【悲報】モクシー東京錦糸町に1滞在したけど、なんか違うと思って次回の予約をキャンセルしてしまった話

モクシー東京錦糸町に宿泊した理由

東京へ出張する機会があったので、いわゆる『プラチナチャレンジ』向けリーズナブルホテルとして一部に有名な『モクシー東京錦糸町』に泊まってみた次第です。

って今更隠す必要もないのでカミングアウトしますが、僕自身も『プラチナチャレンジ』中で9滞在分を予約済、今回の宿泊を入れて5滞在分のミッションを完了したところ。

モクシー東京錦糸町へのアクセス方法

スポンサーリンク

羽田空港からのアクセス

普段はバスを使うことが多いので、今回もバスを使いました。

会社最寄り運賃
東武バス京急バス錦糸町駅920円
リムジンバス東武ホテルレバント東京930円

2系統あり、所要時間は40~50分程度。時刻表など詳細情報は、表のリンク先をご覧ください。どちらかといえば、東武・京急がおすすめです。

  • 空港から錦糸町駅までノンストップ
  • 最寄りバス停からモクシー東京錦糸町までの距離が近い

東武ホテルレバント東京は錦糸町駅の北側にあるので、ほんの少しだけ遠いのです。ただ、決定的な差はないので、先に来たほうのバスに飛び乗っても差し支えないでしょう。ちなみに僕はリムジンバスを利用。その時は2系統あるの知りませんでした…

モクシー東京錦糸町 実質宿泊費用

 

項目費用備考
宿泊費12,906円請求額
マリオットリワードポイント930Pベース
233Pエリート
2,000Pメガボーナス
2,000PBONUS
スターポイント230P期間限定特典
ハピタス500P4.8%還元

ざっと見た感じ実質6,500円程度ということでしょうか。SPGアメックスカードを発行したことでマリオットリワードゴールド会員になっているため、無料の朝食がついてきます。朝食付きで実質6,500円だと、ビジネスホテル並みの料金です。ただ、都心からの距離や当ホテルの設備等を考えると、コスパ高!とは言い切れないかもしれませんね。

「なんか違う…」と次回の予約をキャンセル

数日後に、もう1滞在する予定でした。しかし、チェックアウトする直前にポチってしまったのです。そう、キャンセルボタンを。もう1滞在目は、今回の宿泊費よりも実質宿泊費が安く上がり、プラチナチャレンジ費用の節約につながるはずだったのに。「モクシー東京錦糸町」の滞在自体には特に不満もなかった状況で、いったいどのような心境の変化があったのでしょうか?

  1. 非日常感の欠如
  2. 自宅に勝るステイ先はないことを改めて実感

大きくはこの2つでしょうか。宿泊前から知らなかったわけではないのですが、実際に宿泊して見てその思いがとても強くなったようです。いわば、自分が現在置かれている特殊な環境がその思いを強くさせたのだと思ってます。

まず第一に、「非日常感の欠如」。総武線沿線(千葉方面)に住んでいた時期が長く、新小岩周辺には野暮用でよく通っていたこともあり、錦糸町はあまりにも身近すぎた…あの辺のJR駅前ってどこも似たような風景ですからね。ターミナル駅だから多少は立派なのですが。

一方、妖しいと評される「モクシー東京錦糸町」の周囲はアジア的な猥雑さを感じることができ、いわば「非日常」的な雰囲気を感じ取れたのは自分にとっては悪くなかったのです。

東京でも、都心とか副都心など「住」を感じさせない場所だったら非日常感を味わえたのでしょう。上京する前、住居探しのため歌舞伎町のホテルに数泊したことを懐かしく思ったり、とか。

それから、「自宅に勝るステイ先はない」。単身赴任で長らく家を空けている状況で、非日常感がなくつまらないステイをする暇があるなら、妻子が待つ実家に戻って家族とのひと時を過ごすべきだった…そもそも、プラチナチャレンジは家族のために実施しているはずなのに、これでは本末転倒ではないか!と自己嫌悪に陥ったわけです。

このような心境で近々にもう1滞在することは、自分にとってあまりにも耐え難いこととなってしまったのです。今回の1滞在で。

普段から実家にいるなら、たまには息抜きを兼ねて…というのは「非日常を楽しむ」としてはアリなのですが、今の環境があまりにも特殊すぎたようです。単身赴任先の住居もモクシー東京錦糸町の部屋も、自分にとっては同列でした。

なお、ホテル修行に先立ち、都内の高級ホテルステイを家族に提案したのですが、「(そんな金があるなら)旅行先でのホテル宿泊にとっておいたほうが良い」と、極めて常識的な対応をされました。てっきり、旅行に対する価値観は夫婦間で全く違うものとばかり思っていたのですが、そうでもないようであることがわかり、ホッとしたのも事実。代わりに「旅行+ホテルステイ」のセットで提案したら即決OKの返事。

まとめ

スポンサーリンク

飛行機修行と違ってホテル修行で悩み苦しむことはないのだろうと思ってたのですが、そうでもないようで、これが「修行」と呼ばれる所以かなと勝手に納得した出張でした。

旅行と同様、自分が最重要視するのは「非日常感を味わう」「異邦人気分を味わう」ことで、両輪がそろわないと気持ちはアガっていかないようです。

一般的にはほとんど参考にならない内容ですが、このような心境を記憶・記録しておくのが大切なのだろうと敢えて記事にした次第です。

結果、宿泊時の写真はアイキャッチのと、ツイッターで微妙な気持ちを表現したときの写真だけ……

次回の宿泊時に撮影・取材すればよいと思っていたので。キャンセルした後に、「あっ!しまった!」と思い出しても後の祭りでした(笑)。

 

(参考)ひょんなことからマリオットゴールド会員になった時のお話

参考 SPGアメックスカードのメリットと注意事項を徹底解説不労所得でマイル旅

非日常感を味わえたマリオット宿泊記

中国大陸だったけど、こちらは楽しかった思い出たち。

【マリオット】コートヤード香港沙田宿泊記 ラウンジ・ゴールド特典・空港からのアクセス・シャトルバスなど 【マリオット】広州中国大酒店宿泊記 ラウンジ・ゴールド特典・アクセス・マッサージなど 【マリオット】Fairfield by Marriott Dongguan Changping(東莞 常平)宿泊記 行き方から周囲の様子までをリポート

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

ありがとうございました。

2 COMMENTS

まったり屋

こんばんは。
偶然ですが、私も先週末大阪のmoxy本町に宿泊しました。
私もSPGアメックスからのステータスマッチのおかげで、マリオットゴールド資格を獲得しています。

そのおかげで台北のコートヤードや琵琶湖マリットの宿泊では、エグゼクティブラウンジの素晴らしいサービスや部屋アップグレードを受けた経験があります。
ただ、他のマイラーさんのブログで日本のmoxyでは、部屋のアップグレードは期待できないと言う話を聞いていたのでその点は諦めていました。
宿泊したのが週末であったこともあり、アップグレードはやはり有りませんでした。

そのためその分、ゴールド会員特典の朝食サービスに期待し、翌朝9時頃、朝食会場に赴きました。
ですが、フロントの方のアナウンスもロクに無く、moxy自慢(?)のヌードルバーに関する案内も全くされず、非常に低レベルの総菜しか食べることが出来ませんでした。

食事中の他の利用客が食べていたうどんを見て、“やはりヌードルバーはあるんだ!?”と気付き、そこから自分で探したところ辛うじてヌードルバーの受付カウンターを発見できました。
しかし、気付けた時点で食事を終えていた同行の家族からの大不評を買ってしまい、結果私は面子を潰された格好になってしまいました。

今回のmoxy本町のサービス内容は、マリオットグループのサービスとしてはあまりにも酷いと思い、帰宅後マリオットリワードゴールドデスクに電話で苦情を申し入れしたのですが、その際も電話口のゴールドデスク担当者は、当方のマリオット会員番号や名前の確認等、普通の法人組織なら記録を取るであろう最低限度の姿勢も全くなく、まともにこちらの申し入れを聞き入れる姿勢も無く、正直マリオットには幻滅した次第です。

仮に私がマリオットの株主であったなら、株式総会に出席し、取締役相手に直接苦情を訴えたくなるレベルです。
今回のmoxyを利用した感想としては、プラチナチャレンジでノルマ的に利用する必要があったとしても、moxy大阪本町の利用は極力避けるべきだと強く感じました。費用対効果が論外レベルで、文字通り自腹を切った「修行」の覚悟が必要です。

それまでSPGグループ(セントレジス大阪、アロフト台北、シェラトン大阪都ホテル)やマリオットグループ(コートヤード台北、琵琶湖マリット)のホテルを複数利用した経験があり、どのホテルからも素晴らしいサービスを受けていただけに余計ショックでした。

poyaさんの今回のmoxy錦糸町の記事を拝見し、改めて強く実感した次第で、マイラーの皆様にも注意喚起したいと思い、かなりの長文になりましたが、コメントさせていただきました。
他のマリオットブランドは、このようなことは無いと信じたいのですが、ゴールドデスクの対応を考えると今後の利用はちょっと考えたくなってしまう感じです。

返信する
poya

まったり屋 さま
忌憚のないコメントありがとうございました。
実は、moxy大阪本町も利用する予定なので、気をつけようと思います。
オープニング間もない状況でサービスの変化等いろいろと試行錯誤している様子で、いずれ落ち着くものと信じたいところですが、確かにゴールドデスクの対応は若干”塩”気味かもしれませんね。

返信する

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください