ航空マイルでビジネスクラス特典航空券を発券

今般、エーゲ航空のマイレージプログラム「Miles+Bonus」を利用して、福岡~シンガポールのビジネスクラス特典航空券を発券しました。

ブッキングクラスは「I」。そう、ビジネスクラスです。航空会社各社のマイルを保有している中、ココでなぜエーゲ航空のマイルを利用したのか?

それは、エーゲ航空のマイレージプログラム「Miles+Bonus」だと少ないマイルで東南アジアへ行くことが出来、発券手続きも楽に進められるからでした。

ANAマイルやJALマイルだとエコノミークラスでさえも35,000マイル必要なところ、35,000マイルにほんの数千マイル足すだけでビジネスクラスに乗れちゃうエーゲ航空マイルとは一体どういうものなのでしょうか?

エーゲ航空はこんなエアライン

簡単に概要を。

  • アテネを拠点としたギリシャの民営航空会社
  • スターアライアンス加盟(2010年~)
  • 就航都市は、主にギリシャ国内と欧州主要都市
  • 特徴があるマイレージプログラム「Miles+Bonus」を運営

私自身は、10年以上前にアテネ~サントリーニ往復で利用したことがあります。あっという間のフライトなので特に感想はないのですが、その前に同区間を当時の国営航空会社オリンピック航空を利用したときよりも機材が新しく、好印象だった記憶はございます。

そして、マイレージプログラム「Miles+Bonus」に入会したのは、スターアライアンス加盟直後の2011年。

日本人なら、オリンピック航空とエーゲ航空は日本で言うJALとANAの関係?と思いそうになりますが、ギリシャに関しては「エーゲ航空がオリンピック航空の親会社となっている」ので、全く異なるのが特徴ですね。

エーゲ航空マイルのメリット

冒頭で触れましたが、改めてエーゲ航空マイレージプログラム「Miles+Bonus」のメリットを解説しましょう。

ANAやJALよりも必要マイル数が少なく済む場合がある

特に、東南アジアへ行くときは最大のメリットを感じることが出来るでしょう。

特典航空券発券に必要なマイルを日系航空会社と比較すると、以下のとおり。

往復エーゲANAJAL
Y25,00035,00035,000
C42,00060,00080,000
F80,000105,000100,000

 

 片道エーゲANAJAL
Y12,500不可17,500
C21,000不可40,000
F40,000不可50,000

ANA(スターアライアンス)とJAL(ワンワールド)は時期や利用会社によって多少変動がありますが、いずれにしてもエーゲ航空の優位性は変わりません。

なぜこんなに差が生じてしまったのでしょうか?

それはエーゲ航空のあまりにも大雑把な「地域要件」のおかげで、具体的には「(日本を含む)東アジアと東南アジアを”FAR EAST”と一括りにしているため」なのです。

以下が、エーゲ航空の地域要件「FAR EAST」に含まれる国と地域で、

「中国、香港、日本、マカオ、モンゴル、北朝鮮(!)、韓国、台湾、ブルネイカンボジア東ティモールインドネシアラオスマレーシアミャンマー、フィリピン、シンガポールタイベトナムと記されています。

そして、マイルチャートは以下の通りとなっていて、

日本~韓国も日本~シンガポールも同じマイルで行けると言う、東南アジア方面へ良く行かれる方にとってはとても嬉しい大雑把さ。

オンラインでの予約・発券が可能

少し前までは電話による予約発券のみだったのが、今はオンライン対応になっていました。ギリシャへ国際電話して英語でやりとりをして…なんて、色んな意味でハードルが高くて自分には無理ゲーだと思っていたのが、一気に発券までのハードルが下がりました。このおかげで発券できたと言っても過言ではありません。

片道での予約・発券が可能

マイルチャートの下に書かれている注意事項等に、

  •  For one-way flights, the above-mentioned mileage values apply in half.

と書いてありますので、往復するにはマイルが不足している場合にも片道はLCC・片道はエーゲ航空マイルで…と言った発券も可能になります。あとは、海外発券(ループ)の出発地へ行くのにも重宝できますね。

スポンサーリンク

上級会員修行が比較的楽

スターアライアンスゴールドのステータス取得が最も楽なマイレージプログラム「Miles&Bonus」が突然「Miles+Bonus」に改悪されてしまっているのですが、ステータス取得と維持のハードルが低いことには変わりません。

12ヵ月以内に以下条件1又は条件2を満たした場合に、スターアライアンスゴールドとなります。

ゴールド資格獲得マイル最低搭乗回数
条件124,000エーゲ航空又はオリンピック航空に4回
条件248,000なし
旧条件20,000なし

実は、私自身は旧条件でスターアライアンスゴールドとなり、その時の経緯やスターアライアンスゴールド維持に必要な条件等については以下の記事で触れています。

非公開: 【ステータスマッチ】で他エアラインの上級会員資格をゲットしよう!【ANA・JAL上級会員必見】

日本在住者にとっては「エーゲ航空又はオリンピック航空4回」のハードルが高いのですが、毎年ヨーロッパへ行く用事がある方などは、比較的維持もしやすいのではないでしょうか?

ギリシャに寄って国内線4レグ搭乗するとか、昔は「用もないのに無駄なフライトを…」と思っていたのですが、JGC回数修行層となった今は、「たった4レグじゃん」と思うようになってしまいました。慣れとは恐ろしい…(笑)。今思えば、SFC修行せずにエーゲゴールド維持の方が良かったかな?なんて。

エーゲ航空マイルのデメリット

ANAやJALよりも必要マイル数が多い場合がほとんど

メリットで書いたことのそのまんま反対ですが、例えば日本からソウルや釜山へ行く場合も「往復でY25,000マイル、C42,000マイル」かかってしまうため、東アジア内など近距離便で利用する場合には全くメリットはありません。

また、日本から「FAR EAST」以外の地域へ行く場合は必要マイル数が一気に跳ね上がるため同様にメリットはなく、実質「東南アジア専用マイレージプログラム」と割り切った使い方になろうかと思います。

そして、ANAやJALだと東南アジアに含まれる「インド」とかは「FAR EAST」に含まれないことに注意が必要です。

日本語に全く対応していない

日本語サイトもなければ、日本語での問い合わせ対応もございません。何かあったら全て英語で解決しなければなりません。サイト自体は比較的わかりやすい英文で構成されているので、web上なら何とか…という感じですが、英会話となると(私の場合は)お手上げです。

オンラインで特典航空券を予約発券できるようになりましたが、公式サイトをざっと読んだところ「予約の変更・キャンセル手続きは電話のみ」そうなので、英会話に不安がある自分のような層にとってはハードルが低くなった!と手放しでは喜べない状況には変わりなかったりします。

エーゲ航空マイルの貯め方

スターアライアンス加盟会社のフライトで貯める

メリットでは列記しませんでしたが、エーゲ航空は比較的「マイルを貯めやすい」航空会社です。

航空会社別のフライトマイルについては公式サイトを参照いただくとして、

参考

How to earnAegean Airlines「Miles+Bonus」

皆様がよく利用されるANAを例に…

ANAの積算率と比較すると、「マイルを貯めやすい」ことが良くわかると思います。

予約クラスエーゲANA
F,A300%150%
J200%150%
C,D,Z200%125%
P150%70%
G,E150%100%
Y,B,M100%100%
U,H,Q100%70%
V,W,S50%50%
T50%50%
L,K50%30%
参考

マイルの積算条件ANA国際線

一昔前までは「同業他社に比べてマイルがガンガン貯まるお得なエアライン」だったのですが、こっちも多少の改悪により、同業他社並みの貯まり方となっているエアラインもあるようです。利用する航空会社のマイルチャートをあらかじめ確認しておきましょうね。

ポイント交換で貯める

フライトマイルの他、「スターポイント(以下、ポイントと言います)」のエアラインマイル交換手続きより、エーゲ航空マイルを貯めることが可能です。

このポイントの貯め方は幾つかあるのですが、最も簡単かつ大量に貯められるのはSPGクレジットカード(日本の場合はSPGアメックス)の発行・利用であり、自分自身もコレによって大量のポイントを貯め、エーゲ航空マイルに交換できました。(詳細は後述)

2018年5月現在実施中のSPGアメックスカード新規入会キャンペーンで最大13,000ポイントが貯まるので、

  1. カードを発行するだけでエーゲ航空の12,500マイルに交換、東南アジアへ片道発券
  2. 発行後カード利用で20,000ポイント貯めてからエーゲ航空の25,000マイルに交換、東南アジアへ往復発券

という形でエーゲ航空のマイルに交換できるのですね。要は、飛行機に乗る予定がない人でも楽にエーゲ航空のマイルを貯められるようになっているということです。

2.について補足すると、20,000ポイント移行毎に5,000ポイント分のマイルが積算されるため、「20,000ポイント⇒25,000マイル」が成り立つのですね。

この他、「3. 25,000マイルのうち21,000マイルをビジネスクラス片道航空券に交換」の選択もあり、これが最もコストパフォーマンスが高い有効な使い道の一つかなと思います。

コストパフォーマンスの表現方法は難しいですが、例えば

  • コスト SPGアメックス年会費33,480円(税込)
  • パフォーマンス ビジネスクラス運賃

とした場合、コスト33,480円に対してパフォーマンスは、なんと180,000円!

(予約クラスJは、予約変更無料で可能なビジネスクラス往復航空券の運賃。片道運賃はもっと高くなるのですが、庶民にとって有償ビジネスでの片道発券は現実的でないので考慮しませんでした)

言い方を変えると、投資に対するリターンが5倍

どういう言い方をしても、ビジネスクラスで東南アジアへ行く方にとってものすごいパフォーマンスをたたき出すことには変わりません。

(補足1)SPGアメックスカード保有2年目以降の扱い

SPGアメックスカードは年会費33,480円かかるため、使い勝手が良いとは頭でわかっていても、発行に際しては二の足を踏む方が多いようです。しかし、これまでの解説で「年会費33,480円のモトが取れるどころか数倍のリターンがあるため、実は超絶お得なカードである」ことが何となくおわかりになったかと思います。

かく言う私も長い間二の足を踏んでいたのですが、今年になってようやくSPGアメックスを発行。結果的に年会費の3万円でシンガポール航空ビジネスクラスを利用できることになったので、SPGアメックスさまさま。超大満足です!

しかし、お得と思うのはキャンペーン適用の1年目だけです。この場合、2年目以降はどのようにすべきでしょうか。以下2つの選択肢が考えられます。

  1. 無料宿泊特典等でモトが取れると思った場合は保有
  2. モトが取れないと思った場合は2年目を待たずに解約

1に該当するのは、例えば先進国主要都市に滞在・宿泊する予定がある方や高級ホテル宿泊を趣味としている方。要は、宿泊費の相場が高い地域のホテルに宿泊する予定があるなら、SPGアメックス特有の無料宿泊特典(2年目以降は、カードを保有するだけで毎年シェラトン・ウェスティン・セントレジス…といった高級ホテルに無料で1泊できる制度)を利用することでモトを取れる、ということです。

そうでない方はモトが取れない可能性が高いので、1年目のうちに解約することを検討しておいた方が良いでしょう。解約してもポイントは無効になりませんので、ご安心を。ただし、1年以内に20,000ポイントを貯めてから解約となるとそれなりのカード利用が必要となるので、ご利用は計画的に(死語?)。

(補足2)SPGアメックスカードのお得な入会方法について

SPGアメックスカード新規入会キャンペーンで最大13,000ポイントが貯まる」と書きましたが、最大である13,000ポイントを貯めるには以下のステップを踏むこととなります。

  1. 紹介キャンペーンで入会
  2. 入会後3ヶ月の間に10万円分カード利用

1.紹介キャンペーンで入会

  • 紹介キャンペーンの適用で12,000ボーナスポイント
  • 紹介キャンペーンなしだと10,000ボーナスポイント

いずれも3ヶ月で10万円以上の利用が条件となりますが、同じ条件でも付与されるスターポイントに大きな差が生じます。必ず紹介キャンペーンを適用して入会しましょう

当サイトのFacebookページから申し込めば紹介キャンペーン適用となります。周囲に紹介者がいない場合はよろしければどうぞ。(Facebookのユーザ登録なしでもOKです)

参考

SPGアメックス紹介キャンペーン当サイトのFacebookページ

2.入会後3ヶ月の間に10万円分カード利用

3ヶ月の期限があるので、くれぐれも期限切れには注意してください。利用額10万円に達したらすぐにボーナスポイント(紹介の場合は12,000ポイント、紹介なしの場合は10,000ポイント)が加算されますので、急ぎの方は早めに利用するとよいでしょう。

それからカード利用して貯まるポイントは100円につき1ポイントとなるので、10万円利用すれば自然と1,000ポイントが貯まるということです。

この2ステップで最大12,000+1,000=13,000ポイント貯まり、エーゲ航空12,500マイルで東南アジアへGo!が可能に。そして、その後70万円分カード利用すれば20,000ポイント貯まり、エーゲ航空25,000マイルで東南アジア往復又はビジネスクラス利用が可能になる、というわけです。

しかし、70万円分も利用する予定はないなあ…と思う方もいらっしゃる方でしょう。そんな方には…

空と陸の複合技で貯める

スポンサーリンク

フライトとSPGアメックスのポイント両方を組み合わせてエーゲ航空マイルを貯めていくのが最も効率的且つ現実的ですね。

かく言う私自身も複合技でエーゲ航空42,000マイルを貯めてシンガポール航空ビジネスクラス往復チケットに交換してたりします。

 マイル内訳(主なもの)
27,000シンガポール航空バルセロナ往復、中国国際航空コロンボ往復(いずれもエコノミー)
15,000SPGアメックス入会キャンペーン

どちらかが欠けていても、希望のフライトチケットをゲットできなかったことでしょう。複合技さまさま、というわけです。

先ほど解説したように、エーゲ航空「Miles+Bonus」はマイル積算率に優れている会社ですので、例えば20,000マイル貯めるのは夢の話ではありません。私自身、シンガポール航空でバルセロナ往復しただけで19,000マイル以上が貯まり(シンガポール経由なのでフライト時間が半端なく長かったですが…)、入会ボーナス1,000マイルと合わせて20,000マイルを達成。旧条件でスターアライアンスゴールドとなってます。

海外旅行が趣味の方や出張等で国際線を利用する機会がある方などは、空マイルだけでも結構貯まるのではないでしょうか。

私自身、スターアライアンス加盟会社の航空券を購入する場合は、まず「エーゲ航空マイルへの加算がお得かどうか」を検討することにしています。

ただ、陸マイラー活動のおかげで、最近は有償で国際線航空券を購入することは皆無に近くなっているのですが……

エーゲ航空マイルの使い方

実際に、自分が「複合技」により貯めたエーゲ航空マイルを使って特典航空券を予約・発券したときを例にして紹介しようと思います。

スターポイントをエーゲ航空マイルへ移行

空で貯めたマイル残高は約27,000マイルで、

入会ボーナスの1,000マイル以外はフライトマイルで貯めたものです。(スクリーンショットはその一部)

この時点で25,000マイル以上あるのでエコノミークラスで発券してもよかったのですが、SPGアメックスのキャンペーン等で付与されていた15,000スターポイントが手元にあったのでソレを移行してビジネスクラス往復に必要な42,000マイルを確保することにしました。

移行の仕方なのですが、移行サイトへの行き方がわかりづらかったので順を追って解説します。スクリーンショットはPC用ページのものとなっています。

1.SPG公式サイトの下のほうにある「スターポイントを交換」をクリック

2.「移動」をクリック

3.「エアマイルを移行」をクリック。少しわかりづらいかもしれません。

4.「スターポイントをエアマイルに移行」をクリック

5.「ポイント移行提携企業を選択する」で「Aegean Airlines 1:1」そ選択。

1:1とは交換比率のことです。(稀に1:1ではないエアラインもあります)

6.マイレージプログラム会員番号と移行するスターポイント数を入力。

エーゲ航空マイレージプログラムに未入会の方は、こちらから手続きしましょう。以前と変わっていなければ、入会時に1,000マイルが付与されます。

7.移行比率の計算結果が表示されます。

20,000スターポイントを移行する場合は、ボーナススターポイント:5,000、受け取れるマイル:25,000と表示されるのですが、自分の場合は15,000スターポイントの移行なのでボーナススターポイントはもらえません……

8.移行完了後、以下の画面へ推移し、Eメールが送られてきます。

マイルへの移行には時間を要するようで、エーゲ航空の場合は7~10営業日後と書かれてました。

エーゲ航空マイルで特典航空券を発券

4/27(金)に移行手続きをして、エーゲ航空のマイルとして加算されたのは5/7(月)の夜でした。日本のGW期間が影響したのかどうかわかりませんが、結構日数がかかったな…という感想です。どうか空席が残ってますように…と祈りながら手続きした記憶があります。

予約変更・キャンセルの取り扱いなど、諸条件を確認しておきましょう。

参考

MILES REDEMPTION ON STAR ALLIANCE FLIGHTSMiles+Bonus

「CHAPTER 10: AEGEAN PARTNERSHIP WITH AIRLINE COMPANIES-MEMBERS OF STAR ALLIANCE」の中にあり、英文で特典航空券発券後の変更手数料等に関するルールの記載があります。変更手数料もキャンセル手数料も20ユーロ、手続きは電話のみ。第三者名義での発券も可能…などなど。わかりづらい場所にあるのでリンクしました。

1.「How to spend」をクリック

2.「AEGEAN」「OLYMPIC AIR」以外の航空会社名をクリック。

エーゲ航空とオリンピック航空以外は一律「スターアライアンス特典」として同じ画面に推移しますので、どれをクリックしても構いません。

3.マイルチャートの下(一番右下)にある「REDEMPTION」をクリック。

その左上にある「HERE」をクリックすると、地域要件が出てきます。

4.その後は他の航空会社と同じような予約画面となりますので、いつものように手続きを行ってください。

この記事に興味がある方はこのあたりのスクリーンショットは省略しても問題ないでしょう。空席があれば、以下のように「○○Miles」と表示されるのでクリックして先に進んでください。空席なし「-」をお見せするために、自分が予約したときのとは違う路線での検索結果を表示しています。

諸費用をクレジットカードで決済後、Eメールが送られてきます。座席指定を忘れていたのですが、発行された予約番号でシンガポール航空公式サイトを通じて座席指定できました。

エーゲ航空マイルがきっかけでSFC・陸マイラーに

私事ですが、自分がSFC修行者・陸マイラーになったきっかけは「エーゲ航空」の存在でした。中国国際航空ビジネスクラスでヨーロッパ往復するフライトマイルを積算率200%(当時)のエーゲ航空に加算する予定が、なんと最近(当時)できたばかりの予約クラス「R」が対象外。

その後をザックリ申し上げると、

これは困った⇒マイルの行先を考えないと⇒ANAだと125%分しか加算されないからもったいないが…⇒このフライトだけでプラチナ資格に必要な50,000FOPの1/3貯まる…?⇒エーゲ改悪でスタアラゴールドの維持も風前の灯だし、せっかくなのでANAでスタアラゴールドを目指そう!⇒SFC修行⇒SFC修行で検索したら陸マイラーブログだらけ⇒携帯乞食も風前の灯だし、せっかくなので陸マイラーになろう!⇒マイルと有給が予想以上に取れたので世界一周⇒現在に至る

一方、SFC修行の記録をWeb上に残しておくのは、当時利用していた写真主体の4トラよりも文や表を主体にできるブログの方がふさわしいと判断し、当サイトを開設した経緯があります。今や、開設した当時の面影はほとんどなくなっていますが…

まとめ

  • エーゲ航空のマイルは、空と陸の両輪でガンガン貯まる
  • エーゲ航空のマイルは、日本~東南アジア区間で使うとお得

ANA便を利用したりANAマイルを貯めている方であっても、フライトマイルの積算率や特典航空券の目的地・利用クラスを勘案した結果、エーゲ航空のマイルに加算したほうがお得になる場合がありますので、時間のある時にでも本記事等を参考に比較検討してはいかがでしょうか。

また、エーゲ航空マイルを一気にドカンと貯めるのに不可欠と言っても言い過ぎではないSPGアメックスカードは、特に

  • 費用をかけずに最もお得に東南アジアへ行きたい方
  • 先進国の主要都市等に滞在するのにえらく高い宿泊費を浮かせたい方

にはおススメです。というか、まさに自分自身がそうだったりします。

最大限のポイントを獲得するには、紹介による入会がお得。当方からの紹介を受けた形で発行できますので、よろしければどうぞ!

【SPGアメックスカード友人・家族等紹介プログラム】
以下のフォームからSPGアメックスカードに申し込んだ場合、入会特典として12,000ポイントがもらえます!ちなみに通常入会だと10,000ポイントのみです。

参考

SPGアメックス紹介キャンペーン当サイトのFacebookページ

もしくは、以下の問い合わせフォームから照会・相談してくださってもOKです。どの方法にしても、私に個人情報を伝える必要はありませんので、ご安心ください。

参考

問い合わせフォーム不労所得でマイル旅

なお、Facebookページ経由でも紹介ポイントが付与されていることを確認済ですので、当方との直接やり取りに抵抗がある方も、どうかご心配なく。

参考情報等

旅行するだけで小遣いゲット?ほんのひと手間で簡単に稼げる方法とは

旅行関係費用をただ払うだけではもったいない!お小遣いを貯めて次回の旅行の足しにしよう!

【2018年5月版】JALマイルとANAマイルの貯め方指南~費用かけずに短期間で大量のマイルを~

近距離アジアや欧米へ行くなら、ANAとJALのマイルがお得!日系エアラインならマイルが爆発的に貯まる方法があります!しかも費用をかけずに?

参考

SPG・マリオット等プログラムの統合についてマリオット

2018年8月より、高級ホテルブランドのSPG・マリオット・リッツカールトンそれぞれで持っているプログラムが一つに統合されます。

統合に伴い宿泊に関しては細かい変更等があるようですが、マイルに関しては現行通りのようです。

具体にはポイントの名称等が変わり、従来の1スターポイントが3ポイント(マリオットのポイント制度に合わせる形)となりますが、3ポイント=1マイルの交換比率となるため、エーゲ航空へのマイル移行に関しては8月以降も従来通り。20,000スターポイント(60,000ポイント)交換毎に5,000スターポイント(15,000ポイント)のボーナスが追加されるのも同様です。

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければまた応援クリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

ありがとうございました。

コメントを残す