【ヒルトン福岡シーホーク】空腹注意!朝食ビュッフェ2年分をまとめてレポート

福岡LOVEなマイル専門家(@poyatrip)です。

お金をかけずビジネスクラス航空券をゲットした裏ワザ

ヒルトン福岡シーホークには色々とお世話になりました。

福岡在住時は日常から離れたリラックスを求めに、福岡を離れた後は帰福時の拠点として宿泊。

そんな宿泊時の楽しみは、何と言っても朝食です。

福岡に住んで強く感じたのは、「口にするもの全てがとにかく”ばりうま”」だと言うこと。

グルメの街福岡随一の高級ホテルであるヒルトン福岡シーホークで提供する朝食がスゴそうだと言うことは、記事を読むまでもなくみなさまもなんとなく想像できるのではないでしょうか。

と言いつつ当記事では、ヒルトン福岡シーホークで実際に体験した

  • 2019年の朝食ビュッフェ
  • 2018年の朝食ビュッフェ

を紹介、徹底レポートします!

ヒルトン福岡シーホーク 朝食ビュッフェの概要

まずは概要から。以下の表にまとめました。

朝食会場ブラッセリー&ラウンジ シアラ(4F)
朝食時間6:30〜10:30(土日祝11:00)
料金大人2,500円
6-12歳1,200円(税サ別)
備考大人1名につき6歳未満の子供は2名まで無料
ヒルトンオナーズダイヤモンド・ゴールド会員は無料(同室者含む)
宿泊プランによっては朝食が含まれる場合あり

 

朝食会場となる「ブラッセリー&ラウンジ シアラ(ラウンジビュッフェ)」はロビー階でもある4階にあり、上写真のように巨大な吹き抜けを持った広い空間。吹き抜けの高さは実に40mと言ってたかな?

チェックインカウンターとエレベーターの間にあり、迷わずにたどり着けると思います。

朝食時間は6:30〜10:30と一般的な時間帯ですが、土日祝の場合は11:00迄あるのでブランチまたは少し早いランチとしても利用できます。

ただし、なぜか朝食よりランチの方が安い(平日大人2,000円6-12歳1,100円、土日祝大人2,300円6-12歳1,200円)ので、無料朝食特典でない限りはランチ利用の方がお得となりそうです。

なお、朝食の料金はコミコミ(税10%とサービス料13%)で大人約3,100円、6-12歳約1,500円になります。

スポンサーリンク

ヒルトン福岡シーホーク 朝食ビュッフェの混雑状況等

あくまでも自分が体験した範囲ではありますが、常時混雑していると言うネガティブな印象があります。シアラが広いとは言っても、1053室もあるマンモスホテルですからね…

上の写真は、朝食を終えた後の状況。長蛇の列をなしています。実は、写真の外でも列が伸びています。

一般客とヒルトンオナーズ会員とで列が分かれているのですが、こちらはなんとヒルトンオナーズ会員の列!!

会員レーン=優先レーンという位置付けのはずが、この時は一般と会員を交互に案内している感じでした。

ただ、自分が見る限りにおいては、満席と言うよりはスタッフが捌き切れない様子。

複数のスタッフが持ち回りで受付→座席への案内を行なっていたのが印象的でした。受付係と案内係が別でないのです。

いずれにしても朝食会場に入るまで待たされる場合があるため、特に午前中の予定がある方は要注意。

福岡勤務時代はヒルトン福岡シーホークから直接出社することもあったのですが、遅刻することがないよう、営業開始時刻の6:30キッカリに会場入りしてましたよ。

こちらは別の機会に訪れた時の状況ですが、個人客と団体客を区分するような整列方法でした。

団体客の多寡によって、より適切な整列の運用を行なっているのでしょうか。

ヒルトンオナーズ会員専用スペースがあり、会員ランクを問わずに案内されます。

上写真の紫カーペット?部分がヒルトンオナーズ会員専用スペース。

ただ、混雑状況によってはヒルトンオナーズ会員であっても一般座席に案内される場合があります。

実際、ヒルトンダイヤモンド会員だった自分も一般座席へ案内されたことがありました。

席に着くと、スタッフからコーヒーか紅茶をサーブされる場合があります。(そのまま放置される場合もあったことから、場合もあると表現)

ヒルトン福岡シーホーク 2019年の朝食ビュッフェ

2019年に宿泊した時の朝食ビュッフェの様子をレポートします。

この時は2泊して両日の朝食を比較したのですが、料理の種類・ラインアップが大きく変わると言うことはありませんでした。ただ、あまりに種類が多いので、全く同じラインナップだったとしてもしばらくは飽きが来ないと思います。

種類が多い分、写真も多めとなります。見ているうちに空腹になったらゴメンなさい。

なぜかメキシカンな装飾が施されていました。

まずは野菜から。

シャキシャキのレタス。写真を撮り忘れましたが、ドレッシングの種類が豊富!

お次は、和食シリーズです。だし巻き卵は、九州らしくダシが効いて上品な味でした。

博多名物、だそうです。

福岡県を代表する郷土料理、がめ煮も。

福岡は魚がおいしくて有名!!

とは言え、福岡在住時であっても気軽に食べることはできませんでした。それなりに高いので…

なので、この機会にと魚をガンガン食べていたような記憶があります。

写真左側にうどんコーナー、右側にエッグステーションがございます。

オムレツやフライドエッグ(目玉焼き)をその場で作ってくれます。オムレツは、ハムやチーズなど好みに応じたトッピングが可能ですよ!

お次はうどんコーナー。

福岡はコシのないうどんが有名で、好みがわかれることと思います。

かく言う自分はコシがある方が好み。なので、福岡でうどんを食べることはないかなあなんて思ってたのですが、一度試しに食べてみたところ「これは!」と唸ってしまいました。汁が、とてもダシが効いてておいしかったのです。別の言い方をすれば、「うまみのかたまり」。

これまでは血圧を心配して汁を飲むことはなかったのですが、福岡のうどんではついつい飲んでしまうのです。と言うか一度飲み出したら止まりません。これが原因かわかりませんが、福岡在住時に血圧が20くらい上がってしまいました(実話)。

ココで初めて福岡のうどんを食べた子供も気に入ってしまい、普段は少食なのにおかわりしたくらい。

お次は洋食系。

安定のベーコンやソーセージ、スクランブルエッグなど。特別な何か…と言う味ではなかったので、ヒルトン福岡シーホークでは優先順位低めで良いかも。

お次は主食類。

白米はもちろん、炊き込みご飯もあります。せっかく九州へきたのですから、ぜひ炊き込みご飯にトライしてみてください。

パンの種類も多く、とても食べきれません。

ジャム類の種類も豊富!

そうそう。ヒルトンオナーズ会員専用エリアに「おにぎりコーナー」があって、その場でおにぎりを作ってくれるサービスがあります。

ヒルトンオナーズ会員でなくても利用できますよ!

パリパリの海苔と絶妙な握り加減のハーモニーが、実に素晴らしかったです。

ちなみに、左側は「かしわおにぎり」。かしわ=鶏肉のことで、「鶏肉炊き込みご飯をおにぎりにしたもの」という表現がわかりやすいでしょうか。

ただ、普通の炊き込みご飯よりご飯に味が染み込んでいてジューシーと言うイメージを持ってます。

福岡へ来て初めて「かしわめし」「かしわおにぎり」を食べたのですが、超好みでハマってしまいました。福岡ではあちこちで購入できるので、毎週食べていたかも(笑)。

特に、東筑軒のかしわめし弁当がお気に入り。北九州の名物ですが、福岡市内のデパ地下(大丸とか)にも売られてます。

っと、話が逸れてしまいました。いずれにしても「おにぎりコーナー」は要チェックです!

ヒルトン福岡シーホーク 2018年の朝食ビュッフェ

スポンサーリンク

参考まで、2018年の朝食も紹介します。写真を並べただけですが、2019年と似た、安定したラインナップであることをご確認いただければと思います。

2019年に比べて写真が暗くてすみません。
冬の福岡は日の出が遅く、6:30では外がまだ真っ暗なんですよね…(言い訳)

この時はうどんコーナーではなく、インドネシアヌードルコーナーだったようです。

まとめ・感想

和洋中全てを網羅、量が多くて種類が豊富にも関わらず総じてクオリティが高く、全ジャンルにスキがないと言う感想です。おいしかったと言う陳腐な表現よりはむしろ「もう完敗です!参りました。」と平伏するレベル。

最高評価はマイル専門家(@poyatrip)に限らず、グルメで味にうるさい家内も「超レベルが高い!」との評価。また、普段は少食の子供も人が変わったかのようにガンガン食べてました。

特に外からの観光客は九州・福岡産の郷土料理に舌鼓を打ち、地元の宿泊客はパンのレベルの高さに唸ることでしょう。

九州各地での外食では、全国チェーンを除き、九州推しで郷土料理の数々でこれでもか!と攻めて来られる印象が強かった(自分にとっては好印象です、念のため)のですが、ヒルトン福岡シーホークでは福岡産・福岡名物はあれど九州一辺倒ではなく、和洋中うまくバランスしたラインナップだったように思えます。

一方。福岡は韓国人観光客が多くヒルトン福岡シーホークも同様なのですが、韓国料理はほとんど見かけなかったような気がします。

昼食で改めて福岡グルメを楽しみたい方は腹八分目に、そうでない方は全種類食べ尽くす勢いでヒルトン福岡シーホークのビュッフェを楽しんではいかがでしょうか。いずれにしても、大満足すること間違いなし!です。

以上、「【ヒルトン福岡シーホーク】空腹注意!朝食ビュッフェ2年分をまとめてレポート」でした。

ヒルトン福岡シーホークの全客室タイプを解説した記事です。

ヒルトン福岡シーホークの外観【ヒルトン福岡シーホーク】全客室タイプ グレード比較総まとめ 料金 広さ 階層 特典の違いなどアップグレードや予約の参考にどうぞ

宿泊体験記はこちらです!

ヒルトン福岡シーホーク宿泊記 安い予約方法 アクセスなど口コミレビュー! 【ヒルトン福岡シーホーク】”メゾネット”パノラミックスイート宿泊記 オンライン予約できない秘密の客室へアップグレードされるための方法とは

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください