【往復でたったの8万円】シンガポール航空ビジネスクラスが期間限定で激安!B787-10福岡就航記念セール開始

シンガポール航空が福岡便に最新機材787-10を導入

こんにちは!不労所得でマイル旅してるpoya(@poyatrip)です。

シンガポール航空は、日本路線で順次新型機材「ボーイング787-10」を導入していますが、とうとう福岡路線にも導入、2018年12月9日から就航することとなっています。

大々的にはプレスリリースしていないようですが、密かに福岡発路線で787-10新規就航キャンペーンを行っていて特にビジネスクラスが安く出ているので、お伝えします。

シンガポール航空ビジネスクラスセール概要

販売期限2018年12月21日
旅行開始日B787-10就航日~2018年3月31日
旅行完了期限2018年04月30日
運賃往復83,530円~
対象路線福岡~シンガポール往復
福岡~シンガポール経由東南アジア往復

12月21日発券分まで有効と、長丁場でゆったりとしたキャンペーンとなってて、
B787-10就航日とは、冒頭記載の12月9日となります。

対象路線は、表記載の通りですが、全路線が対象となるわけではありません。
キャンペーン対象となる/ならない路線と運賃総額(諸税等コミコミ価格)を表にまとめました。(当サイト調べ)

福岡発往復運賃
シンガポール83,530円
セブ約105,000円
ペナン
クアラルンプール
コタキナバル
デンパサール(バリ)
プーケット
バンコク
シェムリアップ
ヤンゴン
プノンペン
ホーチミン
ハノイ
ジャカルタ設定なし
マニラ
バンダルスリブガワン
スラバヤ
マレ
デリー

東南アジア路線の多くが対象となっていますが、一部対象外の路線もあるようです。ご注意ください。ダメ元で南アジア路線をしらべたら、やっぱりダメでした(笑)。

なお、福岡を起点とした往復のみがセール対象で、片道発券又はシンガポール発着(いわゆる海外発券)の場合は対象外のようです。

フライトスケジュールイメージ

往路福岡発9:45
シンガポール着15:30
最終目的地夕方~夜 又は翌日
復路最終目的地昼~夕方
シンガポール発翌1:20
福岡着翌8:20

このような感じで、往路は当日又は翌日に現地到着、復路は現地を出た翌朝福岡に到着します。 (当日中に着かない都市も結構あるようなので、確認してください)
シンガポール単純往復の場合は、深夜発なので時間つぶしが大変かもしれません。

スポンサーリンク

キャンペーン運賃諸条件

利用可能フライト福岡~シンガポールは、往路SQ656復路SQ655のみ
シンガポール以遠は、シンガポール航空又はシルクエアー運航便
キャンセル払戻不可
予約変更手数料20,000円で可
滞在期間2日~1ヶ月
途中降機シンガポールで無料可
予約クラスD(ビジネスLITE)
手荷物40kg
事前座席指定
マイル積算125%
乳幼児運賃大人運賃の10%(座席を利用しない場合)
大人運賃の75%(座席を利用する場合)

こちらは結構厳しく、特に「キャンセル・払戻不可」という条件のため、一旦予約したからには必ず旅行しなければなりません。
日程の変更は可能ですが、手数料20,000円がかかります。

キャンペーン期間も旅行期間も比較的ゆったりしているので、「これでもう日程確定!」というタイミングで予約することですね。
ただ、シンガポール往復ビジネスクラス、しかも新型機材としてはあまりにも激安なので、早々に割り当て座席が満席になる可能性もあり、タイミングがとても難しく旅行者泣かせともいえましょう。

あと、年末年始期間は別途追加料金がかかります。
往路:12/29~12/31 +15,000円
復路:12/31~1/6  +15,000円
そもそも空席も期待できないのですが、年末年始なら追加料金を払っても安いと思うので、年末年始の渡航予定があって、予定日にもし空いてたら速攻で予約すべきと思います。

貯まるマイル・PP(プレミアムポイント)

フライトマイルの125%が積算されるシンガポール航空やANA、エーゲ航空などで貯めた場合の積算マイルを行先別にまとめました。全て福岡発着シンガポール経由で距離計算しています。

行先積算マイルPPPP単価
シンガポール7,0247,82410.7
セブ10,78812,3888.5
ペナン7,9589,55811.0
クアラルンプール7,4849,08411.6
コタキナバル9,25010,8509.7
デンパサール(バリ)9,62811,2289.4
プーケット8,54210,14210.4
バンコク9,22410,8249.7
シェムリアップ9,10810,7089.8
ヤンゴン10,02211,6229.0
プノンペン8,79010,39010.1
ホーチミン8,72210,32210.2
ハノイ10,44012,0408.7

https://www.singaporeair.com/ja_JP/ppsclub-krisflyer/miles/mileage-calculator/?calculator=earnMiles

また、ANAのマイレージ修行(SFC修行)で利用する方がいらっしゃるかもしれないので、獲得できるPP(プレミアムポイント)とPP単価の目安も追記しています。
なお、シンガポール以外のPP単価は運賃を一律105,000円として計算しているため、実際とは異なります。ただし、運賃総額の差は行先空港でかかる空港税・使用料等の差なので、大きくは変わらないと思います。

この表を見た感想としては、

  • シンガポールまでのビジネスクラスが実質6万円台とは激安!
  •  福岡発のSFC修行路線として使い勝手がよさそう!

実質運賃は6万円台

シンガポール往復で貯まるマイルは7,024なので、1マイル=2円とした場合、実質運賃は 83,530-14,048=69,482円と、7万円を切る計算です。

実際、7,000マイルあればそれだけでANAの国内線特典航空券にできるので、「(使い道がなく)死んだマイル」ではなく、 「生きたマイル」として活用できますね。

福岡発のSFC修行路線としての使い勝手

スポンサーリンク

福岡空港はJAL JGC回数修行の聖地として知られる一方、国内・国際とも運賃が割高で回数修行制度を持たない ANA SFC修行を行うには効率が良くない空港としても知られています。
かつて、国内主要空港からいかに費用をかけずにANAのプラチナステータスに到達するかを提案したことがありましたが、 福岡空港だけは「費用をかけず」のハードルが高く、断念した経緯があります。
シンガポール航空ビジネスクラスとてPP単価10前後と激安とまではいかないのですが、深夜便で時間を有効に活用出来たり、 海外発券の前後に挟めるなど、単価以外での使い勝手がよさそうに思いました。
ただし、最短2日~最長1ヶ月という滞在期間の壁があるので、タッチしたりとか、長丁場で修行をしていくと言ったことができないことに注意が必要です。

おススメ路線は、観光にも良く無難なバリかバンコクあたり。往路でシンガポール1泊しても構わないということなら、距離が長いセブかハノイがお勧めですね。
搭乗ボーナス(400PP/レグ)もいただけるので、シンガポール以遠へ修行したほうが良いでしょう。

B787-10機材の特長

現在使用している機材「A330-300」とは雲泥の差で、特にビジネスクラスのシートが「フルフラットベッドになる」と言うのが大きいです。イメージはシンガポール航空787-10特設サイトから拝借。

「A330-300」もそれなりにリクライニングするのですが、少し斜めになる感じで、完全に180度のフラットにはならないのですね。


▲A330-300機材のビジネスクラス座席

2018年7月に「A330-300」機材の福岡-シンガポールビジネスクラスを利用したのですが、787-10機材の導入があと半年早かったら…と地団駄を踏んでいるところです。

シンガポール航空ビジネスクラス搭乗記(福岡-シンガポール)

シンガポール航空ビジネスクラス搭乗記(シンガポール-福岡)

まとめ

最近はもっぱらマイル(特典航空券)でビジネスクラスを利用していますが、今回ばかりは有償でも…と久々に食指が動くセール案件の紹介でした。ビジネスクラスが安いのは、「新規就航の機会に、ぜひ自慢の787-10のフルフラットシートを試してほしい」と言うシンガポール航空のメッセージかもしれません。

ANAマイルだとビジネスクラス特典航空券へ交換するのに63000マイルほど必要だったかと思いますが、マイル単価を考えると現金でこのセールを利用した方が絶対お得ですよね。特にシンガポール単純往復の場合は、63000マイルと83000円+7000マイルを天秤に掛けることとなるので、ポイントサイトで貯めたポイントがあれば、マイルでなく現金に交換した上でセール運賃で購入した方が良いです。

私自身も、シンガポール以遠のどこかへ行こうと画策中。セール中の目的地で唯一行ったことがないデンパサール(バリ)が第一候補です。

ただ、キャンセル不可&変更手数料高いと言うのは社畜にとってはハードルが高く、二の足を踏んでいるところ。昔は積極的にキャンセル不可の激安運賃エコノミーを狙って行ったはずなのに、キャンセル料が安く(ANAは3000マイル)融通が利く特典航空券に慣れてしまったものだから、知らず知らずのうちに臆病になってしまったようです。

参考記事

ビジネスクラスで安く行けても、宿泊費が高いのが悩みのタネ。そんな悩みを解決するのに、SPGアメックスカードの「無料宿泊」制度を利用してみてはいかがでしょうか。

我が家は、この制度を利用して以下マリオット系列の五つ星高級ホテルに3泊無料宿泊しました。

【子連れ宿泊記】シンガポール マリオット ホテルのラウンジ・朝食やSPG等プラチナ・ゴールド特典の違いなど
JWマリオットシンガポールサウスビーチ添い寝宿泊記 エグゼクティブラウンジ・朝食・プールやSPG等プラチナ・ゴールド特典の違いなど
【シンガポールのホテル】JWとマリオットを徹底比較 どっちがおすすめ?

無料宿泊の仕組みを解説

 

 

ブログランキングに参加しています。皆様の一票が執筆の原動力になりますので、よろしければクリックをお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

にほんブログ村

ありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください