【シェラトン都ホテル大阪】全客室タイプ グレード比較総まとめ 改装有無 宿泊料金など部屋のアップグレードや予約の参考にどうぞ

シェラトン都ホテル大阪の全客室タイプを比較

期間限定でマリオットボンヴォイのプラチナエリート会員になってるマイル専門家(@poyatrip)です。

こないだ、大阪出張の際に「シェラトン都ホテル大阪」に宿泊しました。

プラチナエリート会員の「無料のお部屋アップグレード」特典を利用して初めての宿泊だったわけですが、 フロントスタッフとアップグレード先を相談している過程で、シェラトン都ホテル大阪には想像していたよりも多種多様なタイプの部屋が存在すること、そしてリニューアル(改装)済の部屋があればそうでない部屋もあることを初めて知った次第。

今後の宿泊やアップグレード交渉等に備え、「シェラトン都ホテル大阪にはどのタイプの部屋があり、それぞれどんな特徴があるのか」をあらかじめ把握しておくことが極めて重要だったことを痛感。

そこで、シェラトン都ホテル大阪が提供する客室の

  • グレード
  • タイプ
  • 階層
  • 広さ
  • リニューアル状況
  • 基本料金

等を可能な限り調査し、まとめた次第です。

シェラトン都ホテル大阪 概要及び客室総括表

シェラトン都ホテル大阪は

  • 1985年に都ホテル大阪として開業
  • 2007年にシェラトン都ホテル大阪としてリブランド
  • 2012年から順次客室のリニューアル(改装)に着手

と言う歴史を経て現在に至ってます。

現在はスイートルーム24室を含む全578室で構成、地下1階地上21階の建物の6階〜19階に客室があり、グレードとタイプ等は以下の通り。

客室グレード客室タイプ基本料金(千円)
シェラトン
クラブ
18F
インペリアルスイート133238
ロイヤルスイート120178
プレミアムシェラトンスイート62110
シェラトンジュニアスイート4561
プレミアム
(改装済)
11-12F
プレミアムデラックスツイン3144+α
プレミアムデラックスダブル3144+α
スタンダードダブル2439+α
シェラトン
19F
17F
14-16F
10F
シェラトンジュニアスイート4561
プレミアムツイン3144
プレミアムシェラトンスーパーキング3144
プレミアムキング2744
プレミアムダブル2439
プレミアムシングル1824
コンフォート
(改装済)
6-9F
プレミアムツイン3141
プレミアムトリプル3141
コンフォートツイン2439
コンフォートダブル18-2239

同じ客室タイプに宿泊した個人ブログ等へのリンクを貼ってます。

これまで色んなホテルを徹底解剖してきましたが、

ヒルトン福岡シーホークを徹底解剖!
神戸ベイシェラトンホテルを徹底解剖!
ヒルトン東京お台場を徹底解剖!

その中でもシェラトン都ホテル大阪は、ぱっと見かなりわかりづらいと言う感想です。特に、「プレミアム」。

プレミアムというグレードがあれば客室タイプにもプレミアムがあって、この2つは定義が全く異なりますのでご注意を。

区分定義
グレード「シェラトン」のうち改装済階層の名称
客室タイプスタンダードの客室と差別化するための名称

プレミアムの定義が明らかになったところで、各項目について解説しましょう。

客室グレード

大きくは、

  • スイート
  • プレミアム
  • シェラトン
  • コンフォート

の4種類あり、主に階層、そして改装有無により区分されています。グレードの高い順から、

  1. スイート
  2. プレミアム
  3. シェラトン
  4. コンフォート
スポンサーリンク

客室タイプおよび定員

こちらは広さやベッド数に応じ様々で、

  • スイート(2名、ジュニアのみ3名)
  • トリプル(3名)
  • キング(2名)
  • ツイン(2名、プレミアムの一部は3名)
  • ダブル(2名)
  • シングル(1名)

カッコ内は最大定員で、1室3名で宿泊可能な部屋が少ないという印象です。トリプルルームはツインにエキストラベッド1台となっているので、子連れの家族向けのように思えます。

そして、シングルルームがあるのが特徴。外資系高級ホテルでは珍しいのではないでしょうか。ただ、シングルルームの客室数は少ないようです。

階層と客室の関係

シェラトン都ホテル大阪における階層と客室グレード・タイプの関係は、大体以下概念図のようになっていると思われます。

客室タイプ
19【プレミアム】ダブル・キング
18各種スイート(ジュニアスイート含む)
17【プレミアム】
ダブル
ツイン
シングル
ジュニアスイート
16スーパーキング
15
14スーパーキング
12【デラックス】
ダブル・ツイン
【スタンダード】
ダブル
11
10【プレミアム】ダブル・ツイン・シングル
9【コンフォート】
ツイン
トリプル
8【プレミアム】
ツイン
トリプル
7
6

階層の太字が改装済であることを表しています。そうそう、13階は存在しません。

あくまでも個人的な調査結果を踏まえたもので、正確なモノではありません。あと、部屋数の差は全く考慮していません。調べてもわからなかったのが、16階にはプレミアムスーパーキング以外にどの客室タイプがあるかということと、一部客室タイプの眺望(北側か南側か)。リニューアルの進捗状況に公式サイトの更新がついていけてないようで、散らばったピースが完全にハマらない状況なのです。

階層別リニューアル状況

シェラトン都ホテル大阪の公式サイトやプレスリリース等を参考に、以下の通りまとめました。

階層リニューアル年
12階2019
11階2018
9階2017
8階2017
7階2013
6階2012

下階から順に行なっているようですね。なぜ10階に手をつけてないかはわかりません。次は14階なのでしょうか。

シェラトン都ホテル大阪の宿泊料金

基本料金

総括表記載の数字は、都ホテル公式サイトの基本料金(ラックレート)です。

広さ(㎡)と階層(F)により増減し、こちらは比較的わかりやすくシンプルに整理されているなという感想です。

プレミアムフロアの基本料金が都ホテル公式サイトに記載されてなかった(リニューアル進捗に追いついてない)のですが、予約サイトで調べてみるとシェラトンフロアに比べてやや高くなっていたことがわかったので、+αと表現しました。眺望よりもリニューアルによる付加価値が高いという価格設定なのでしょう。

ここでは、基本料金そのものより、客室のグレードやタイプによってどれだけ価値の差が生じているかを把握することが重要です。

実勢価格

スポンサーリンク

当然のことながら実勢価格は基本料金よりずっと安いです。平日だと最安値で10,000円前後となることもあり、シェラトンにしてはかなり安い方だと思います。出張でも予算内に収まるのではないでしょうか。

そんなビジネスユースの割合が多いのでしょうか、金曜日泊や日曜日泊も平日並みとリーズナブル。

マリオットボンヴォイプラチナ/ゴールド会員のアップグレード状況

本調査において色んな人の宿泊記録を拝見したのですが、検索して出てきた滞在記の多くはマリオットボンヴォイ(シェラトンを含む世界最大のホテルグループの会員プログラム)の上級会員でした。

上級会員は一番安い客室タイプで予約しておきながら、実際はなにがしかのアップグレードの恩恵を受けていることがわかりました。そこで、どのグレード・客室タイプにアップグレードされるのか傾向を調べてみた結果、

  1. シェラトンフロアのプレミアムシェラトンスーパーキング
  2. プレミアムフロアのデラックス(ツイン、ダブル)
  3. シェラトンフロアのプレミアム(ツイン、ダブル)

あたりが多い一方、不幸な例としてはアップグレードされなかった事例、幸運な例としてはプジュニアスイートにアップグレードされたと言う事例など。誕生日でロイヤルスイートとか、アップグレード先に不具合があったためインペリアルスイート(!)とか言うのもあって、本当に運不運ですね。

まとめ

シェラトン都ホテル大阪の客室グレード・タイプの特徴やおすすめをまとめると、

  • 新しい部屋が良いならプレミアム
  • 眺望が良い部屋ならシェラトンの19階
  • 広い部屋が良いなら31㎡の各部屋
  • 三人で泊まりたいならコンフォートトリプル
  • 二人で安く泊まりたいならコンフォート
  • 一人で安く泊まりたいならシェラトンのシングルルーム
  • 予算に糸目をつけないなら18階の各種スイート

と言うところでしょうか。

なお、アップグレードなら、

  1. ジュニアスイート
  2. プレミアム:デラックスツイン/ダブル
  3. シェラトン:プレミアムツイン/スーパーキング

の順で「当たり」。ジュニアスイートは極めて厳しそうなので、プレミアムデラックスにアップグレードされたらよしと思っておいた方が良いと思います。

ちなみに、マイル専門家(@poyatrip)のアップグレード先は「プレミアムデラックスダブル」でした。

「シェラトン」からイメージされる部屋とは全然違ってて、部屋に入ったとき正直戸惑いました。リニューアルのコンセプトが「和のエッセンスを感じる、明るく爽快な「大阪」をイメージしたモダン空間」で、来日する外国人宿泊客を意識したデザインのようです。

一方、どこかで見たような部屋だなあと思っていたら「そうだ!ウェスティン都ホテル京都のリニューアル後の部屋に似てる!」と思い出した次第。もっとも、その時に泊まったのはスイートルームだったわけですが。

ウェスティン都ホテル京都リニューアル後のスイートルーム宿泊記!

正直、このデザインは好みが分かれると思いました。いかにもシェラトンな部屋が好みの方は、リニューアル前の部屋を選んだ方が良いかもしれません。

ただ、私自身リニューアル前の部屋に宿泊したことがなく、リニューアル前後でどのくらい快適度が違うのかはわかりません。リニューアル前の部屋に泊まったユーザーの、「古さを感じてしまう」的な口コミも拝見しました。

次回宿泊する機会があれば、リニューアル前の部屋をアサインしてもらって改めて比較・レポートしたいと思います。

当記事が、これからシェラトン都ホテル大阪に泊まる予定の読者の方にとって何か参考になれば幸いです。

以上、「【シェラトン都ホテル大阪】全客室タイプ グレード比較総まとめ 改装有無 宿泊料金など部屋のアップグレードや予約の参考にどうぞ」でした。

関連記事

筆者の「プレミアムデラックスダブル」滞在記はこちら!

【宿泊記】シェラトン都ホテル大阪 アップグレード 朝食ビュッフェなどブログ口コミレビュー!

 

【c】【公式】トリップアドバイザー

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください