【SPG/マリオット】アロフト台北北投宿泊記 お得な予約方法!アクセス 温泉 朝食 プラチナ特典など徹底レポート

アロフト台北北投に格安宿泊

poya(@poyatrip)です。

2018年12月の台北旅行で、日本のビジネスホテル並の価格で高級ホテルグループSPG/マリオット系列の一角「アロフト台北北投」に宿泊しました。当記事はその宿泊記となります。

アロフト台北北投は、今まで宿泊したホテルの中で一二を争うほどコストパフォーマンスが高いホテル。

年々宿泊費が高騰し続けている台北市内では、このようなホテルはとても貴重です。

  • 宿泊費を安く抑えたい
  • でも、ちゃんとしたホテルでないとイヤだ

という欲張りな方にとって、確実に選択肢の一つとなるのが「アロフト台北北投」です。

当記事の宿泊記では、格安に泊まれる方法からチェックイン、お部屋、施設の様子、そして周辺観光までパッケージでお伝えします。

また、プラチナプレミアエリート資格を持っているので、どのようなプラチナ特典を受けられたかについてもレポートいたします。

アロフト台北北投は無料宿泊がお得

台北のホテル宿泊相場が高騰している中、アロフト台北北投は一工夫すれば日本のビジネスホテル並の料金で宿泊することが可能だということをご存知でしょうか。

普通に泊まると割引料金でも15,000円くらいかかり、立地(後述)を考えると割安感はないなあという印象だと思います。

しかし、SPG/マリオット無料宿泊(ポイントを利用した宿泊)ならたったの7,500ポイントで宿泊できるのです!

SPG/マリオットポイントの価値は1ポイント=0.8円程度で語られることが多く、1ポイント=1円の価値で宿泊できればお得に使えたと評価される中、アロフト台北北投だと1ポイント=2円の価値で宿泊できるのです!価格…いやポイント破壊と言っても差し支えないほどのレート。

宿泊に必要なポイントがたった7,500ポイントというのは、アロフト台北北投のSPG/マリオットカテゴリーが1と最低ランクに抑えられているからです。あまりにも実勢とかけ離れているので、下手したら次回のカテゴリー整理では上のカテゴリーに改悪されるんじゃないかと思ってます。

通常レート15,000円はサービス・税等が含まれた総額ですが、無料宿泊の7,500ポイントにもこれらが含まれています。よって、ポイントに追加料金がかかることはございません。

注意
2019年3月より、無料宿泊に必要なポイントが12,500ポイントとなっています。

無料宿泊方法

それはすなわち「SPG/マリオットポイントを7,500ポイント以上貯める」ことです。実は、このポイントは意外と簡単にザクザク貯めることができます。

具体的には7,500ポイントは単なる通過点で、通常は1年で40,000ポイント程度貯めることができるのです。

40,000ポイントあれば、アロフト台北北投に5泊できちゃいますね。ザクザク貯まる方法は以下の記事で解説していて、

SPG/マリオットポイントがザクザク貯まる方法!

私もこの方法で貯めたポイントを利用して、アロフト台北北投に宿泊した次第です。

通常レートで予約済の方は、宿泊日が先ならポイントを貯めてポイント宿泊に切り替えた方が絶対にお得です!ポイントがなくても予約でき、宿泊する前までにポイントがたまっていればOKです。

アクセス・行き方

台北駅からMRTで20分強の奇岩駅か北投駅が最寄り駅。各駅から徒歩6〜8分程度ですが、奇岩駅からの方がアクセスしやすい感じ。

奇岩駅からのアクセスは、上のグーグルマップをご覧いただければ。単調な道なので迷わずたどり着くことでしょう。

チェックイン

15時すぎにホテルに到着したのですが、ちょうどチェックイン開始時刻ということでかなり混んでましたね。


▲面白い形のチェックインカウンターです。いかにもデザイナーホテルですね。

スタッフがアメリカ人のような流暢な英語で前の宿泊客とやりとりしているのを見て、「これはキッツいな…言っていること理解できるかな…」と不安を抱えながら待っていたのですが、杞憂に。

なぜなら、自分がチェックインするときは流暢な日本語に切り替わったからです。トリリンガルですよ、スゲー。おおよそ日本人向けではないこのホテル(グループ)で日本語を聞けるとは思いませんでした。

お部屋の様子

8階のお部屋をアサインされました。まさかの低層階で、プラチナパワーは届かなかったようです。

でも角部屋だったので、多少のプラチナ効果はあったということでしょうか。

スポンサーリンク

ベッドルーム

30㎡あるので、一人には十分な広さですね。デザイナーズホテルというのでもっと奇抜な内装かと思っていたのですが、これなら落ち着けそうです。

ウェルカムフルーツ?でしょうか。マンダリンがおいてありました。

USBポートコンセントはベッドの脇にあるので便利。

テレビに繋げるHDMIポートもあるので、ノートPCなどを大画面に映せます。

ミニバーはなく、中身が空の冷蔵庫と、

コーヒー紅茶、無料のミネラルウォーターなど。

バスローブ、パジャマが部屋になかったのですが、フロントへもらいに行くようなシステムなのでしょうか?

バスルーム

バスタブはなく、シャワーのみです。もっとも、湯船に浸かりたいなら新北投温泉へ行けばよく、バスタブの有無は自分にとって問題ではありませんでした。

お湯はちゃんと出るけどシャワーの水圧はやや弱め。

シャワー備え付けのボディソープとシャンプー&コンディショナー。

体重計が置いてありました。グルメの街台北ではついつい食べ過ぎてしまうので、体重計の設置有無は大事。

施設の様子

XYZ Bar

利用しませんでしたが、夜はこんな感じになります。

コインランドリー

19階にコインランドリーがあります。長期滞在者には便利ですね。

洗濯は60元、乾燥機は10元。自動販売機で洗剤も10元で販売されています。

 

フィットネスジム

コインランドリーと同じ19階に、フィットネスジムがあります。

プラチナ特典

プラチナエリート特典としては、以下の3つがあると説明されました。

  1. ウェルカムドリンク
  2. 500ポイント又は朝食無料
  3. 16:00までのレイトチェックアウト

ウェルカムドリンク

スポンサーリンク

このようなカードを渡されます。

こちらにはラウンジがない代わりに、1日1回(1泊2日の場合はチェックイン日とチェックアウト日の計2回)、Re:fuelにある飲み物(アルコール除く)を一つ無料でいただけるのだと。カードを読む限り、ゴールド特典でもあるようです。

ロビーにこのようなセルフ形式の売店がありますので、

この中にある飲み物を持ってフロントへ行き、特典利用を確認(チェック)してもらうという方式。フロントが混雑している場合は、隣にあるXYZ Barでへ持って行ってください。

朝食

こちらでは500ポイントか朝食かどちらかを選べるということで、朝食を選択。

3階にある「NOOK」でいただけます。

どのようなメニューかは、以下の写真で確認してくださいね。

 

思ったより充実していて朝からがっつり食べることができました。ただ、台湾や中国っぽいメニューは少なかったように思えます。

周辺観光

アロフト台北北投は台北中心部から少し離れていますが、意外と周辺には観光名所があったりします。当記事では、自分が実際に行ってきた観光地を2つ紹介しましょう。

新北投温泉

ホテルから近いところにあるので、是非行ってみてください。日本統治時代の影響を受け、日本の温泉街と雰囲気が似ています。あの「加賀屋」もあり、全体的に高級温泉街の様相。

MRTでもアクセスできますが、アロフト台北北投からだとすぐ近くにあるバス停からバスを利用して行った方が便利です。10分もすれば到着します。

大南バスの「新北投温泉」行きが20分に1本程度出ているので乗り込み、「北投公園」前で降りましょう。運賃は一律15元と表示があるのですが、悠遊カードを利用したら7元と表示されたような…?

高級温泉街だけに、各ホテル・旅館で日帰り湯や立ち寄り湯をいただくのにも結構な費用がかかってしまうようですが、リーズナブルなのもあり、私が行った「瀧乃湯」などは日本の銭湯と同じ感覚で入浴できました。水着着用が多い台湾の温泉ですが、ここは水着の着用は不要です。

瀧乃湯基本情報

営業日時 月火木土日は6:30〜21:00(20時までに入場)
金は6:30〜23:30(22:30までに入場)
水曜日は定休
料金   150元
その他  タオル、石鹸、シャンプー等は別途販売。アロフトから行くときはタオルと石鹸を持参しましょう。鍵付きロッカーを無料で利用できます。

詳細は→瀧乃湯公式サイト(中国語)

参考まで、アロフト台北北投から滝乃湯までのルートを。

士林夜市

MRT奇岩駅から士林夜市があるMRT剣潭駅までは10分程度なので、気軽に行くことができます。私は散策がてら、ココで夕食を済ませました。

そのほか、今回は行けませんでしたが、淡水などもお勧めです。

感想

繰り返しになりますが、とにかくコストパフォーマンスが高かったです。

ポイント無料宿泊できたというのが大きいですが、今どき7,500ポイント(6,000円相当)で台北市内に宿泊できる★★★★以上の高級ホテルはおそらくないと言っても良いでしょう。っていうか★★★でも厳しいかもしれません。

実際、過去に私が常宿にしていたMRT中山駅近くの★★★級ビジネスホテルは当時5,000円くらいで泊まれたのが、今調べたら7,000円近くになってましたからね…

だったら少し離れてもアロフト台北北投に宿泊した方が満足度が高いと思ったものです。

立地については中心部からは多少離れていますが、MRTで気軽にあちこち出かけられるので、思ったほど不便ではなかった印象です。また、一部の列車は北投駅が始発駅となるので、座って楽々台北市内中心部へアクセスできるメリットもございます。

住宅街の中にあるので、一般的な台北市民の暮らしぶりを感じられるのもよかったです。この感じ方は人それぞれかもしれませんが、確実に言えるのは治安が良く安心して歩ける地域だということ。

唯一難点をあげるとすれば、「台湾っぽさをあまり感じられない」ことですね。外資系ホテルの宿命なのかもしれませんが、アロフトブランドは世界どこでも同じようなコンセプト・デザインのようなので、他の国でアロフトに泊まったことがある方からすれば、その国の印象を引き摺るのでなおさら。

実際、今の私は「アロフト=北投」のイメージが染み込んでしまってて、近いうちに別の国のアロフトへ泊まる予定なんだけど大丈夫かなあと思ってしまったり。

ということで、アロフト台北北投は、特に台北訪問が2回以上の方、又はポイント無料宿泊に必要なポイントが7,500ポイント以上ある方におすすめ。

なお、台北には同系列の「アロフト台北中山」があり、中心部にあり便利ではあるのですがポイント無料宿泊に25,000ポイント必要です。これだけあれば、アロフト台北北投に3泊できちゃいますね。

ちなみに、アロフト台北中山に普通に泊まろうとすると18,000円くらいなので、普通に泊まるなら中山がいいかなと思います。

結局、アロフト台北北投のポイント無料宿泊の超絶お得っぷりが浮き彫りになった感じです。

SPG/マリオットポイントがザクザク貯まる方法!

以上、「【SPG/マリオット】アロフト台北北投宿泊記 お得な予約方法 !アクセス 温泉 朝食 プラチナ特典など徹底レポート」でした。

関連記事

私は、費用をかけずに航空会社のマイルを貯める特殊な方法で、世界各地へビジネスクラスで海外旅行へ出かけています。その方法を以下の記事で徹底解説してますので、よろしければ。

【ANAマイル貯め方ガイド】大量のマイレージを貯める陸マイラーの裏ワザ"TOKYUルート"を完全解説!【ANAマイル貯め方ガイド】大量のマイレージを貯める陸マイラーの裏ワザ”TOKYUルート”を完全解説!

台北が足つぼマッサージ耳かきの聖地であることをご存知でしたか?以下の記事でおすすめのお店を紹介しています。

台北おすすめ足つぼマッサージ店を紹介!
台北おすすめ耳かき専門店を紹介!

ありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください